テーマ:欧州チャンピオンズリーグ

欧州CL決勝戦「バイエルン対チェルシー」感想文  エンディングがありました

ーー勝っちゃいましたよ。 doroguba:ですね。勝っちゃいましたね。いや、信じられない。というか、なんなんでしょう、この胃がキリキリするような展開での勝利のオンパレードは(笑)。改めてチェルシーを応援するには神経が図太くないとだめだなと思いました。ドログバのPKで思わず泣いちゃいましたが、だめだな、そんな柔な神経じゃ(笑)。 ー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL準決勝「バルセロナ対チェルシー」改めて感想文 対「高い位置からのプレス」戦術

■欧州CL準決勝・対バルセロナ戦を再度、振り返るバルサが最近勝てるようになったのは、ボール奪還能力が向上したことと大きな関係がある。かつては相手ボールになると、そのプレイをつまらなそうに見送ったものだが、ここ数年は、その点がすっかり解消された。相手ボール時も、マイボール時と同じくらい強いチームに見えるようになった。だが、それでも2連覇は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL準決勝 第2戦「バルセロナ対チェルシー」感想文 大丈夫、マイフレンド

正直、2度負けを覚悟した。 1度目はテリーの退場時。2度目は2失点目をしたとき。 テレビを消そうとしたが、思いとどまった。 非常に辛かったが、最後まで見届けるべきだと思ったからだ。 俺たちのチェルシーの最後の勇姿を、見届けるべきであると。 その時点でチェルシーが勝つとは1%も思ってなかった。 攻撃の術もないと感じてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL準決勝 第1試合「チェルシー対バルセロナ」感想文 

あの時も、確か雨だった。 いや、ピッチに水を撒いただけだったかもしれない。 シャビがピッチですべってゴールコントロールを誤り、ランパードがボール奪取。 右サイドのジョーコールを経てグジョンセンがゴール。 今から何年前のことだろう。そうモウリーニョ・チェルシー1年目のスタンフォードブリッジでの対戦の話 あのバルセロナとの試合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「チェルシー対ベンフィカ」感想文   テリー次第になった理由?

スカパー解説の粕谷氏の締めの言葉通り、いまのチェルシーはテリー次第なチームとなっているわけですが、 思い起こせばこの1月にブラジル代表のCBアレックスを放出しているわけでして。結果としてそれが守備力の低下に繋がっている感じがするのは、自業自得というか、こっけいといか、前監督の負の遺産というか。要はそういうことなんですよ。まぁボアス前監…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「チェルシー対ナポリ」第2戦 改めて感想文

なんだ、シティ戦は今週末じゃなくFA杯だったんですね。すみません、勘違いしてました。■改めて「チェルシーらしさ」についてというわけで、改めてCLナポリ戦について振り返ろうかと思っているのですが、まず、まぁよく4点も取れたなというのが率直な感想。ぶっちゃけ別にいい攻撃をしていたわけでもないんですよね。ゴールシーンだけを見直しても、1点目は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「チェルシー対ナポリ」戦 感想文 点と点が何らかのかたちでつながると信じて

もう一度言います。未来に先回りして点と点をつなげることはできない。君たちにできるのは過去を振り返ってつなげることだけなんだ。だから点と点がいつか何らかのかたちでつながると信じなければならない。自分の根性、運命、人生、カルマ、何でもいいから、とにかく信じるのです。歩む道のどこかで点と点がつながると信じれば、自信を持って思うままに生きること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CLナポリ戦レビューみたいな

■ナポリ戦レビューナポリは、ホームでのファーストレグをラベッシの2得点などで3-1と制している。有利な状況で迎える一戦に、ラベッシは自信をのぞかせた。「僕たちは、可能な限りベストな方法でこの一戦にたどり着いた。チームは5連勝の末、高いモラルを備えている」 http://news.livedoor.com/article/detail/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「ナポリ対チェルシー」第1試合 感想文  今のボアスに何人が共感している?

■理由試合後の会見でビラス=ボアス監督は、「ハードワークができるMFを2人、ディフェンスの前に置くことを望んだ。ランプスにそれはできないと言うわけではない。彼にもできる。しかしそれが我々の決定だった。テクニカルな決定だよ」と説明している。 「フランクとアシュリーとは話をした。彼らのような経験を持つ選手は、チームを助けられると感じていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CL「チェルシー対バレンシア」感想文   スタイル評議会

モウリーニョがチェルシー1年目のCLバルセロナ戦で披露した「ローラインゾーンディフェンス」を彷彿させる戦いぶりでしたが、ボアス監督が、こういう似たような戦い方ができるというのがわかり嬉しい限りです。って、モウリーニョの下でやっていたから当たり前? できないわけがない? いやいや、そうなんですけどね。シャビあたりがこの試合をみたら「アンチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「レバークーゼン対チェルシー」  伝書鳩は重要でした

