テーマ:日本代表

関塚監督が目指す「守備」?

「危険な位置でインターセプトされない」つまりは「カウンターをさせないサッカー」というのは、現代サッカーでは1つのキーワードであるのは確かだと思うんですが、そのあたりを意識したチームつくりが功を奏しているということなのかな?攻撃に移ったときに簡単にボールを失うといったことが減り、しっかりとパスが回るようになった。それこそ、関塚監督が目指す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンドン五輪サッカー「日本代表対スペイン代表」雑感 23歳は大人なのか子供なのか? 

五輪スペイン代表のレベルがどれくらいのものかわからないんだけど、この試合見た限りだとそれほど強くないのは確か。まぁ、本来はもっと強いのかもしれないけど、シャビ世代と比べると確実にレベルが落ちている気はしました。なので、日本代表の勝利は、まったくまぐれだとは思わないんですが、勝因は正直よくわかりません。ただ、なんとなく「守備戦術」と「選手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香川選手はマンチェスター・ユナイテッドで成功できるのか?

 香川選手のユナイテッド移籍が決まったようですね。おめでとう。がんばってほしい気はするけど、チェルシーファン的な立場から言わせてもらえば、チェルシー戦では、おとなしくしててねという感じです(笑)。というわけで、いろいろな人がすでに予想されてますが、私も香川選手がユナイテッドで活躍できるかどうか考えてみることにしました。って、ぶっちゃけわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー日本代表対オマーン代表 うわべっつらのルグエンゾーン

勝因は、相手DFの裏のスペースをつけたことかな。ちゃんと見てないけど、そう感じました。今の日本代表は、それ(裏のスペースを攻略)ができる戦術眼を持った選手や、技術を持った選手がいるのが強いところなんですよね。まぁ「今の日本代表」と限定するよりか、日本サッカー全体のレベルがそこに達しているというほうが適切なのかな。普段Jリーグ見てないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー日本代表、ジーコ氏率いるイラクと同組に&町田ゼルビアのホーム陸上競技場改修工事

■サッカー日本代表、ジーコ氏率いるイラクと同組に!元日本代表監督のジーコ氏率いるイラクが、日本と同組に入った。昨年8月から監督を務める同氏は抽選に立ち会い、「日本とイラクが出場権を得ることが望ましい」とコメント。イラクが予選突破すれば1986年メキシコ大会以来となり、かつていた日本とそろっての出場に意欲を示した。  ジーコ氏はB組につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー日本代表の試合は見てないけど。&巨人内粉について

■ザッケローニ(前半、なかなか点が入らなかったときに思ったことは)ゲームはウチが進めていたので、あの状況では我慢が必要だった。引き続きコンパクトにまとまって、チームとしてプレーを続けるべきだと思った。というのも、なかなかチャンスが決まらないとき、チームはバランスを崩しがちなので、そこはケアした。バランスが崩れると結果も変わってくる。(ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CL「チェルシー対ゲンク」&日本代表について

久々の更新です。日本代表、チェルシーについてまとめて雑感。まず日本代表について。■日本代表試合後のザッケローニの言葉が、この試合のすべてを集約していると言えよう。ただ、これに加えてもうひとつ。この日の日本の完勝は、先のベトナム戦を抜きにして語ることはできないと思う。というのも、このタジキスタン戦での指揮官のさい配は、実のところベトナム戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

崩すのは大事? というかポールウェラーとストーンズと神様ありがとうの関係について

■“崩す”のも大事?ANA国内線の機内放送で山下達郎の新譜&インタビュー特集を聞いたんだんけど、インタビューで「これからはガラパゴス化します」的なことを話していたのは興味深かった。要はポールウェラーがその昔ストーンズ批判していた「自分自身のコピー化」を、達郎氏は進んでやりますと言っているようなものだと思うんだけど、まぁ今の時代は「それ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親善試合「日本代表対チェコ戦」雑感&アンチェロッティ・チェルシーを振り返って

久々の更新です。忙しかったこともあり、ブログ更新さぼってました。まぁ、チェルシーがアレだったんで、あまり書くことがなかったということもあったんですが。アンチェロッティについてはそのうち何か書きます。というか、そのうちは何時になるのか怪しいから今日書いておこう。というわけで、まずは代表戦。■忘れていたまずペルー戦は見逃しました。忘れていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米選手権辞退に寄せて  お休みなさい子猫ちゃん

■目的は何だったんでしょう?結局は辞退ですか。よくわかりませんが、要は、協会も監督も選手も、誰もがそれほど参加することを重要だとは思ってなかったということなのかしらね。誰もが参加することの意義を見出せてなかったとでもいいますか。というか、そもそも論として、日本代表はどういう目的で南米選手権に参加しようとしていたんだろう? Jリーグに眠る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「ウエストブロム対チェルシー」雑感&日本代表・南米選手権招集問題

■ウエストブロム戦についてウエストブロムの守備があれだったこともありましたが、やっぱチェルシーは「4-3-3」でポゼッションがそれなりにできて、サイド攻撃が機能すれば強いです。両サイドバックが高い位置にポジションとって常時攻撃参加し、ドログバとランパードがゴールに絡むという攻撃の形は、モウリーニョ時代からのチェルシーの十八番。強いだけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本代表チャリティマッチについて

日本サッカー協会は30日、日本代表―Jリーグ選抜の慈善試合(29日、大阪・長居陸上競技場)当日の募金が732万8947円に上り、26日からの4日間で2231万7199円に達したと発表した。  http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20110330-00000184-jij-spo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザッケローニ日本代表「3-4-3」とチェルシー3月総括&ボランティアとビジネス

■ザッケローニ日本代表「3-4-3」について3-4-3はこの合宿中に試しているが、意味合いとしてはわれわれの持っているものにバリエーションを加える、あくまでもオプションという意識だ。明日も最初からか途中からか分からないが、試してみようと思う。当然、3-4-3というシステムをわたし自身は熟知しているが、そのメカニズムを浸透させるためには3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米選手権出場は困難? 中田氏はチャリティのプロ?ほか

■困難日本サッカー協会の原博実強化担当技術委員長は25日、東日本大震災の影響によるJリーグの延期試合が7月に組み込まれるため、日本代表が招待された南米選手権(7月1~24日・アルゼンチン)に出場することは困難との見解を示した。Jリーグの複数クラブからは、日程再編で7月に主力選手を代表に送ることはできないという意見が出ている。 http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本代表チャリティーマッチとか、映画「アバター」とかについて 久々のニュース読み

■アバター映画「アバター」を借りて見た。感想はずばり、純正アメリカンニューシネマ。残念ながら似たテーマの「ソルジャーブルー」というアメリカンニューシネマの金字塔たる映画は見てないんだけど、たぶん、それと違うのは、主人公がインディアンと西部開拓者のどちらの立場にもなることができるという「科学の力」が見れるところか? で、そのアバターに乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL準決勝・組み合わせ決定 &日本代表チャリティーマッチについて

欧州チャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせが決まりました。準々決勝(第1戦4月5、6日、第2戦4月12日、13日) (1)レアル・マドリー(スペイン)VS.トッテナム(イングランド) (2)チェルシー(イングランド)VS.マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) (3)バルセロナ(スペイン)VS.シャフタル・ドネツク(ウクラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジアカップまとめ ザッケローニ日本代表はオシム御大と同じ哲学のサッカーなのか? &トーレス

■4-2-3-1のままでしたか交代については、中盤を厚くすることをまず考えた。なかなか中盤でゲームが作れていない印象があったからだ。藤本は今日も良かったが、1カ月くらい試合から遠ざかっており、試合勘を欠いていたのかもしれない。チョイスとしては今野をアンカーの位置に置くことを考えたが、彼は(今大会ずっと)センターバックでやってきていて、中…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アジアカップ決勝「日本代表対オーストラリア代表」超雑感  おめでと!

優勝おめでとうございます。負けてもおかしくない試合でしたが、何はともあれ勝てたことは評価したいです。 粘り強さと運が味方してくれたことが勝因だったように感じました。■3-4-3?個人的には途中から「3-4-3」的に変えたのはあまり評価してないんですが、結果的に勝てたんでそのザッケローニ監督の采配が当たったということになるんでしょう。ま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アジアカップ「日本代表対韓国代表」超雑感&チェルシーについても少し

昨日は仕事で遅くなり延長&PK戦を電車の中でワンセグで見ていたんだけど、他にも似たような人結構いたなぁ。ワンセグ観戦者。少なくとも車両に5人以上はいた。サッカー好き増えました? というわけで適当に。 ■肝が据わっている?結果、今日の試合では3人とも、指揮官の信頼に見事に応えてみせた。一度失敗した選手でも信頼し続け、重要な局面で再びチャ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ザッケローニ監督は香川選手をどう使うべきか? 韓国戦プレビュー的なお話

チェルシー戦は月曜早朝なので、本日はザッケローニ日本代表についての補足(カタール戦の?)みたいなこと書きます。■中へ絞るでOKか? それとも外で張るべきか?香川はスペースが空いていると、そこに入っていって決定的な仕事をする。だが、大会を通じて日本は前線で仕掛ける動きが遅すぎるうえに回数も少ない。前半はスペースをつくる動きができていなかっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アジアカップ「日本代表対カタール代表」超雑感 アジア仕様のテストは合格?

