テーマ:コンフェデ

コンフェデ2013決勝戦 感想文

あれ? 先制ゴールのあと、ブラジル人選手が観客席へ入って喜びのパフォーマンスしてたけど、 ああいうのイエローカードではなかったっけ? そこが、非常に気になった。というか、そこだけが気になった。 大会前にも書いたけど、南米での大会なので南米のチームが有利であるというのは言うまでもないところだ。その昔、前身のトヨタカップが開催された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンフェデ「スペイン対イタリア」感想文  魚は水がなくなると死ぬが、人は礼儀がなくなると死ぬ

「魚は水がなくなると死ぬが、人は礼儀がなくなると死ぬ」んだそうです。 その理由は、以下。 成功するにつれて、腰を低くして生活しなければ、ある日突然財産を没収されることがありました。 迫害されて、自分の国を失った歴史を持つユダヤ人だからこそ、この言葉が生まれたのでしょう。 礼儀があってこそ、人間です。 礼儀を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンフェデサッカー日本代表総括 ソリンを偉大な選手にしたのはペケルマンの手腕

まずは、サイドチェンジ禁止だった話から。 ■サイドチェンジよりも片方のサイドに人数をかけろ長谷部 自分たちはこれまで、片方のサイドで崩しきることをやってきた。ただイタリア戦はサイドチェンジを何回もして厚みが出た。サイドチェンジの話はいろいろしてきたけど、アジアでは片方で攻めきれるが、世界トップには攻めきれない。ブラジル戦前から、サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンフェデレーション2013 サッカー日本代表論  あなたは神を信じますか?

「あなたは神を信じますか?」とは、SF映画「コンタクト」のセリフ。「そんなもん信じてないよ。だって無神論者なんだもん」と答えてしまったジョディフォスター扮する宇宙科学者は、へんてこな”宇宙へのコンタクトマシン”のパイロット選挙で落とされてしまう。落選の理由は「世界の9割が宗教信じているというのに、神を信じてないやつが地球の代表になっちゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンフェデ2013「サッカー日本代表対メキシコ代表」感想文  あくまで本田と香川か、それとも他の誰か

メキシコ代表の守備がよかったこともあるんだろうけど、日本代表が中盤でうまくボールが持てなかったり、 イタリア戦のようにサイドで起点を作れないときに、どう戦うのかってことが問われた試合だったようにも見えました。今日は(香川)真司と(本田)圭佑にマークがついていたから、だったら圭佑にワンタッチではたかせて、他の選手がもっとやらなきゃいけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンフェデ2013年「日本代表対イタリア代表」感想文  香川の躍動とマリーシア

■立ち上がりブラジル戦と比べて、前半の守備の入り方がすばらしかったように見えた。前からのプレッシングはハードで連動していたし、ボールホルダーとの間合いの取り方や、ファウルも辞さない守備もできていた。確か、この試合の一番最世のファウルはバロテッリへの日本守備陣のファウルだったはず。ブラジル戦でやられてしまった開始早々「立ち上がりの10分」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンフェデ「対イタリア代表」プチプレビュー

イタリア代表のプランデッリ監督と聞いて思い出すのは、パルマ時代の中田英寿との確執? それとも、あの「ゾーンプレス」のアリゴサッキの弟子であるということ? 両方ともポイントであると思うが、とりあえず対戦相手として考えておきたいのは後者だろう。 そう。アリゴサッキの弟子であるということだ。まぁイタリアにはサッキの弟子なんて、うじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンフェデ決勝「ブラジル対アメリカ」雑感   偽装か、それとも革命か?

 前半に鋭いクロスからのボレーと、揺さぶりのパスを交えた速攻で2点を先行された。ハーフタイムに、同監督は「位置取りを再確認しよう。早めに点を返してペースを取り戻そう」と声を掛けた。後半は修正し、猛反撃を展開した。http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20090629018.ht…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コンフェデ「スペイン対南アフリカ」超雑感マケレレ・システム発案者だけど

前にも書いたけど、中田英寿とかが一時期主張してた「3バックは守備時に一方のサイドのウイングバックが中に絞り4人になるから、4バックとたいして変わらない」という考えはナンセンスだと思っている。 「最初から4人いる」のと、「最初は3人だけど1人加わって4人になる」では、やっぱ違うと思うのだ。 同様のことを、よくある「4バック…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コンフェデ・スペイン敗退について ほか

■スペイン代表「われわれは100パーセントの力を出した。勝てなかったのは、われわれにそれができなかったからに過ぎない。勝つためにすべてのことはやった。試合も支配することができた。ただ、フィニッシュが決め切れなかった。責任は全員にある」http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=2009062…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コンフェデ「イタリア対ブラジル」超雑感 本物のイタリアではなかった?

■本物のイタリアではなかった?「若手を起用しろって? 若い選手を一度に7、8人も投げ入れることはできない。チームをゆっくり変えていくためには、徐々に慣れさせる必要があるんだ。今日のピッチに立っていた選手は、私が選んだ最高のチームだ」 「悔やむことがあるとすれば、こんなイメージのイタリアを見てもらいたくはなかった。我々のパフォーマンスは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コンフェデ杯「スペイン代表対イラク代表」 ボラ・ミルティノビッチはオシム的?

■フラット5って、金利の話じゃないよ!イラク代表の守備がすばらしかった。最終ラインに5人(フラットファイブ?)、中盤に4人という感じの、変則的(?)2ラインのゾーンディフェンスを、ペナルティエリアからちょい上に構築。そして、その2ラインのゾーンを基本に、さらにフェルナンドトーレスとビジャの2トップには、ある程度「マンマーク」的にきっちり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンフェデ「イタリア対アメリカ」、W杯予選「対オーストラリア」戦後岡ちゃんコメントについて雑感

■コンフェデ「イタリア対アメリカ」後半12分の交代出場からわずか1分、中盤でボールを奪うとドリブルから左足で豪快な同点弾を決めた。前半は米国の厳しいチェックと運動量に押されていたが、2列目に入ったロッシが切れのある動きとドリブルでリズムを変えて2得点。名将リッピ監督は「彼が爆発力を与えてくれた。最初のゴールでチームを精神的に落ち着かせて…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

コンフェデ「ブラジル対エジプト」超雑感マリーシアとは?

いきなりなんですけど、ドゥンガって、ブラジル・サッカー界ではやっぱ異端なんですかね? だって選手としても監督としても、なんかブラジルっぽくないだもん。 まぁ異端とまで言うのは失礼かな。ではブラジルの正統派ではない、という表現にしとこうかしら。 ブラジル正統派って何だって? ほらジーコとかロナウジーニョとかレオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジーコ日本代表のコンフェデ総括&W杯目標  「ブラジル風味サッカー」で残留できるのか?

コンフェデ杯の日本代表の総括です。結果は1勝1敗1分でグループリーグ敗退。ベスト4を目標にしていたジーコのミッションは失敗に終わりました。なので結果的には「残念な結果」だと思う次第です。ですが一方でギリシャに勝ち、ブラジルに引き分けたのは選手にとって自信になったと思いますし、「自分たちのスタイル」がある程度、世界で通用すると認識できたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンフェデ決勝「ブラジルVSアルゼンチン」戦雑感  アルゼンチンの側からみた大敗の理由!?

ブラジルは確かによかったですが、アルゼンチン大敗の理由ってのもあるわけで!? ペケルマン監督は「望んだのとは全く正反対の結果。逆にブラジルにはすべてがうまくいった」と努めて表情を変えずに語った。ゴール前で決定的な仕事をしたブラジルとは対照的に、攻撃陣が不発。同監督も「最後の数メートルでのプレーに差があった」と認めざるを得なかった。今大会…
トラックバック:4
コメント:3

続きを読むread more

コンフェデ杯「メキシコVSアルゼンチン」雑感  やはりソリンとペケルマン

メキシコはいいチームだと思いましたし強かったですが、やはりアルゼンチンは強かった。 コンフェデ準決勝「メキシコVSアルゼンチン」は0-0まま勝負がつかず、延長に突入。延長前半終了間際にアルゼンチンのCKでのリケルメのミスから、メキシコがカウンター。DFのサルジドがドリブルでサネッティ&エインセを交わし、最後はゴール前でシュート性の…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

中田英のセントラルミッドフィールダー。中盤の底というポジションに得点力を求めない?