モウリーニョがチェルシー1年目の冬に補強した選手って、ヤロシクでしたっけ? 何故にヤロシクを捕ったんだろう? ヒディンクがチェルシー就任直後に起用した選手は、若手のマンシエンでした。 何故にマンシエンを使ったんだろ? 守備だよね。守備。そしてポリバレントな選手だったことも、その理由? そういう選手って、必要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「ゲンク対チェルシー」超雑感 まぁ悪くはないけど…

■テリーの出来がイマイチなので、チームメイトのミスを誘発?年を取れば体力的に衰えるのは自然の摂理であるが、ディフェンダーの場合は経験値がモノを言うので、身体の衰えをカバーするのは十分可能だ。たとえスピードで勝てなくとも、相手の裏をかこうとするFWの動きを的確に読み、それを阻止すればDFとしての役割をきっちり果たせるからである。それをベテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「バレンシア対チェルシー」超雑感  ランパードからの脱却

遅くなったけど、CLバレンシア戦について。 ドローという結果はまずまずだけど、やっぱ最後の失点は余計でしたね。 ハンドしたカルーを責める気はないけど、彼を交代で出したボアスの策は正直、失敗だったと思う。ローテーションとか、カルーのモチベーションUPの必要な交代であったのはわかるんですが、この試合の勝利を考えるなら もっと守…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「チェルシー対レバークーゼン」  ゲームメイクとは?

忙しくて更新サボってましたが、とりあえずCLレバークーゼン戦を中心に思ったことを。 ・チームになってきた感があるのはうれしいなぁ。そう、パス回しに明確な意図が感じられるようになってきたのは評価。サイドで連動感ができきたのが大きいなぁ。マタのお陰かな。ゲームメイクできるのがいいんだよな。 ・ここでいうゲームメイクとは、オフザボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「レアルマドリード対バルセロナ」超雑感   いまこそルール改正すべきときが来た

■退場って必要?あくまで個人的な見解ですが、最近、私はサッカーというスポーツに退場というルールは不必要だと感じてます。正確には数的不利な状況となるルールに反対といいますか。危険なプレイは確かによくないと思うし、審判を侮辱する行為も同様によくないと思うけど、退場させて尚且つ人数を減らすペナルティまで課す必要はない気がするんですよ。何故なら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「マンチェスターユナイテッド対チェルシー」超雑感  まるでつならない映画のように(少し変更)

■まるでつならない映画みたいつまらない映画を見ている感覚に近いのかな。出ている俳優は好きなんだけど、ストーリーや演出がつまならない映画ってあるでしょ。それ、それ。つまりは監督がダメなつまらない映画ってことなんだけど(笑)、ここ半年のチェルシーの試合はズバリそんな感じ。実は昨年からそう感じていたんだけど、まぁ昨年は優勝したし、面白かった試…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「バイエルンミュンヘン対インテル第二試合」超雑感  ジーコorドゥンガ?

遅ればせながら、録画しておいた欧州CL「バイエルン対インテル」を観戦したので、その雑感を。試合は3-2でインテルが勝つのですが、勝因は何だったのか? いろいろ考え方はあるのでしょうが、「縦のポジションチェンジ推奨委員会」の私的な見解としては、インテルが攻撃時に「ポジションチェンジ」をうまく使ったところがポイントだったように感じました。後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL準決勝・組み合わせ決定 &日本代表チャリティーマッチについて

欧州チャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせが決まりました。準々決勝(第1戦4月5、6日、第2戦4月12日、13日) (1)レアル・マドリー(スペイン)VS.トッテナム(イングランド) (2)チェルシー(イングランド)VS.マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) (3)バルセロナ(スペイン)VS.シャフタル・ドネツク(ウクラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「チェルシー対コペンハーゲン」戦を前に 電気の無駄遣いでも。

チェルシーの試合は見てましたが、忙しくて更新サボってました。思った以上に更新できず、そのままフェイドアウトするという選択肢もありかなと思っていたんですが、何か書くのは嫌いではないんで。気が向いたら暇つぶしに更新するというスタンスで、このブログを続けさせていただくことにしました。すみません。ってだれに謝っているんだろう、私は。ちなみに、ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェルシーFA杯終了と、CL「ミラン対スパーズ」超雑感

■チェルシーFA杯敗退FA杯エバートンに負けたみたいですね。まぁ十分に想定できたことなんでガッカリもしてないんですが、相変わらずの「勝負弱さ」は笑えるなぁ(笑)。これじゃチャンピオンズリーグ制覇も期待できなそう。仮に今後、チャンピオンズリーグも負けて今期無冠に終わり、リーグリーグ戦も4位以内に入れなかったとしたら、アンチェロッティ氏の去…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェルシー対ユナイテッドプレビュー、CL組み合わせ決定など

