テーマ:プレミアリーグ

プレミアリーグ「チェルシー対アストンビラ」  ランパードの笑顔とピアゾン

久々の大勝。もう少し苦戦すると思っていたのですが、トーレスの先制ゴールが利きました。あのゴールでチームが乗れた感じですかね。前半のうちに追加点が取れたことも大きかった。以下、気がついたことをいくつか。 ・トーレスの先制ゴールは「左サイドからのアーリークロス」に「そのままトーレスがヘディングシュート」というゴールでしたが、ベニテスに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグ「サンダーランド対チェルシー」感想文 トーレスは覚醒したのか?

トーレスはベニテス監督の戦術と馬が合っているのでしょうか? わかりませんが、前線からプレスするという「FWが積極的に守備する」サッカーとの相性は 悪くないのかもしれません。 トーレスは「電柱」というよりも「スペースを付く」のが持ち味のFW選手であると思うんで、 守備ゾーンが後方へ引いてリトリートするスタイルだと「前線で孤立」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「ウエストハム対チェルシー」感想文 残念な敗戦

残念は敗戦ですな。 メンタルの問題といえばそれまでかもしれませんが、チームとして方向性を見失ってしまっているように感じられるのはヤバイです。 ベニテスは嫌いではないんだけど、この試合ではちょいと「ダメさ」を露呈してしまった感じです。 そのダメさとは、「試合の流れを変える交代策ができない」&「機械的なローテーション制でチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対リバプール」  アブラモビッチ批判と反原発運動

「CLで敗れたことで、少し自信を失っているようだ。だがクリーンシートはしばらくなかったことで、それはポジティブなことだ」 http://news.livedoor.com/article/detail/7176643/ 確かに、クリーンシート(無失点)はポジティブに考えるべきだと思いますよ。試合に出たメンバーはディマッティオのときと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「ウエストブロム対チェルシー」感想文 ただ弱いだけ

スティーブクラークにしてやられたわけですが、まぁ全然、驚く結果ではないですよね。むしろ、必然の負け。ウエストブロムはがばっていたと思うけど、彼らがそれほど強いとは思っていない。単にチェルシーが弱いだけ。敗因はいろいろあるけど、一番の問題はサイドバックだろう。サイドバックは酷い。攻撃も守備も。ほんと酷すぎ。それだけです。何はともあれ、負け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対リバプール」感想文 ファイナンシャルフェアプレイー時代を勝ち抜くために

リバプール戦の前に、まずはこちらについて。 ■ファイナンシャルフェアプレイそこに、襲い掛かったのが世界的な経済不況の波であり、また、ヨーロッパのいくつかの国の財政悪化による信用不安問題だった。金の流れが滞り、ヨーロッパ各国の経済が縮小。その結果、サッカークラブの財政も危機的状況に陥っている。あの、レアルやバルサですら財政赤字に直面して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「チェルシー対シャフタール」感想文  なんとか勝てたね。

シャフタールはいいチームだし強いね。それを踏まえたうえで、試合を振り返る。■楔パス問題まず前半。寝坊して10分過ぎから観戦したんだけど(笑)、まず攻撃について。ポゼッションはそれなりだったんだけど、残念ながら縦パスが通らない。つまりは楔パスが打てないということ。トーレスがマークされていたのでしょうがないと言えばそうなんだけど、もう少し楔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「スォンジー対チェルシー」感想文 守備固め?

守備固めに入るのなら、もっと徹底してもよかったのではないか。 中盤の中央の守備力が弱点なのだから、そこの人数を増やす「4-1-4-1」とかにフォーメーション変えるなんて手もあったはず。 ラスト10分でバートランド投入というのもわかるけど、守りに入るんだったら、フェレイラを中央に入れて3バックなんて策でもよかった。 なんにせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「スパーズ対チェルシー」感想文  守備と攻撃のトレードオフ

後半、スパーズに逆転されたされた理由はなんだろう。 チェルシーの守備が甘かったといえばそれまでなんだろうけど、ここはビラスボアスが「チェルシー対策」を打ってきたからとしておこう。 チェルシーの最終ラインの守備は、サイドからの攻撃されたときに「逆サイドのサイドバックが中に絞って」センターバックの位置に入るというオーソドックスな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「ニューカッスル対マンチェスターユナイテッド」感想文  セルフィッシュでちょうどいい?