中田英アーセナル移籍の噂は飛ばし記事? 22日付のドイツ紙ビルトが、日本代表MF中田英寿(28)のアーセナル移籍の可能性を報じた。同紙は「中田がアーセナルに行くという話がある。ベンゲル監督が高く評価している」と報道した上で「コンフェデレーションズ杯は自分を宣伝する舞台。いい結果と点を取って新しいクラブにアピールしたい。ヨーロッパのトップ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コンフェデ杯「日本代表VSブラジル代表」雑感   バイタルエリアの守備とボランチの人数の関係

引き分けで終え健闘したと評価すべきか? それとも予選敗退という結果がでなかったことを叩くべきなのか? 正直、評価は人それぞれだと思うし、どちらで考えても正しい気がします。ブラジルはほとんどメンバーを落とさず「勝ち」にきましたし、本気であったと思います。むしろ、ホッキジュニオールが外れて、穴がなくなった感も(笑)。日本代表と「力の差」は、…
トラックバック:7
コメント:5

続きを読むread more

コンフェデ杯「日本代表VSブラジル代表」プレビュー②  ジーコ日本代表の「4-4-2」を再考

ジーコ監督「ブラジル戦も4バック」日本はギリシャ戦に続き、ブラジル戦も4-4-2の布陣で臨む。ジーコ監督は「けがなどがなければこの前(ギリシャ戦)と同じ。先発も変えない」と述べた。MF中田(フィオレンティーナ)MF中村(レジーナ)らを中心に中盤の連係で欧州王者を内容面で圧倒した自信に加え、選手の間で4バックへの違和感も解消しつつある。ジ…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

コンフェデ杯「日本代表VSブラジル代表」プレビュー  ホッキ・ジュニオール攻略の前に守備

ブラジル代表の弱点は、ホッキジュニオール(実名)!ブラジル代表は、なぜにホッキ・ジュニオールをセンターバックで使っているのであろうか?コンフェデ杯でブラジルがメキシコに敗れるという波乱がありました。まぁこの大会というか南米予選でもそうですが、ブラジルのDFはそんなによくないですよ。ルシオはいいCBだと思いますよ。ですがホッキ・ジュニオー…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

コンフェデ杯「日本代表VSギリシャ代表」雑感  大黒の「気持ち」と4-4-2での「中田英ボランチ」

ジーコの「4-4-2」が的中! 大黒のゴールの話へ…行く前に、まずはセリエAの話からジーコの4-4-2システムへの変更はどうであろうか? と思ってましたが、結果的にはジーコの決断は大正解でしたね。変な苦言を呈して、申し訳ありませんでした。とにかく「個人的に大嫌いなギリシャ」に勝ってくれたのは本当にうれしいので、喜んで謝罪いたします。この…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

コンフェデ杯「日本代表vsギリシャ」プレビュー  70年のドイツサッカーvs80年ブラジルサッカ-

70年代のドイツ的なギリシャのサッカーは嫌いですが、リベロがポイントです。優勝したギリシャは守備のチームだった。グループリーグ以降の3試合はすべて1-0、3ゴールのうち2つはCKからのヘディングで、残りの1つもヘディングシュート。先行したチームがリードを守りきれない試合が相次ぐ中、ギリシャだけが先行逃げきりに成功していたのは何より強固な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コンフェデ杯「日本代表VSメキシコ」雑感  2列目&3列目のポストプレイ&ゾーンとマンマーク守備 

「引いて守ってくる『格上』をいかにこじ開けるか」  KET-SEEさんがブログ「コンフェデ杯展望~二つの日本代表」でおっしゃっていたこの課題は、やはりこのメキシコ戦でもクリアできなかったというところでしょうか。同点に追いつくために「3トップ&4バック」気味にシステムを変更したジーコ采配はよかったと思いますが、TVで見ていて「誰がチ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コンフェデ杯「ザコラキスとFIFAの義務」 &セリエAプレイオフ「パルマVSボローニャ」雑感 

ザコラキスがギリシャ代表に戻った? その真相は?ジラルディーノがいない、モルフェオがいない、ボラーニョもいない。セリエA残留をかけたパルマ対ボローニャのプレーオフ第一戦。ほんとパルマは主力の出場停止が多いなって思っていたら、ボローニャではなぜかこの人がいませんでした。ギリシャ代表にザゴラキスが合流(ISM) 現地時間14日、ギリシャ代表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジーコ日本代表 コンフェデプレビュー② アジア仕様から、世界仕様への変更に迫られるのか!?

トルシエ時代の「サンドニショック」は、ジーコ日本代表にも起こりうるのか?アジア仕様から世界仕様へというとピンとくる人もいると思うのですが、トルシエ監督時代の日本代表におけるサンドニショックみたいなものが、ジーコ日本代表にも起こりうるのでしょうかね? 古い話で恐縮ですが、「サンドニショック」とはちょうど4年前の出来事。当時、トルシエ監督の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more