テーマ:Jリーグ

Jリーグで気になってた大分、名古屋の出来の悪かった試合を見ながら、エリカ・バドゥを聞いてみよう!

彼らのスタイルは音楽ジャンルの流れとは別に、黒人音楽の一側面として重要視されるべきだけれど、彼らと今スピリチュアルとされている人たちとの間には多分断絶があって、前者が公民権運動やアフリカ回帰運動、またはゲットーの現実などと密に結び付いていたのに対し、後者はそのような同時代的な横のつながりはほぼ無く、むしろあるのは縦のつながりだ(と思う)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jリーグ「千葉対新潟」超雑感 CB2枚とボランチ2枚の重要性とポゼッションサッカー

■新潟について①両CBの千代反田と永田が集中を切らすことなく、相手のロングボールを確実にたたき落としたのが大きかったです。また、ボランチの本間・千葉のフォローと詰め方も的確。特に本間は奪った後のファーストパスをミスすることなく落ち着いて捌いていました。あれがあるとないとではまるで違います。http://higoryoken.blog89…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

Jリーグ「ガンバ大阪対FC東京」「川崎対磐田」感想と、アンリ移籍について

■ガンバ対東京と川崎対磐田の2試合をTVで観戦ちょっと時間ができたこともあり、ひさびさにJリーグの試合を観戦。ガンバ対東京と川崎対磐田の2試合をTVで観戦したんですが、なんでその2試合を見たかと言えば単純にスカパーで見ることができたから。今、Jリーグで特に応援しているチームがないんで、「チェルシーファンという第三書(?)の視点」で観戦し…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

横浜FCはJ1でどう戦うべきか? 開幕戦の戦い方&試合後の選手コメントを読んで、なんとなく

変に大事にしようって気持ちがあったのか? それとも疲労からのキックミスだったのか? 後半40分に永井に決勝ゴールを決められてしまったんですが、その直前の横浜FCの選手のクリアミスがやっぱポイントだと思いました。あのシーンで第1に優先すべきは、とにかく大きくクリアすることだったと思うんですが、それができなかったことをミスとして自覚している…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Jリーグの某審判に対して思うこと  「鹿島対名古屋」戦雑感&オシム日本代表について

久々に見たJリーグ「鹿島対名古屋」の雑感も書きそびれたというか今さら書いてもなぁという感じですが一応簡単に。■審判だって選手同様に、ただ走ってフエ吹くんじゃなくて、ちゃんと考えて走るべきやはり審判がなぁ…。なんであれが退場で、あれがPKなんだろうなぁと個人的には思ってしまうんですが、まぁ結局は審判のサッカーの試合に対する「考え方」という…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

J1第14節「川崎F vs 浦和戦」雑感  攻撃時のトライアングルと、人に対応した守備組織

■「川崎F vs 浦和」戦を観戦! 浦和視点で気がついたことをいくつかJ1第14節 川崎F vs 浦和戦を録画で見ました。浦和の試合を見たのは久々だったのですが、この試合で思ったことを浦和視点でいくつか書いてみたいと思います。まず浦和のスタメン&フォーメーションですが、この試合は「3-6-1」という布陣。FWに田中達也、2列目に小野、山…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Jリーグ第12節「横浜Fマリノス対ジェフ千葉」雑感  エゴイズムと中堅クラブという意識

「いちばん背の高い選手を誰もマークしていなかった。ヘディングも大したことないのに、GKは弾いた。点を決めた選手に対しても、ウチの選手は誰も行っていなかった。あらゆるミスが最後で重なった」というオシム監督。だが、「横浜FMのホームで勝点3が取れなかったとはいえ、千葉はガッカリするようなチームですか?」と、連戦による身体的・精神的疲労にもか…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

J2横浜FC高木琢也監督についての妄想と、totoについての一考察!

■J2で横浜FCが健闘中! 新人監督・高木琢也についてちょいと!J2第10節(18日、三ッ沢球技場ほか)横浜FCは元日本代表FW城彰二(30)の2得点で神戸に2-1で競り勝ち、仙台に敗れた東京Vと勝ち点18で並んだが得失点差で2位に浮上した。首位の柏は山形に1-3で敗れて3連敗を喫したため、柏と横浜FCの勝ち点差は1。ともに古巣となる神…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

Jリーグいろいろ! 新潟の反町監督退任&セレッソの躍進&ヴェルディ降格etc がんばれ星見さん

■PART①:新潟の反町監督が退任! 兎にも角にも5年間お疲れ様でした新潟は28日、新潟県内のクラブハウスで会見し、反町康治監督(41)の今季限りの退任を発表した。J2時代3年を含め、同チーム5年間指揮を執った同監督は「今、視野が狭くなったのは事実。来年はW杯もあるし、見に行きたいとは思うけれど、それ以外は白紙です」と話した。新潟は、後…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ナビスコカップ「ジェフ千葉VSガンバ大阪」戦雑感  延長戦からしかみてませんがジェフおめでとう!

■PKはあまり考えないですぐに蹴るのが吉! たぶん、きっと、そのはずPKは運なんでしょうけど、一番手のキッカーであったガンバの遠藤はボールを蹴るまで時間をかけすぎたのが失敗につながった気がします。変な心理戦に持ち込むと、PKってけっこう失敗するものなんでよね。サッとボールのところへ行って、サッと蹴ってしまえば入るものなんですPKは。なー…
トラックバック:7
コメント:5

続きを読むread more

Jリーグ第17節「新潟 vs 名古屋」雑感  新潟のサッカーはチェルシーと同じか!?

Jリーグ新潟のサッカーを観戦。反町監督がシーズンオフにチェルシーの練習を見学に行って、モウリーニョ監督にいろいろ教わったみたいなことを言っていたので気になっていたのですが、やっと見ることができました(って、1試合だけ適当に見たところで何がわかると言われそうですが)。対戦相手は名古屋。そういえばジュビロの藤田が移籍してたんですね。FWは元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦和レッズ・エメルソンのカタール移籍は「異例」!?  Jリーグのシーズン途中の移籍について

浦和FWエメルソン(23)の、カタールリーグのアルサードへの移籍が11日、決まった。同日、クラブ側が発表したもの。移籍金800万ドル(約8億8000万円)は、Jクラブから海外クラブへの移籍金としては史上最高額となった。異例ともいえるシーズン途中の電撃移籍は、度重なる無断来日延期などで浦和側が見切る形で成立した。浦和の戦力ダウンは否めない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セリエA日本人対決。そしてJリーグ「1シーズン制」の開幕。

 個人的にはそれほど注目してませんけど、今週末のセリエAでレジーナVSフィオレンティーナの日本人対決があります。  日本人対決うんぬんはさておき、この2チームの今現在の成績を見てみると、中村俊輔の活躍で先週キエーボに勝利したレジーナは、なんと今のところ勝ち点35の第8位と大健闘。対する中田英寿がなかなか試合に出れないフィオレンティーナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more