doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS W杯予選「日本代表VSバーレ−ン代表」雑感  ジーコの我慢は、サポーターの??

<<   作成日時 : 2005/03/30 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 2

 ジーコの我慢のサッカーが、結果的に勝ち点3を生んだというところでしょうか?
 
 高原でなくても誰でもいから得点してほしいと思ってたら、オウンゴール。ジーコジャパンらしい勝ち方といいますか何といいますか。まぁこのような「絶対に負けられない」試合は、正直、結果だけでOK。個人的には内容はどうでもいいと思っているのですが、それにしても思ったとおりなかなか得点できませんでした。

■前半−慎重な立ち上がり&ミドルシュートが少なすぎた 

 試合を振り返ってみます。まず前半ですが、非常に慎重な戦い方をしてました。中田は中盤の底からゲームメイクに徹する感じで、ほとんど攻撃参加はなし。まぁバーレーンのカウンターを注意していたのでしょうが、「無理して攻撃はしない」という感じでした。ただ、前半途中にCKからのチャンスを何度も得るのですが、ここで得点できていたらもっと楽な戦い方ができたことでしょう。バーレーンの守備がしっかりしていたとは思いますが、中村のキックはもう少し工夫があってもよかったのかもしれません。何度か壁に遮られてボールを弾かれていましたが、なんかもったいなく感じました。
 ちなみにバーレーンの守備ですが、中央のみならずサイドもサイドバックがスペースを消す感じで守っていて、サントスがドリブル突破できずに苦しんでいたように感じました。こういう引いた相手には、ミドルシュートが効果的と思っていたのですが、とにかくシュートが少ない。前半のミドルシュートは、中村の右足と中田英&加地の3本くらい? まぁ中田&中村は前半もっとミドルシュートを打ってよかったですね。日本代表の守備に関しては問題なしという感じで、このゲームの焦点は前半で早くも「日本が得点できるか、バーレーンが守りきれるか?」に絞られた感じでした。
 あ、それとバーレーンの選手の「ファウルのもらい方」はアカデミー賞ものでした。選手のみならずドクターもうまかった。こういうところは中東のチームはしたたかです。

■後半−ジーコの我慢は、サポーターの我慢。
 
 後半になってもあまり状況は変わりません。焦らずにじっくりと崩そうとする日本と、しっかりと守備を固めるバーレーン。ただ前半と違って、サントスの左サイドが徐々に突破できるようになってきます。先にベンチが動いたのはバーレーンでした。後半15分過ぎから早くも2枚のカードを切ります。
 このあたりから試合展開をよく覚えてないのですが、高原がシュートを2本くらい外したことは覚えてます。せめて枠には飛ばして欲しいというのは厳しい要求でしょうか? あとバーレーンの中盤のプレスも利かなくなってきます。後半早々バーレーンが例によって「アカデミー賞」で時間を稼いでいる時に、ジーコがサントスに何か指示を出してました。その指示を中村、中田に告げるサントス。このジーコの指示は「中田にもっと攻撃参しろ?」ってことかなと思っていたのですが、その後のサントス&中田の動きを見ると、どうやらバーレーンのDF裏を狙えという指示だったのでしょうか? このあたりは不明ですが、これはそのうち明らかになるでしょう。攻撃すれど、なかなか得点できない日本代表。

 やはりジーコの選手交代による采配がカギを握るのか? どうするジーコ? 

 と思っていましたが、ジーコはなかなか動かない。というか動けない? そして後半の24分についに動く。玉田投入。もうこの試合、ドリブル突破などの個人技で崩すしか得点は無理かもと思っていたので、玉田の投入は納得。まぁ好調の柳沢でもよかった気もしたが。交代したのはFW鈴木。やはりFWとFWの交代。ギャンブルに出るのは早いと思ったのか、ジーコはまだ勝負に出ない。じっとじっと我慢。スタジアムで応援するサポーターも、TVで見ている我々も「ジーコと一緒に我慢、我慢」。ピッチに出ている選手のがんばりを、ただただ見つめて応援するのみ。このストイックな展開って、どう考えてもアジア杯&アウェーオマーン戦のジーコジャパンそのもの(笑)。ということは…??
 後半27分。ついに先制します。FKから中澤が競り勝ち宮本が折り返す、高原は空振りするがバーレーンの10番がやってくれました!! オウンゴール! やはり「アジア杯&オマーン戦」のジーコジャパンでした。まぁ、こうなる予感はあったのですが、苦しんだ末の先制ゴール。
 誰が決めても、どんなゴールでもなんでもOKです(笑)。そして、このままタイムアップ。なんとか
「勝たなければいけない戦い」を制することができました。おめでとう日本代表って、「おめでとう」はまだまだ早いですか。ちなみに先制点後、それまで「アカデミー賞」もののすばらしい演技を見せていたバーレーンの選手たちが、突如として演じなくなったのは言うまでもありません。倒されても、大丈夫! すぐに回復。やはり本当は頑丈ってことです。まぁこれに対して日本人の演技力はまだまだというところか?