「パーデューのニューカッスルって、もともとカウンターなチームという認識があったんでこの試合の入り方も理解はできるんだけど、もう少しポゼッションを意識した戦いを挑んでもよかった気がするんだけどね」 「ポゼッションというか前からのプレス守備が問題だった気はしました。ある程度ゾーンを固めて守るというのはわかるんだけど、もう少しボールホル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグ「チェルシー対ノリッチ」感想文  続・ポゼッションスタイルにおける「縦パス」

ポゼッションもできていたし、カウンターも鋭かったし、攻撃の内容は悪くなかった。前にも書いたが、攻撃では特にポゼッション時の「縦への楔パス」ができているかどうかが、このチームのポイントなんだと思う(まぁ、このチームに限らず、すべてのチームでも同様なんだろうけど)。 トーレスの先制ゴールも、前線のスペースへ走りこんだマタに対しての、後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「マンチェスターユナイテッド対スパーズ」感想文 これが香川の生きる道?

近ごろ私達は いい感じ 悪いわね ありがとね これからも よろしくね 後半ユナイテッドが、なぜよくなったのか? ルーニーが入ったからというのは言うまでもないところだが、それにともない香川が「使われれるほう」になったというもの影響していたように感じた。 香川の持ち味の一つは、オフザボールの動きとポジショニングにある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「アーセナル対チェルシー」感想文  ポゼッション率がなぁ…

敵地でアーセナルに勝ったんだから、文句はない。 ただ、正直、内容はイマイチだと思ったし、いいところよりも悪いところのが多かったように感じた。 勝てたのは、GKチェフとCBテリーとアーセナルのミスのおかげという感じかなと。 問題はやはり攻撃陣。かなり問題があるように感じた。 トーレスのワントップは未だ機能してない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグ「リバプール対マンチェスターユナイテッド」感想文  人を走らせる

サッカーでは「ボールを走らせる」ことはもちろん必要だが、「人を走らせる」ことも必要であると思っている。 つまり、ダイレクトでボールを叩くだけではなく、時にはボールを保持して「人が動く時間とスペースを創造する」ことが必要であると思うのだ。 古い考えかもしれないが、いわゆる「ゲームメイカー」的なプレイがそれだ。 で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグ4試合目「チェルシー対ストーク」感想文  トータルフットボールへ向かって

■オフザボールの動きを駆使して、みんなでゴールを決めるサッカー 今季のチェルシーのお題目はこんなところだと思うのだが、そういった意味では「サイドバック」のアシュリー・コールが決勝ゴールを決めたというのは、悪いことではないのかもしれない。開幕戦では逆サイドのサイドバックであるイバノビッチがゴールを決めているが、どちらも「オフザボール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CLグループリーグ「チェルシー対ユベントス」感想文 チェルシーの問題点

アザールとオスカルには、ぜひチェルシーの将来を担う選手となってほしいし、そうなる可能性も高いんでしょう。ただ、ここ数試合のチェルシーの出来を見る限り、彼ら(というかアザール)を軸としたチームにした場合の「中盤の守備力が低下」は気になるところである。彼らの問題というよりは、ミケルとランパードというボランチの守備力の問題なのかもしれないけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア第4節「QPR対チェルシー」感想文 握手拒否というパフォーマンス

「チェルシー攻略法」ってほどのものじゃないんだろうけど、今期のチェルシーには「中盤&前線での厳しいプレス」がかなり有効であるとゆうのが証明された試合だったと思う。何度も言うように今期はワントップが”あれ”なんで、中盤を省略するサッカーってのが難しく、アザールやランパードや、この試合には出て無かったけどマタら中盤の選手がつぶされると何もで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンチェスター・ユナイテッドとファーガソン監督

ファーガソン監督はスコットランド・グラスゴー出身で、強烈なスコットランド訛りで知られる。英語圏のSNSでは「問題は香川の英語力ではなく、ファーガソンのスコットランド訛りなのではないか」と、香川に同情する声も寄せられている。 http://news.livedoor.com/article/detail/6893593/スコットランド訛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア第2節「チェルシー対ニューカッスル」感想文  センターバックの人材

3試合目だけど、第2節。相手は強豪ニューカッスルでした。昨シーズン嫌な負け方していただけに苦戦が予想されましたが、3試合連続となるPKゲットで先制できたことが大きかった。これまでチェルシーはあまりPKを取ってもらえないチームという印象を持っていたんですが、今期は1試合で1個ゲット。ペナルティエリア内で勝負しているのが功を奏しているという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア第三節「チェルシー対レディング」感想文 ディマッティオの交代策

開幕戦同様に、新加入の若手を使いながら勝ち点3をゲットできたのは言うこと無しですね。新加入のアザールもオスカルもすばらしかった。上出来です。内容的には2失点して終盤までリードを許す展開となり苦しみましたが、ディマッティオの交代策を含め見事に逆転勝利できたのは素直に評価。いきなりのミッドウィーク開催でコンディション的にはけして恵まれてなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグ開幕戦「エバートン対マンチェスターユナイテッド」感想文 DF裏への動きとミドルシュート

エバートンが思ったよりも出来がよかったというか、ユナイテッドが悪過ぎたというか。フェライーニに好きにやらせ過ぎでしょう。センターバックが急造で中盤が若造だったことを加味してもポストプレーやられ過ぎ。まぁ、ファーガソン的には「エバートンってスロースターターだから新戦力テストでも勝てるっぺ」ってな感じで甘く考えていたのかもしれないけど、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ジーコの優遇」について考察 またはリバプールのフロントは、川渕チェアマン的クオリティか?

■ジーコの優遇、岡田の定食、ザックの鉄板 否定的に語られるジーコの「(メンバー)固定」や「(海外組)優遇」、岡田監督の「定食」と、肯定的に語られるザックの「鉄板」、その違いはどこにあるのか。 http://supportista.jp/2012/08/news16105736.html原理的にはジーコ/ザックと岡田監督は明らかに別種で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグ第1節「ウィガン対チェルシー」感想文  クリエイティブは確かに必要だとは思うけど

あっさりと2点取れたんで楽な展開で戦えましたが、出来自体はイマイチのように感じました。アウェーでの戦いでしたし、無理しなかったのかもしれませんが、攻撃がなぁ。何というか要はトーレスのワントップは期待できないといういうか、心許ないというか。アザール、オスカルら新加入の選手はテクニックがあっていい選手だとは思うけど、プレミアリーグでそれなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファンペルシのユナイテッド移籍について。&「ニューカッスル対スパーズ」感想

■ファンペルシアーセナルがキープレーヤーを失うのは、ファン・ペルシが初めてのケースではない。それでもヴェンゲル監督は、ファイナンシャルフェアプレーが導入されれば、この問題は解決されると考えている。 「懸念している。しかし正直に言って、これは短期的な問題だと考えている。世界がこれを続けていくことは、できないだろう。(ファイナンシャルフェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香川選手はマンチェスター・ユナイテッドで成功できるのか?

 香川選手のユナイテッド移籍が決まったようですね。おめでとう。がんばってほしい気はするけど、チェルシーファン的な立場から言わせてもらえば、チェルシー戦では、おとなしくしててねという感じです(笑)。というわけで、いろいろな人がすでに予想されてますが、私も香川選手がユナイテッドで活躍できるかどうか考えてみることにしました。って、ぶっちゃけわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア最終節 シティ優勝おめでと

マンチェスターシティ優勝おめでとう。 非常に厳しい最終戦でしたが、見事な勝利でした マンチーニの采配が見事でした。インテル監督時代に「4トップ?」的なギャンブル采配したことあって、もしかしてこの試合でもやるのかなと思ってましたが、テベスを下げてバロッテリ投入したのは正解だったと思いました。現実的采配というか。その采配が逆転勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対ニューカッスル」感想文 

FA杯決勝が大切なのは非常にわかるんだけど、この試合だってかなり重要だと思うんだけどなぁ。なので、ドログバ、マタ、ランパードをスタメンから外したターンオーバー制の導入は、正直、個人的にはあまり支持できません。なんというか「この試合はそんなに重要でないんだよ」というメッセージに受け取れたし、選手のパフォーマンスも100パーセント出せていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア天王山「マンチェスターシティ対マンチェスターユナイテッド」感想文

>シティが強くなったというよりも、ユナイテッドが弱くなったという印象が強いんですけどね。なので逆に言うと、ユ ナイテッドは弱くなったのに勝ち点80以上稼いで、この時点で優勝争いしていることは立派というか、驚きというか。パトリックビエラの例の発言を持ち出すのは止めにしておきますが、他のチームがユナイテッドに戦うときにだらしなさ過ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対QPR」感想文 借りは返せた?

■リベンジだ!審判のジャッジが最悪だったの最大の理由だと思うんだけど、あのアウェイ戦での敗戦以来、あまり印象がよろしくないQPRとの戦い。当時と比べると監督はマークヒューズになり、FWのメンツもがらりと変わっているんですが、だからといってそれほど印象が変わるわけでもないわけで。どんなことがあっても、借りを返さないといけない試合だよね、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「アーセナル対チェルシー」感想文  仕方が無いのかもしれないけど

過密日程だし、バルセロナ戦を挟んだ戦いだし、ローテーションしたのはわかる。で、ドローで御の字というのもわかるんだけど、プレミア4位以内でフィニッシュという目標から考えると、やっぱ合格点は上げられないだよな。 来期CL出場権を逃すというのは、プレミア優勝を逃すことと比べられないほどヤバイことだと思っているんだけど、それって考えすぎで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more