テーマ:ミネキ

日本人は、日本人さえよければハッピーであるという、島国根性の持ち主なんだろうか?

■デポラレル「前半の30分間、バルセロナは驚くほど見事な戦いを見せてきた。特に高い位置で我々を押し込み、ボールを自陣から出すことができなかった。4失点のうち3点は、我々のミスから決められた。サッカーでは時として数センチが明暗を分けることがあるが、我々のシュートがポストに当たっていなければ1-1に追いつくことができ、その数分後に決まったバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「主観性を欠くメディアとサポーター」を読んで、「空気」と「ジャーナリズム」で解く

このコラムの目的は佐藤氏を擁護することではなく、むしろ彼が図らずも明らかにした真実を指摘することにある。日本のサッカージャーナリズムは瀕死の危機にあるということだ。建前と本音が存在するこの国では、記者会見やインタビューで長々と話がされてもその内容は乏しい。実際に存在する真実について書くのか、できる限り気を悪くする者が少なくなるように書く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「3-4-3 究極の攻撃サッカーを目指して」「佐藤峰樹氏の件に関する個人的見解への反応」を読んで

■「3-4-3 究極の攻撃サッカーを目指して」(著:杉山茂樹さん)を読んで イタリアで「3バック」がまた流行りだしているとも聞くが、ぶっちゃけそれにあまり興味は無い。 なぜなら、普通に「4バック」でOKであると思っているからだ。 FWの数や、ウイングをどこに置くかの前線の配置の違いは「ある」と思っているが、最終ラインは「4枚」が鉄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more