テーマ:たわごと

視聴率と視聴質

人間、年取って老けはじめると、いろいろなものに対して「質が落ちた」と感じるようになるのかもしれない。で、その質が落ちたことに対して、「仕方がないこと」と何も期待しなくなるのがやっかいなのだ。質よりも「みんなに支持されているのか」ということのが大切だと感じ、「ビジネスになるのかどうか」がすべてだと思うようになれば立派な老人だ。老人というか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェルシーはアーセナルになれるか? ドログバは中国で自分探しの旅? ボアスの返り討ち

■若手育成トッテナムとの争奪戦に競り勝つ形で、チェルシーはブラジルの若手スター選手オスカルを2500万ユーロで獲得する可能性が高まっているようだ。オスカルはインテルナシオナウ所属の20歳のMF。スパーズは彼の獲得のため先週1900万ユーロのオファーを出していたが、これを金額で上回ったチェルシーが交渉を進展させている。オスカルは南米で最も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記的なこと

久々の更新となります。というか更新サボってました。ゲームとかして遊んでたりして。 書かなかった理由はいろいろあるんですが、要は気持ちの問題なのかな。書く気力がなかったという ことなんでしょう。 まぁブログ更新もちゃんとやろうとすると、それなりに大変なんですよね。 サッカーの試合観戦で2時間。その内容をブログに書く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「ニューカッスル対リバプール」感想文 黒人がいないのは、リバプールだけ!

残念ながらプライベートで黒人の友人はいないが、サッカーでは黒人の選手に好きな選手が多い。ドログバ、エシエンを筆頭にアフリカの選手は好みだし、マケレレ、アネルカ、マルダらヨーロッパ国籍を持つ黒人選手もファンだ。ラミレスらブラジル国籍の選手も嫌いでない。チェルシー以外の選手だって同様で、たとえばロナウジーニュらブラジル国籍の選手も好きだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー日本代表、ジーコ氏率いるイラクと同組に&町田ゼルビアのホーム陸上競技場改修工事

■サッカー日本代表、ジーコ氏率いるイラクと同組に!元日本代表監督のジーコ氏率いるイラクが、日本と同組に入った。昨年8月から監督を務める同氏は抽選に立ち会い、「日本とイラクが出場権を得ることが望ましい」とコメント。イラクが予選突破すれば1986年メキシコ大会以来となり、かつていた日本とそろっての出場に意欲を示した。  ジーコ氏はB組につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FA杯とか

特に書く事はないんだけど、一応、書いておこう。 「守備で見事なプレーをしたね。アストン・ヴィラ戦の後で、1月の我々の守備はとても組織されている。個々では、ジョンのパフォーマンスが際立っていた。場外の話題を忘れて、しっかり集中していたね」 http://news.livedoor.com/article/detail/623077…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英吉利で日本人が成功できない理由と、移籍金ゼロ

■イングランドサッカーに日本人は適合できるのか?パスを回せる強豪チームは別として、その他のプレミアチームの場合は、DFラインからボカーンと前に蹴ると、4~5人の選手は前線へと殺到はしてますが、残りの選手はラインをすぐに上げるわけでもなく、だいたいタラタラと歩いているんですよね。で、その直後に前線でボールを奪われても、前線へと走った選手は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

データサッカー「3本以内にシュートおよびクロスにつながるパス」 &部活サッカー

■シティ対リバプール感想文個人的な好みで恐縮ですが、ダルグリッシュ・リバプールにはあまり魅力を感じてないです。まぁカウンタースタイル自体はわかるんですが、なんか魅力ないんですよね。起用されている選手(特に若手)のせいなのかな。フラムとかサンダーランドのほうがよっぽど魅力的とか言ったら「退屈なチェルシーファンのお前に言われたくない」って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年総括

年の瀬なので、2011年を振り返ってみます。今年最大の出来事は、やはり「3.11」だったと思うんだけど、このブログ的にもその影響からか、5月くらいから更新頻度が減りました。まぁ震災の影響というより5月が欧州サッカーのオフシーズンだったこと(またはアンチェロッティ・チェルシーのダメさに嫌気が差した影響)のほうが影響が大きかった気もするし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80年代のブリティッシュサウンドを勝手に振り返ってみる 「This Is The One」

たまには音楽の話題について書いてみよう。といっても、最近のはほとんで知らないので、個人的によく音楽を聴いていた80年代、90年代の話になるわけですが、自分が洋楽を聴き始めたころの楽曲をミュージシャン視点でなくプロデューサー視点で振り替えてってみたいと思います。■ナイル・ロジャーズ(デビットボウイ「レッツダンス」)そしててがけたナイル・ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー日本代表の試合は見てないけど。&巨人内粉について