■CL組み合わせヴェンゲル監督の予想通り、アーセナルはバルセロナとの対戦。また、ディフェンディングチャンピオンのインテルは、昨季決勝戦の相手バイエルン・ミュンヘンと対戦する。組み合わせは以下の通り。 ローマ対シャフタール・ドネツク ミラン対トッテナム バレンシア対シャルケ04 インテル対バイエルン・ミュンヘン リヨン対レアル・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欧州CL消化試合「マルセイユ対チェルシー」雑感  チェルシー不調の理由と「BOX-TO-BOX」

■「BOX-TO-BOX」試合中スカパー解説の人が、「BOX-TO-BOX」という言葉を発していましたが、今のチェルシーの不調の原因の80%はこの言葉にあるのかもしれません。「BOX-TO-BOX」についての詳細は以下を参考に(って、引用元の言葉の解釈が違っていたらすみません)。「上がり目も下がり目もなく、攻撃的でも守備的でもなく、全部…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ルーニーの声明とLOVE GUNの関係  そしてスパーズの出来。

■大きな理由?ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が火曜日についに、ルーニーが契約更新を拒否し、移籍を望んでいることを認めている。監督はその理由をわからないとしたが、ルーニー自ら移籍の理由を示唆するような声明を出し、金銭のためという噂を否定し、クラブが新戦力の獲得に消極的なことを大きな理由とした。 http://news.liv…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州チェンピオンズリーグ「スパルタクモスクワ対チェルシー」超雑感  中盤の積極性

さて人工芝と聞いて思い出すことは何でしょう? 私は何となく痛いイメージがあるんです。劣悪な人工芝だと、スライディングしてヤケドするとかいう話を聞いたことがあるもんで。もちろん、ひとくちに人工芝といってもいろいろあるんでしょうし、昨日のモスクワのスタジアムのピッチがそういうトンデモな芝であったとは思えないんですが、それでも何となく「恐い&…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欧州CL「チェルシー対マルセイユ」超雑感 & 日本サッカー名蹴会

■チェルシー戦 雑感「今日はチェルシーとマルセイユが近づくことすらなかった。ただそれでも、我々は後半に変更を試みたよ。もっと多くの失点を許していてもおかしくなかったんだ」 「我々はジリナを相手に6ポイントを獲得し、グループリーグを突破できるように願わなければいけない」 「0-2とされてからは本当に難しかった。怒ってはいないし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

欧州チャンピオンズリーグ「ジリナ対チェルシー」超雑感  シニカルとはうまい言葉だ!

■シニカル「チェルシーが世界最高峰のチームであることを思い出す必要がある。彼らはこの試合で、良いプレーをしていた。とてもスピーディーに動き、シニカルなプレーだったよ」 「チームの間には、確かな差があった。大きな違いを見ただろう。相手のクオリティーの高さは、みんなが見たはずだ。我々にとっては、サッカーのレッスンだった」 http://…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欧州CL決勝「インテル対バイエルン」超雑感  ドイツのチームでもオランダ的になるんだなぁ

■ドイツのチームでもオランダ的になるんだなぁ「今日のうちは攻撃陣がいつもと違って“グッド・シェープ”じゃなかった。それでもこのゴールが決まっていれば1-1となっており、試合の流れは違ったものになっていたはずだ」、「このサッカーがわたしの選択。そしてバイエルンの役員が決めた選択だ。われわれはアトラクティブなフットボールをし、観客のためにフ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

欧州CL決勝戦に寄せて

「ファンタスティックな人だよ。私に対しても非常に誠実だった。我々は3年間一緒に働いたが、私に言えるのは良いことばかりだ。今の関係? 彼には彼の、私には私の人生がある。たまにメールしたり電話したりするかな。今の彼がどんな指揮をするか、知っているとは言えない。あれから長い道のりがあったし、今は違う監督になっているだろうからね。彼も私のことを…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

欧州CL「バルセロナ対インテル」第二戦超雑感   ユベントスは正しかった

サッカーが場合によっては八百長がありなスポーツであるということはなんとなく十年前から気がついてはいたけど、この試合を見てそれを忘れていたことに気がつきました。 つまり「サッカーで八百長しやがってけしからん」というスタンスでなく、逆に「サッカーは時に八百長が必要悪なスポーツである」ということを大前提にして、サッカーを語るべきなんで…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

欧州チャンピオンズリーグ準決勝「バイエルン対リヨン」超雑感  アンチフットボールとは何か?

さて、問題はリベリーとトゥラランの退場であり、これをどう考えるかが、この試合のポイント。 確かに2人とも危険なプレイだったのかもしれないけど、私は退場させるほどのものには思えませんでした。 何故なら、2人の退場はハードで厳しい守備を行ったが故の、紙一重なミスから生まれたものだったように思えたから。 個人的には、そういう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more