いやー、よく勝ちました。すばらしい。パチパチパチ。ほんと、勝ててよかった。勝って経験を積めるというのは、すばらしいことですな。ということで時間がないので気が付いたことをいくつか。 ・何というか、その…。岡田前監督ありがとう。この試合のポイントは「接近、展開、連続」でした。 ・「ライク・ア・バルサ」(バルセロナみたいなサッカー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジアカップ「日本代表対サウジアラビア」超雑感 ニアサイドを制するものは世界を…

仕事のため生放送が見れなったんですが、なんとなんとケータイのワンセグ録画も失敗。ガーン。マジか。残念。…なので、先日、このブログで「ゴールシーンよりその他のプレイが大事」と書いたばかりですが、その言葉を覆す感じでYOUTUBEで見たゴールシーンについてのみ書かせていただきます(笑)。かたじけない。■1点目:岡崎選手遠藤選手の抜群の裏への…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(追記あり)アジアカップ「日本代表対シリア」雑感PART2 亜細亜の貧困&ポゼッションカウンター 

世の中には、人が思っているようなこと狙って書いて●●を得たい人と、人が思っていないこと(またはあえて人と違うこと)を書いて●●したい人の2種類がいるようだ。あなたはどっち?■日本化という呪縛から開放されてというわけでシリア戦についてというか、ザッケローニ日本代表・公式戦第2戦を見たなんとなくの感想を改めて書いてみよう。まず、確認しておき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アジアカップ「日本代表対シリア」雑感好感度アップ

楽しめました。日本代表の選手たちは、いい経験になったのではないでしょうか。いろんな意味で(笑)。 本田のPKはさすがですね。真ん中蹴るのはらしい気もするけど、何にせよ強いメンタルもっていると再確認。というか、遠藤選手がPKキッカーではなかったんですか? 本田選手は、その他のプレイも良かったと感じました。シリアの守備があま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アジアカップ「日本代表対ヨルダン代表」超雑感  苦戦した理由と「3-4-3」?

■似てない?なんとなく、ジーコ日本代表時代のオマーン戦を思い出した人、手を挙げて? いない?冗談はさておき、まず最後の最後に追いついたことを評価。いくら内容がよくても負けてしまっては何にもならないですからね。よく追いつきました。こういう試合で勝ち点1をゲットすることができたのは大きいです。長谷部のクロスがよかった。さて、では何で苦戦して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アーセナル戦プレビュー アジア杯の戦い方について

メリークリスマス。 ■アーセナル戦について「大事なことは、選手がプレーできる状況にあることだ。(負傷から戻ってきたばかりのMFフランク・)ランパードは、長期離脱の後のプレーに興奮しているだろう。彼がチームのパフォーマンスを大きくサポートすると思っているよ」「良い練習ができている。だから、それを生かせると思っていた。我々にとって、楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカーニュースもろもろと、『ソーシャル・ネットワーク』のリバタリアン的構え

■ナスリいいね!イギリス『サン』が、ナスリのコメントを次のように伝えた。「僕たちもタイトル圏内にいると思う。ユナイテッドはチェルシーと戦っていても、たぶん勝つことはできなかっただろう。(延期になった)ブラックプール戦だって、簡単な試合じゃないはずだよ」「僕たちはクオリティーのあるチームだ。それに、これまでは足りなかった経験もあると思う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザッケローニに課された使命? 

■ザックに課された使命?ここまで海外組が増えてくると、国内で合宿をして試合に臨むこれまでの方法は、現実的に難しい。試合をしながらチームを完成へ近づけていくのが、ザックに課せられた使命となる。スポンサーの存在を無視できないテストマッチにしても、ヨーロッパ開催の比重を増やしていくほうが理に適っている。海外組の招集も、今後は考えていく必要があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サッカー批評」犬飼基昭氏のロングインタビュー雑感と、チェルシー戦について再

■裏工作?田嶋幸三副会長兼専務理事は今回の会長選でどのような裏工作をしたのか、それによって川淵名誉会長はどのような権力を持ち続けることになったのか。会長選の裏側から、現在の日本サッカー協会が抱える問題点まで踏み込んだ内容のインタビュー記事になっています。 http://supportista.jp/2010/12/news141113…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザッケローニ日本代表 「縦への意識」は進化か? それとも?

いずれにせよ、議論のポイントが1つ提示されたのでは、と思うのだ。90年代から、どちらかといえばショートパス志向でチームを作ってきた日本代表が、個人突破を含めた縦への強い意識を持つチームとして変わろうとしている。これは進化か? それとも持ち味を捨てようとしているのか? http://sportsnavi.yahoo.co.jp/socc…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more