 ■総括−負けられない戦いを制して

 何はともあれ「勝ち点3」をゲットできました。ジーコの采配については、いろいろ意見があるとは思います。私が監督なら、たぶん後半10分で選手交代のカードきってました。後半、中田を攻撃に専念させました。その結果、得点できたかもしれないし逆にカウンターを受けていたかもしれません。
 私と違って、ジーコは選手を信じた。我慢した。結果的に、そのジーコの信念が、勝ち点3に結びついたといいうことでしょう。これこそが「アジア杯を制した」&「アウェーオマーン戦」を勝利した成熟したチームというか「大人のサッカー」ができるようになったジーコの日本代表の真髄というのは言いすぎか? まぁ結果がすべての試合で、結果を出しただけ。ジーコを褒めすぎなのかもしれませんが、監督の評価は「結果」だと思っているので、今日のジーコの采配は評価します。
 ちなみに1つ気になったのは、日本代表が積極的にオフサイドトラップをとっていたこと。この試合中盤のプレスもそこそこ利いていたけど(特に後半はよかった)、この試合限定の守備戦術の変更でもあったのか? それとも…。
 
 と言うわけでイランには負けましたがホームで連勝です。ドイツがちらっとながら見えてきました。次のアウェー2連戦の戦い方も必然と決まってきます。バーレーンとは引き分けて、北朝鮮には!?
 まぁ次の戦いの話は今日はやめましょう。とにかくおめでとうと言いたい! よくがんばりましたと言いたい! ちなみにこの試合のMVPは、中澤かな?? 
人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
勝ちました!!
当然の結果でしたね!(asahi.com)ワァイ,,,((/*~▽)乂(▽~*\)),,,ワァイジーコ日本が、勝つことは想定内ですから。本当に良かったですね、皆さん観ましたか?(●~∀~)ノハ〜イ!いや〜、実に疲れました、へとへとです。ε=(。・д・。)フーこれで勝ち点6になりました... ...続きを見る
PC面白探検隊!
2005/03/31 00:16
ベティに慰めてもらえ。
 いやぁ、日本代表勝ちましたね。 ...続きを見る
蒼黒に光る星とともに@WebryBlog
2005/03/31 00:30
vsバーレーン 【雑感】 アジア最終予選
 バーレーン選手のオウンゴールによって勝敗が決し、目標としていた勝ち点"3"をモノにすることが出来ました。W杯予選は内容よりも結果ですからね、どんな形であれ勝てれば良いんです。今日の勝利によって、W杯出場ができるグループ2位の位置で折り返すことが出来ました。 ...続きを見る
音の鳴る木@WebryBlog
2005/03/31 00:59
《 日本辛勝 》
サルミーン(72分:オウンゴール) ...続きを見る
★☆どんちゃんのプチギャンブラー☆★@W...
2005/03/31 06:56
バーレーン戦 猛毒を秘めた勝利
 ゲームが始まる前の埼玉スタジアムには、サポーターの弛緩した空気が充満していた。「今日は普通に勝てるだろう」というような、妙な油断がスタジアムを包む。  だが、この雰囲気は試合後には跡形もなく消し去られていた。 ...続きを見る
サッカーで大切なこと
2005/03/31 18:20
絶妙な、あまりにも絶妙な…オウンゴール!
 前節、イランに痛恨の一敗を喫した日本がバーレーンを 埼玉スタジアムに迎えた「(今度こそマヂで)絶対に負け られない戦い」は30日午後7時30分、キックオフ。  前半開始直後は双方ともなかなかパスがつながっていか ない、重い展開に。20分過ぎから日本がペースを握って.. ...続きを見る
よろずおしゃべり堂
2005/03/31 22:57
なにはともあれバーレーン戦勝利!
アメブロがリニューアル中だったんで話題遅れな気もするけどなにはともあれ勝ったことは大きい!イラン戦の4−4−2よりはやっぱり3−5−2のほうが今の日本代表メンバーを考えれば良かったと思うトップ下に入った俊輔は水を得た魚のようだったしかし大きな問題があるそれはシュートを打たないということ何度も言ってはいるが昔から日本はシュートを打たないだから今回はバーレーンの選手がシュートを打ってくれたありがたいことだシュートを打たなければ点は入らない中田ヒデは1対1で負けないということを強調していたがおまえ十分... ...続きを見る
宇宙サーファー 〜桜ARTモード〜
2005/04/03 13:17

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎回いろいろ戦略的な見かたを教えていただいてありがとうございます。それに毎回へんなコメントですみません。
バーレーンの選手の倒れ方、よかったですね(苦笑) 「あんたそこ当たってないやん」てところを押さえて痛がる痛がる。特に前半、当たってもいないのにGKが頭を押さえてかなり長いことうずくまった(たんかまで出てきた)時は思わず、「日本もあれくらいやれ!」「もっと痛がれ!!」と叫んでしまいました。バーレーン演技派だわー。そうそう、点取られてからの豹変振りもあまりにあからさまでおかしかった。
>「ジーコと一緒に我慢、我慢」
には爆笑しました。
ヒナキ
2005/03/31 03:13
 こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。コメントいただけることははたいへんありがたいです。バーレーンの選手はほんと演技にて長けていると感じました。まぁバーレーンといいますか「中東の選手」はみんなうまいです。たぶん文化の違いってやつなんでしょうね。
「ジーコと我慢」はとりあえずお腹いっあぴなので、今週末は「モウリーニョで発散」したいですね。
doroguba
2005/03/31 16:58
W杯予選「日本代表VSバーレ−ン代表」雑感  ジーコの我慢は、サポーターの?? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる