doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 親善試合「ジーコ日本代表対フィンランド代表」本当の雑感! ゴールへの「共通的な狙い」と自覚の大切さ

<<   作成日時 : 2006/02/18 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 8

■勝てたのはよかった! &小笠原と久保のゴールはすばらしかった。

本日時間がないので本当に手短な雑感ですが…、兎にも角にも勝ててよかったです。ゴールとなった2得点ともすばしかったと思いました。1点目は久保の復活ゴールでしたが、コンディションがまだ万全ではないと思いますが「ゴールへの嗅覚」はさすがです。あそこできちんと決めることができる「決定力」はさすがでした。このシーン、右サイドのスローインから小笠原が抜け出して「グラウンダーのセンタリング」を入れるのですが、この「低いセンタリングというかパスで崩す」というのはハーフタイムにジーコから指示があったみたいですね。まぁフィンランドは高さがあるので、スピードで崩すのはセオリーだと思うのですが、ハーフタイムに「チームとして徹底」したことがゴールにつながった気もする次第です。そして2点目は小笠原のロングシュートが決まるのですが、これは狙った小笠原を褒めるべきでしょう。シュートの技術もすばらしかった。このゴール、たしかにフィンランドのGKの判断ミス(前に出すぎ?)もあったと思いますが、彼が前に出たのはなぜかと考えてみますと、それは日本が前半から再三「DFの裏=GKの前のスペース」をロングパスで狙っていたからだと思うんです。つまり小野、小笠原が中盤の底からDFの裏へパスを出し、久保、巻が飛び出す。こういう形が何度もあり、それに備えてフィンランドのGKが前に出ていたと。で、それを逆手にとって小笠原がロングシュートを狙ったと。まぁ、あくまで妄想ですが、そうでなくても遠目からシュートを狙うこと自体がすばらしいわけで小笠原を褒めたいと思います。

■小野と小笠原の「攻撃陣として自主的なリーダーぶり」を評価したいです!

試合はこの2点を守りきった日本が勝ちましたが、個人的にはMVPは2点に絡んだ小笠原と小野を上げたいですね。この試合ボランチで出た小野ですが、よかったと思いました。ゲームメイクしようという意思が確実に感じられましたし、それができる技術も見せてくれました。まぁフィンランドが小野を自由にさせてくれたという面もあったとは思いますが、そういう「自由な状況」でも何もできない選手がたくさんいるってのを忘れちゃいけません(笑)。前からプレスを掛けてきたアメリカと違って、この試合のフィンランドはアウェーらしい(?)守備的な戦いに徹してました。4−4−2(?)で、MFの4人とDF4人で2ラインを引いて自陣で引いた「ゾ−ンディフェンス」を展開。欧州のチームではよく見られる戦術ですが、その結果、日本はアメリカ戦と違って「余裕を持って」パスを回せてポゼッションサッカーを展開できたのは好都合だったのかもしれません。ただ、この日ボランチであった小野とトップ下の小笠原の「ゲームメイク力」があったからこそ、この日のようなポゼッション攻撃ができたように感じてます。まぁこのフィンランド戦のメンツのままでアメリカ戦の前半に同じように「ポゼッション」できたかどうかわけりませんが、小野は下がった位置からサイドチェンジしたり、前線の裏へ「スルーパス」を狙ったりして積極的に攻撃を仕掛けていたのは印象的でした。そして小笠原もあるときはFWのようにクサビのパスを受けたり、あるときは小野とポジションチェンジして「低い位置からゲームメイク」していたりと、自らの意思を持って責任をもって「攻撃していた」のも印象的でした。アメリカ戦ではこういう「自分が音頭をとって、相手を崩そう」という動きがなかったように見えたんですよね。まぁもしかしたら、やろうとしたけど「アメリカのプレス」の前にできなかっただけかもしれませんが。例えば福西。この試合はアメリカ戦よりはよかったと思いますが、攻撃における福西のよさは「パス」でなく「オフザボールの動き」でするすると前線に上がって「パスをもらってシュート」というような見方の選手に使ってもらうようなプレイなんですよね。この試合出てなかった遠藤のプレイスタイルはよく覚えてないというかわからないのですが(笑)、ジーコ日本代表の中盤には少なくとも1人は「パスを出してゲームを作れる選手」が必要だとこの試合見て改めて思いました。まぁそれが小野であれ中田英であれ、どちらでもいいですけど。最後にこの試合で一番よかったシーンを紹介して閉めさせていただきますが、それは前半41分のこのプレイでした。こういう攻撃がもっと見たかったなぁ。

【前半41分】ポゼッションからボールをつないで、中央高い位置で小野がキープ。それを見た右WBの加地がするするっと走りこみ、そこに小野がどんぴしぁのパスを通します。ボールをトラップした加地のすぐ斜め左前はGKのみ。そして加地が、このボールをニアサイドにセンタリング。巻がニアサイドに詰めるも惜しくも合わずにゴールならず。


               ●GK                                                 
                   ●DF ○巻
                 (ニアサイド狙い)   ○加地(サイドから崩し)
                       ↑       ↑ 

          ○小野(意思を持ったゲームメイク)