■ザッケローニ(前半、なかなか点が入らなかったときに思ったことは)ゲームはウチが進めていたので、あの状況では我慢が必要だった。引き続きコンパクトにまとまって、チームとしてプレーを続けるべきだと思った。というのも、なかなかチャンスが決まらないとき、チームはバランスを崩しがちなので、そこはケアした。バランスが崩れると結果も変わってくる。(ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

売名行為と、疑惑が浮上したことだけでも不名誉について。

■売名行為売名にならないよう格好をつけてもらわないと http://news.livedoor.com/article/detail/5969662/えーと、そもそも日本でプロ野球の球団のオーナーになるというのはみなさん基本「売名」が目的なんじゃないんですか? 読売とか、楽天とか、ソフトバンクとか。正直、この問題どうなろうと関係ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザッケローニ日本代表の「3ー4ー3」には、未来予想図はあるのか?

■「3ー4ー3」の問題点新聞を見ると「3-4-3」などの数字が大きく書かれている印象を受けるが、それは(メディアの)皆さんが書いているだけで、協会からも「3-4-3でやってくれ」と言われているわけでもないし、今は4-2-3-1というシステムも持っているわけだから、それにプラスして新しいものを持てればいいと思っている。このシステムを試しな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バルサ礼讃風潮にクギをさせ! イエイ!

■バルサ礼讃風潮にクギをさせ!ライターの小澤一郎さんは自身のメルマガで「日本でこれだけバルセロナのサッカーが語り尽くされている理由は簡単で、少々厳しい指摘かもしれないが、各自に自身のサッカー哲学がないからだ」とバルサ礼讃風潮に釘を指しているそうです。 http://supportista.jp/2011/09/news16100130…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アーセナル論2011

■アーセナル論2011近年のアーセナルは、セスクを中心選手にすえたことにより“司令塔”の存在がキーとなっていた。しかし、03-04シーズンに無敗優勝を達成し“無敵”と呼ばれた時代には明確な司令塔は存在せず、中盤の中心選手だったのはパトリック・ヴィエラやロベール・ピレスといった技術と機動力に優れた面々だ。 アルテタはセスクのような司令塔タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェルシーのCL組み合わせ&マージーサイドには、2つの偉大なチームがある

■チェルシー今夏、バレンシアからチェルシーに移籍したスペイン代表MFフアン・マタは、チャンピオンズリーグ(CL)の決勝で古巣と再会することを願っていた。しかし、抽選の結果、早くも同大会のグループリーグで両者は激突することとなった。マタは、古巣との再会を楽しみにしているようだ。イギリス『サン』のインタビューに応えたマタは、改めてバレンシア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CL「リヨン対ルビン」、韓国サッカー、今期のアーセナルについて など

■CL[リヨン対サガン」雑感テレビつけたらやっていたので見ました。ピャニッチはいいなぁ。あと、リサンドロ・ロペスっていい選手ですよね。何が良いかって言われると答えにくいですが、要はゴールへの嗅覚があるというか、サッカーを良く知っているところがいいです。柳沢選手をもぅとわかりにくくした感じとでもいいますか。「リサンドロ・ロペスの良いところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグ開幕 リバプール戦の雑感

プレミアリーグなんとか開幕しましたね。とりあえず、よかった。 ■リバプール対サンダーランド雑感スアレスは良い選手です。キャロルも悪くはない。なので彼ら2人のフォワードを活かすサッカーというのはわかるし、それはそれでいいと思うけど、中盤の選手がもっと攻撃に絡まないとプレミアで4位内を確保するのは厳しいと思うんですよね。この試合はジェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日韓戦とブラックベリー

■日韓戦日韓戦ですが、3-0とはすばらしいですね。韓国が弱体化しているからこその結果であるのは、言うまでもないことでしょうが、それでも3-0というスコアは申し分ないですよ。香川選手と本田選手というの2大スターがゴール上げての勝利ですし、ほんと言うことはありません。韓国は一刻も早く監督を変えるべきだね。手遅れになる前に。以上です。■ブラッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリーシアのないサッカーはサッカーではない

■メディアの体質?メディアのこうした体質が、Jリーグの成熟を妨げる要因にもなっていると思う。宇佐美も宮市も、まずは静かに見守ろう。必要以上に騒ぐのはやめようよ。 http://news.livedoor.com/article/detail/5745587/メディアの体質の問題というよりも、それを享受する日本人が多いということが問題だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャビ

■ファルカオポルトに所属するFWラダメル・ファルカオ(25)が、クラブとの契約を2015年まで延長することになった。これにより、同選手のチェルシー移籍はほぼ消滅している。あと2年で契約満了となる予定だったファルカオは、4年の契約にサイン。これにより、契約解除に必要となる額は4500万ユーロになった模様で、他のクラブへ移籍する可能性が事実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米選手権辞退に寄せて  お休みなさい子猫ちゃん

■目的は何だったんでしょう?結局は辞退ですか。よくわかりませんが、要は、協会も監督も選手も、誰もがそれほど参加することを重要だとは思ってなかったということなのかしらね。誰もが参加することの意義を見出せてなかったとでもいいますか。というか、そもそも論として、日本代表はどういう目的で南米選手権に参加しようとしていたんだろう? Jリーグに眠る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユナイテッド戦の前に、チェルシーの今シーズンを軽く総括

ユナイテッド戦の前に、チェルシーの今シーズンを軽く総括してみたいと思う。総括する上でポイントとなると思うのは「シーズン開始前のバラック&ジョーコール&カルバーリョの放出」と「シーズン中盤以降でのトーレス&ルイスの獲得」という選手の入れ替え時期のズレですかね。この半年の選手の入れ替えのズレをどう考えるかというのは難しいところなんですが、チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対スパーズ」超雑感  というか「テンカーテ+オシム=ボアス」?

■問題は4-4-2?勝った事は評価したいけど、正直、内容はよくなかった。問題はトーレスとドログバの共存というよりも、4-4-2のフォーメーションに変えたことによってサイド攻撃が機能しなくなったことかな。サイドの高い位置で起点を作れないのでチームとしての連動的な攻撃が出来ず、結果として中央からの個の突破頼みの窮屈な攻撃が多くなってしまう感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対ウエストハム」超雑感 トーレスおめでと&クライフ教について

■トーレスおめでとうトーレスがついにゴール決めたみたいですね。実はテレビで試合を見逃してしまい、まだダイジェストでしか見れてないんですが、非常に「トーレスらしいゴール」だったように感じました。何が”らしい”って、あの反転して決めたところがそう。ああいう、DFに囲まれながらも、狭いところをコントロールシュートを打ってゴール隅に決めちゃうっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対バーミンガム」雑感&渋谷系論

■チェルシー戦マルダとカルーの両ウイングがゴールして試合に勝つというのは、ある意味、現チェルシーの理想型でした。サイドや中盤の選手がオフザボールの動きで「ゴール前に進出」してゴールを決めるという流動性ある攻撃は、「4-3-3」というフォーメーションで戦う場合はかなりポイントだと思うんです。なぜなら、何度も言うけど、ロッベンやリベリや、ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツのクラブ故の拒否? モウリーニョの後継者、大学ラグビー

■手厳しい【ゲルゼンキルヘン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグ、シャルケのヘルト・ゼネラルマネジャー(GM)は13日、所属するDF内田篤人を南米選手権(7月・アルゼンチン)の日本代表に派遣することに「7月はシーズン前のチームづくりの大事な時期で招集に応じることは難しい」と難色を示した。  日本サッカー協会の原博実強化担当技術委…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CL「ユナイテッド対チェルシー戦」セカンドレグプレビュー  都知事選挙:雑感

■都知事選挙若者が選挙に行かないことを嘆いちゃいけません。別に今に始まったことでなくて、昔から選挙に無関心な若者は多いんですよ。ただ、個人的には若いのに石原氏に投票したした人の狙いがわからん(笑)。まぁ、素直に石原氏がいいと思って投票したんだろうけど、爺はたぶん「若者」が住みよい町づくりや政治なんてやりませんよ。ジジイが主役の「高齢者に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア:チェルシー戦プレビュー「対ストーク戦」ほか、いろいろ

■ストーク戦ほか4月の戦いプレビューそのストークを相手に舞台がブリタニア・スタジアムとなると、いくらチームの気運が上昇中とはいえ、チェルシーにとっては慎重さが求められる試合となる。やはり見どころはトーレス、移籍後初ゴールなるか、といったところである。ここへ来て、トーレスの初ゴールが持つ意味はチェルシーにとって確実に大きくなってきている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本代表チャリティマッチについて

日本サッカー協会は30日、日本代表―Jリーグ選抜の慈善試合(29日、大阪・長居陸上競技場)当日の募金が732万8947円に上り、26日からの4日間で2231万7199円に達したと発表した。  http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20110330-00000184-jij-spo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more