テーマ:イングランド代表

南アフリカW杯:イングランド代表反省会&チェルシーのプレシーズン

■南アフリカW杯:イングランド代表反省会ボランチに関しては、ガレス・バリーが怪我から回復途中でもレギュラーとしてメンバー入りした事実が全てを物語る。実力もワールドクラスとは言い難いうえ、フィジカル面でも万全ではなかったバリーは、ドイツのカウンターに対する防波堤にはなれなかった。昨夏に10億円台の移籍金でマンC入りして話題となったバリーが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワールドカップ「イングランド代表対ドイツ代表」超雑感   終了

残念だが完敗でした。力の差がありすぎ。ドイツ強いです。ただイングランドがイマイチだったのも確か。ファーディナンドの離脱と、GKの不安定さがやっぱが響いたように感じましたが、個人的には出来の悪い中盤バリーのプレイにがっかりでした。コンディションに問題があるんでしょうが、攻守に渡って中途半端だったような。後半のあのエジルにぶち抜かれた守備対…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

祝イングランド代表 決勝トーナメント進出おめでとう!!

ゲッツ! イングランド代表、やっと勝ちました! ゲッツ! スカパーHDで、ゲッツ! イングランドがグループリーグで苦しんだ原因は何だったんでしょう。 いろいろな分析はできるんでしょうが、個人的に感じたのはジェラードの消極性。シュートが打てるときにパス出したり、シュート事態に大胆さがなかったりと、なんかジェラードら…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

岡ちゃん日本代表が目指すべき戦い方&イングランド代表最終メンバー

■先制点を与えないことを第一義カメルーンとの初戦を念頭に置くと、4-1-4-1から始めるのは悪くない。先制点を与えないことを第一義として試合を運んでいくべきで、0-0で進行すれば慌てるのはカメルーンである。おそらく彼らは、日本がグループ内でもっとも力が落ちると考えている。日本戦で勝ち点3を計算していることが予想され、0-0のままでは勝ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランド代表強化マニュアル または布教活動家の報告書

えー、ニイハオ。 コベントガーデン広場にお集まりの皆さん、こんにちは。 僭越ながら、本日は皆さんが大好きな、サッカーについてのお話させていただきたいと思います。 今のイングランドサッカーってクラブチームは強いけど、それに比べて代表チームは弱いですよね。 なんでですか? はい、そこの千鳥足のおじいさん、いいこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェルシー戦プレビュー

さて代表戦ウィークも終了し、今週末からプレミアリーグが再開! チェルシーはミドルズブラとの対戦となりますが、前節のビラ同様、過去あまり相性がよくない印象を持っていますが、そうでもないですかね。まず対戦相手のミドルズブラについてですが、なかなか好チームです。就任当初はサウスゲート監督のことはあまり評価してなかったんですが、年々チームをうま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランド代表を見て・その2

みなさん、こんばんは。いやぁ、すっかり秋ですね。本日はほんと清々しい素晴らしいお天気で、しかも体育の日ということで、まさにスポーツ日和という感じでしたが、みなさんは何かスポーツしましたか? というわけで、本日はまずこんなお便りから紹介します。 『ドログバさん、はじめまして。えっと。ブログ見たんですが、ちょっといいかしら。ルーニーのポ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イングランド代表を見て

いゃー、スカパー欧州サッカーセットでもイングランド戦が見れたんですね。もしやと思って試してみたののですが、ちゃんと見れるじゃありませんか。ものは試しと言いますが、見れるか試して正解でした。まぁ、試す前にスカパーに聞けばよかっただけかもしれないけど、ともかく試すことが必要っていうことも世の中にはあるわけでして。 というわけで、イング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランド代表、イングランドU-21代表とお国柄について

■ショック療法「どんな世界でも同じことだが、何かを変えるにはある程度のショックが必要なんだ。それは、個人でもチームでも同じこと。これは、スポーツ界で特に顕著なんだ。逆境に立たされたとき、いかに対処するか。それこそが、選手の実力を証明する。例えば、マイケル・オーウェンはケガで長期間の戦線離脱を余儀なくされたが、以前よりレベルアップして戻っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベッカムとウィルキンソン、そしてイングランド代表のスタイル

■イングランド代表のスタイル①フランスはパリ、トゥールーズ、モンフェラン、ビアリッツの四大ビッグ・クラブが順当に国内選手権のプレーオフにオールブラックス vs. フランス進出した結果、これらのクラブに所属するプレーヤーは今回のツアーのスコッドに選んでいない。発表後に怪我人も出ており、スコッド5人が入れ替わるなど首脳陣は頭を悩ませている。…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

ユーロ2008予選、イングランド代表&チェコ代表の悲しいニュースを読んで

■チェコ代表 現地時間26日(以下現地時間)、チェコサッカー連盟は、同国代表の選手たちがEURO2008予選でドイツに敗れた24日の深夜から早朝にかけてホテルで行なった宴会で問題があったとして、同国代表チームに日本円にして約560万円の罰金を科したことが分かった。ロイター通信が報じている。  連盟の発表によれば、選手たちは24日の夜に…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

「自由と責任をはき違えないように」(by反町監督)という言葉を聞いて…

■自由と責任をはき違えないように:プロローグ残念ながらヨコハマダービーは見れませんでしたので、その代わりでもなんでもないのですが音楽でヨコハマダービーを演出してみる。こちらはこの映像しか見つかりませんでしたので、マスゲームではこちらのほうが勝ってますかね。起立と着席とか。で、これは偽者? で、まったく関係ないけど、ついでにこちらと、こち…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ノエル・ギャラガーの言葉から考える、イングランド代表と日本代表の未来

平均だな。みんなが言うほど悪くはなかったと思う。イングランドの選手は、外国人選手に囲まれたチームの中では価値ある存在になれるんだが、11人全員がイングランド人選手になるとダメなんだ。イングランドでは、スベン(・ゴラン・エリクソン)に批判が集まってるが、みんな戦術の話ばかりしずぎだ。イングランドには、アンリやロナウジーニョ、ロナウドのよう…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

W杯準々決勝「ポルトガル対イングランド」雑感! ルーニー退場とPKでのメンタルについて

■ベッカム怪我で交代、ルーニー退場、ランパード&ジェラードがPK外すじゃ勝てないですベッカム怪我で交代、ルーニー退場、ランパード&ジェラードがPK外す。これで勝てるほどW杯は甘くないですよね。ゲームポイントはやっぱルーニーの退場だったと思うのですが、あれはやっぱC.ロナウドを小突いたから「赤」が出たんでしょうかね? カルバーリョを踏んづ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

W杯「イングランド代表、アルゼンチン代表」雑感  花と団子とエリクソンとペケルマンの関係

気がつけば決勝トーナメントに突入しているドイツW杯ですが、ここまでの雑感レビュー。ドイツ、アルゼンチン、イングランド、ポルトガルが勝ち抜けましたが、まぁ順当といえば順当という感じでしょうか?■華重視のイングランドについて! オーエンもルーニーもジェラードもべッカムもランパードもみんな使うという、その「某銀河系的」考え方は好きですまずイン…
トラックバック:5
コメント:5

続きを読むread more

祝! W杯決勝トーナメント進出決定! イングランド代表の「アクションサッカー」について考察

■「チャンスをきちんと活かしていたら、もっと違う試合になった」byエリクソンこれについてエリクソン監督は「チャンスを生み出してもモノにできなければこういうことになる。前半中、そして後半序盤に作り出したチャンスをきちんと活かしていたら、もっと違う試合になっただろう」とコメント。初出場のトリニダード・トバゴ相手に苦戦したのは決定力不足に原因…
トラックバック:3
コメント:5

続きを読むread more

イングランド代表について クラウチよりもSBキャラガーがすごいんですよ!

■イングランド代表をジャマイカ戦からチェック! すばらしかったのは…イングランドは3日ジャマイカに6-0で大勝し、右足骨折のFWルーニー不在の不安を振り払った。オーウェンが1ゴール2アシスト、クラウチが代表初のハットトリックとFWが5得点に絡む大活躍。エリクソン監督は「今日は最高。初戦で使う」と、10日のW杯初戦トリニダード・トバゴ戦で…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

ジーコとエリクソンは似ている!? イングランド代表ウォルコット選出から考える代表チーム論

■イングランド代表のW杯最終候補メンバー28人にサプライズ! ウォルコットの選出はいかに!?イングランド代表のW杯最終候補メンバー28人が8日、同国協会(FA)から発表され、17歳のFWテオ・ウォルコットが初招集されるビッグサプライズがあった。ウォルコットは所属のアーセナルでトップデビューすらしていないが、同クラブが約24億円でサウサン…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

ジーコ日本代表のキリンカップメンバー発表&ルーニー召集問題!

■PART①:ジーコ日本代表のキリンカップのメンバーが発表! &ジーコのスタイルと移籍市場の関係Q:エクアドル戦のときは遠藤選手が怪我でシステムなども大幅に変わったが、遠藤選手についてはどのように考えている? 「この前、残念ながら遠藤が怪我の治療ということで参加できなかったが、代わりにはいった選手がいい活躍してくれたということで、自分…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

W杯欧州予選もろもろ「イングランド対オーストリア」、「スイス対フランス」雑感など

 まさかコートジボアールが逆転してW杯出場権を得るとは思ってませんでした。カメルーンはやっぱプレッシャーがかかっていたんでしょうね。この記事とか読むと、泣けてきますよ。まさに天国から地獄ってことなんでしょうが、PKというのは簡単なようで実は難しいものだというのを改めて思う今日この頃です。しかし、アフリカ予選はすごい結果で終わってますね。…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

W杯欧州予選「イングランド対北アイルランド戦」雑感 エリクソンとベッカムのボランチと3トップの関係

問題の背景にはエリクソン監督の人気重視の起用法がある。右サイドには新鋭W・フィリップスが台頭し、一部では「ベッカムより上」との評価もあるが、指揮官はあくまで貴公子の起用に固執。苦心の末ひねり出された答えが両選手併用の4―5―1だった。  指揮官は「システムが今日の問題だったとは思わない。ほとんどの選手が所属クラブと同じ位置でプレーして…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

W杯欧州予選:イングランド代表、イタリア代表、ポルトガル代表について  

その昔、プロ野球は元巨人監督の原氏がトヨタ杯のゲスト解説で「シェフチェンコがW杯で活躍するのを見た」と言ったとか言わなかったとかいう噂を聞いたことがありますが、そのシェフチェンコのウクライナ代表がW杯初出場を決めたようです。つまり本当にシェフチェンコをW杯で見ることができるってこと! これは本当にうれしい限りですが、シェフチェンコの活躍…
トラックバック:4
コメント:3

続きを読むread more

ロッベンがまた怪我!? ジョーコール&ランパードはイングランドでも絶好調!

>このルーマニア戦で先発メンバーに入ったチェルシーFCの快速ウィンガー、ロッベンは、19日の >イングランド・プレミアシップで17分間プレーし、2月2日に足を骨折して以来となる復帰を果たして >いた。しかし、この試合では、ふくらはぎを負傷し、わずか22分でピッチを後にした。試合後、ファ >ンバステン監督は「…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more