このシーンは億点の匂いがしてました。小野の卓越したゲームメイク力とパスの技術、そして視野の広さはすばらしかったし、加地の「オフザボールの動き」「トラップ」「センタリング」もすばらしかった。そしてゴールはならなかったものの巻の「狙い」と「勇気」もすばらしかった。まぁゴールできなかったのはいけませんがね。
人気blogランキングへ
週刊ブログランキング
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ジーコジャパン、2−0フィンランドに勝利
先週末にアメリカに完敗したジーコジャパンが、システムを変えて、フィンランド戦に臨んだ。 ...続きを見る
ココカロ
2006/02/18 22:43
日本 vs. フィンランド
後半から見たんですが、まずは勝ててよかったですね^^。 ...続きを見る
Mumble 〜 全力疾走KENのつぶや...
2006/02/19 01:08
小笠原さらに一皮むける
今日は日本対フィンランドの試合です。 会場がエコパだから、俺の友達も結構行ってます。 俺はジュビロの試合は何回もあるけど日本代表の試合は観たことがありません。 ...続きを見る
俺いまサッカーにしか興味ねーから
2006/02/19 06:03
日本代表フィンランド戦で勝利
代表が静岡スタジアムにフィンランドを迎え国内開幕戦を行った ...続きを見る
芸能&スポーツ瓦版
2006/02/19 08:49
vsフィンランド戦 キリンチャレンジカップ2006
日本 2 - 0 フィンランド ...続きを見る
インテリスタのつぶやき
2006/02/19 17:13
松木・セルジオ・堀池揃ったフィンランド戦
松木「え~、川平クン、国歌斉唱するの? いや~すごいな~。」 セルジオ「ま~、サッカー協会も予算が惜しいんですかねぇ?」 川平「日本代表のためなら歌いますとも! いえ、歌わせてください! 僕が歌ったってイイんです!!」 なんて会話があったのかはわかりませんが、フ.. ...続きを見る
EMBAIXADA (エンバイシャダ)☆...
2006/02/19 21:35

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
安心感のある試合運びでしたね。得点シーンについてはいわずもがなですが、PA角で両WBがボールをもつシーンが多かったのにそこからクロスが合わなかったのは、DF枚数が揃っていたとはいえ今後の課題に繋がるかなと。

バイタルエリアを蹂躙した小笠原と、飛び出しで決定的なチャンスを作り出し続けた両ボランチはすばらしかった。あとドリブラーが一人やっぱほしいところですね。前半は特にそう感じました。
RR
2006/02/19 09:06
2003年アウェイのルーマニア戦を思い出すような相手でしたね。
欧州トップレベルのチームを相手に戦えるようにあのような浅いバックラインを敷き、DFと中盤の2ラインを整えて網にかかるのを待つようなゾーンディフェンスが文化となっているのでしょうか。
幸い細かいボール回しでリズムを作っていく日本としてはやりやすい相手でしたね。
スレイヴ
2006/02/19 09:23
雑感の雑感ですが・・・。日本は市船をでかくしたくらいの相手なら「蹂躙」でしょう。試合感戻しには最適でしたね。クロ・オーストはたぶん米国のやり方を参考にするでしょうから、まず前半は、中盤のプレスをどうかいくぐりハーフウェーラインあたりでボールを取られず、サイドを崩されず、高さに耐え、先に点を取られないようにするかでしょう。4−3でも3−4でもいいのですが、守り方というより立ち上がりゲームをどう作るかです。これを大会前合宿だけでやるのは厳しいが、そうなってしまった以上期待するしかありません。そして相手がへたったときに松井・久保投入ではないでしょうかね。なんだかチェルシーみたい。
Mario
2006/02/19 10:24
追:市船をでかくしたくらいの相手:不適切な表現ですね。市船関係の皆さん失礼しました。
Mario
2006/02/19 12:36
>RRさんへ
「クロスが合わなかった」は同意です。私的にはWBには守備よりも攻撃を期待しているので。4バックだとまた少し事情が違うかもしれませんが、WBはガンガン行くべきですよ(笑)。
>スレイヴさんへ
どうもです。「DFと中盤の2ラインを整えて網にかかる」は確かに文化かもしれませんね。文化という表現が正しいかわかりませんが、欧州では確実に「ある」守備の方法です。それの関連をコルチェスター戦の雑感でも書きました。あとスレイブさんのブログを勝手にお気に入りに入れさせていただきました。問題ある場合は言ってください。
>marioさんへ
「プレスをどうかいくぐりハーフウェーラインあたりでボールを取られず、サイドを崩されず、高さに耐え、先に点を取られないようにするか」は私も当初はそう思っていたのですが、アメリカ戦のやられっぷりを見ると正直それは難しい気がしてます。やっぱ「押し込められると」DF陣が耐えられないかもって。まぁわかりませんがね。
doroguba
2006/02/20 19:56
やはり小野は輝いていましたね。小笠原のゴールは、ジーコのキーパーが前に出て気ぎみだから狙えという指示があったから生まれたのでさすがジーコ監督って感じですね。あのゴールは小笠原が蹴った瞬間にキーパーがFWへのロングフィードボールと予測して一瞬重心が前にかかったことにより、生まれたゴールとある番組で元キーパーのかたがいっておられました。やはりキーパーの意見は真実味がありますね。
ドス・サントス
2006/02/21 16:11
>ドスサントスさんへ
小野はほんとよかったですね。このままの調子でW杯を迎えてほしいですが、とりあえずはボスニア戦でジーコが小野と中田英をどう使うかがポイントでしょうか?
doroguba
2006/02/21 19:04
日本の中盤は世界からみても引けをとらないですし、ここの出来いかんでは勝敗を大きく左右しかねないので、それは非常に難しい問題ですよね。私が思うに、ボスニア戦は英をトップ下において、実力の戻り具合を確かめたりするのもいいと思ったりもします。ここで小野のライバルになりかねない長谷部がでてきたので、小野と長谷部の2ボランチというつかいかたもいいと思いますね。戦術とか専門用語にあまり詳しくないので、ひどい内容になってるとおもうので、いろいろとご指導お願いします。
ドス・サントス
2006/02/23 12:25
親善試合「ジーコ日本代表対フィンランド代表」本当の雑感! ゴールへの「共通的な狙い」と自覚の大切さ doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる