doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS ジーコが決断する日は来るのか? ヒデメールとプランデッリとジーコ

<<   作成日時 : 2005/04/07 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 中田英寿HPの、最新ヒデメールを読む。
 「3−5−2」とか「4−4−2」とか言うシステムよりも、「1対1の勝負に勝て」。サッカーの世界は実力至上主義だから、試合に出れないのは実力不足。出れない理由は監督に聞いて、それで納得いかないなら「辞めるか、監督を変える」。監督がすべて正しいとは限らないが、全権を持っているのが監督。意見を言って、ベンチなら仕方ない。ただ文句だけ言う選手にはなりたくない。
 こういう要約でも著作権の侵害になるのでしたっけ、このHP??

 パルマ時代の中田は応援してました。
 今や世界的なストライカーとなったアドリアーノと、チェルシーで身を滅ぼしたムトゥと中田の、いわゆる「トライデント」と言われた3トップはすごく魅力的でした。
 生粋のストライカータイプのアドリアーノ&ムトゥは、その強烈なる個性と個人技を武器に得点、アシストを量産しました。ムトゥの「ドリブル突破」はすばらしかったし、アドリアーノの「強烈なシュート」に度肝を抜かれたことを今でも覚えてます。ですが一方で、その2人は非常に「セルフィッシュ」なプレイヤーとも言われてました。パスを出さない。無理してドリブル突破する、無理してシュートする。
 そんな自己中心的な2人と「3トップを組んだ」中田は憤慨しました。パスを出しても返ってこない。
フリーで絶好な位置にいるのにパスをよこさない。2人が勝手にやるために崩れたチームのバランスを1人で取らないといけない。サイドハーフでもWGでもピッチの端から端まで、ひたすら走って
この2人の攻撃のフォローと守備をしなくてはいけない。そもそも本当にやりたいポジションはサイドでなくセンターMF(トップ下)だった中田は、ついに決心します。監督に直訴しよう、それでメンバーから外れたらしょうがないと。よく覚えてないけど、たしか中田のHPで同じように我々ファンに伝えてくれたように記憶してます。直訴したけど結局それは報われず、中田は先発メンバーから外されることが多くなります。詳細は違っているかもしれないですし、事実と違うところがあったらすみませんが、私的にはこう記憶してます。そして次の年の12月末。中田はパルマからボローニャへと移籍。

 この騒動といいますか事件については、当時のことを知っている方それぞれにそれぞれの見方があると思います。中田が良い悪い。ムトゥ&アドリアーノが悪い。当時監督だったプランデッリが悪い
などなど。当時は一応、中田を応援していた私は非常にがっかりしました。この騒動がきっかけに中田が試合に出れなくなった訳ですから。ですが一方で私は、中田のみならずアドリアーノもムトゥも好きだったし、プランデッリ監督が指揮するパルマというチームも好きでした。中田が出てないパルマの試合も見てました。そのチームでも勝てばうれしかったし、ムトゥやアドリアーノが得点すれば
やはりうれしかった。そしてその時、気がついたのです。
 フジテレビの内田アナが言うところの「私のクレスポ」という表現を借りるなら、私にとってのクレスポは「中田」でなく「ムトゥ」と「アドリアーノ」だったと。お、男が言うとキ、キモチワリー(笑)。

 なーんてのは半分冗談ですが、まぁ中田が「システムよりも1対1」とか、直訴しても納得いかないなら辞めるか「監督代える」って書いているのにピンときまして、昔のことを思い出して書いてみました。「1対1で勝負」するのは重要ですよ。それで勝てれば、確かに試合にも勝てますよ。昨日のドログバもコバチに勝ちました。ジョーコールもグジョンセンも「1対1で勝負」しました。ランパードもしかりです。それでチームも勝ちました。って、確かに「1対1」で勝ったのが勝利の大きな要因だと思うけど、これが勝敗のすべてなのか? まぁ大人の事情で言えない事はたくさんあると思う。上で書いたパルマの時の「プランデッリとの確執」でいろいろ勉強したのかもしれない。でもね。HPでボカシて書いても、あまり意味はないと思うんですよね。オレのことわかる人はわかってくれってって感じなのでしょうか? 
 まぁ一つ言えることは、中田はジーコ監督にとって「貴重な戦力」であると思うけど、ジーコジャパンにとって本当に必要かどうかはわからないってこと。「障害」なら辞退してもいいと言うけど、まぁそれは出来ないわけですよジーコ的には。

>ジーコ 今、現時点では彼らがどうなるかは未知な部分ですね。仮に呼べたとしても彼らの
>そのときの状況がどういったものであるかも考えなくてはいけません。それぞれ高いレベル
>の選手ではありますけれども、この人間がこのポジションのレギュラーであるというのは言
>い切れないわけで、それぞれの状況や他の選手との関係などもいろいろ考えながら決定し
>ていかなければならない事項だと考えています。ですから、今、仮定でどういうことになると
>は、申し上げられません。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200504/at00004448.html

 W杯予選第4戦の控えた日本代表の親善試合キリンカップは、5月22日27日。そしてセリエA最終日は5月29日。つまりふつうで考えれば、中田、中村はここでは合流できないってこと。

 つまりジーコはW杯第4戦のバーレーン戦に、またまたぶっつけ本番で中田、中村、小野をどうするのか決めなければならないってことです。中田がそれほど大きな問題でないという「3−5−2」か「4−4−2」にするかを決めないといけないわけです。まぁジーコがここで誰が「障害」(ベンチ)かって決めて「3−5−2」で臨むのがベストだと思うんだけど、きっと決まんないだろうな。

 ちなみに中田選手についてですが、今は特にファンでもないし嫌いでも好きでもないです。ファンの方で、不快になられた方がいらっしゃいましたら申し訳ありませんでした。
人気blogランキングへ
   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ジーコが決断する日は来るのか? ヒデメールとプランデッリとジーコ doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる