doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ストライカーを育てるための解決策」とか「外国人枠の問題」とか

<<   作成日時 : 2006/10/21 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

■ストライカーを育てるための解決策!?

「ストライカーを育てるための解決策としては、Jリーグのクラブが外国人FWを少なくすること。FWの選手をできるだけ買わないこと。もしJリーグがあらたな規則をつくって、2トップのうちひとりは日本人を使わなければいけないというルールができたら、私は4年後のワールドカップで日本のFWが成長していることを保証しますよ」http://www.ocn.ne.jp/sports/soccer/magazine/0482.html

戸塚氏の意見ですが、なんか安直な意見に聞こえるなぁ。これって、つまり「4年後のワールドカップ」のためにJリーグでルールを作るべきというお話なんでしょ? まず、その根本の発想が陳腐であり時代遅れであると私は思いますね。あとは育てるために「強制的に日本人を使え」という発想ですが、私はそれもどうかと思いますよ。個人的にはセルジオ氏のこちらの意見のほうのが、まだ同意できるかなぁ。

■Jリーグの外国人枠の拡大したほうがレベルアップ!?

そのためにわたしは、Jリーグの外国人枠の拡大を要求します。'96年のボスマン判決以来、ヨーロッパ各国リーグでは、外国人枠が大幅に緩和されました。イタリア人、フランス人、ブラジル人、ナイジェリア人などが国籍に関係なく、ひとつのポジションを巡って壮絶な生存競争を繰り広げています。競争が激しくなったことで、リーグや個々のレベルがより高くなったことはいうまでもありません。
ところが、Jリーグはいまだに外国人枠が3人のまま。日本人は8人枠に保護されています。ヨーロッパに比べると、甘い環境だといわざるをえません。しかも、J1が18チームに拡大されたため、J1に出場できる日本人は年々増えてきました。10チームのころには出られなかったような選手にも、出番が与えられているのです。
これが例えば外国人枠が5人になれば、試合に出られる日本人の質は格段に高まるでしょう。外国人に勝たなければ試合に出られないとなると、選手の目の色だって変わるはずです。
「日本人選手はハングリーさが足りない」 としばしば指摘されますが、外国人枠ひとつで解決できるはずなのです。競争が厳しくなれば、選手たちはもっと必死になって、技を磨き、シュートを決めようと努力するはず。試合のレベルも上がるので、お客さんにとっても悪いことではありません。http://number.goo.ne.jp/feature/j-league/interview4/

戸塚氏とはまったく逆の「外国人枠の拡大」をセルジオ氏は提案してます。そのほうがハングリー精神が培われるし、レベルが上がるからと。私はこちらに賛成ですね。まぁ戸塚氏もセルジオ氏も「日本代表のためのJリーグ」という感じで語っているのは、個人的にはあまり賛成できませんが、まぁ結果的にそうなるからということで考えるなら、そうだとは思いますしね。私は別に日本代表のためでなく、単純にJリーグがよりおもしろくなるために外国人枠の拡大してもいいのではと思っているのですが、そうすることによって日本人選手が減るとやっぱサポーター的には問題ありなんでしょうかね? 

■Jの理念とか

もっと言えば「Jリーグの地域密着の理念」的に、日本人選手が少なくなるということは「まずい」ことだったりするのでしょうか? まぁ私には何をもって「地域密着」なのかはわかりませんし、日本人選手というか地元出身の選手がいるほうが「Jの理念」的に合致するところがあるのでしょうか? その昔、高校野球かなにかで地元出身の選手のいない高校が勝って代表として戦って議論になったことがあった気がするのですが、Jリーグではそこまで「地域密着」を求めてないですよね。

■使えないやつは、国籍関係なく使えない

ちょっと話がずれましたが、この「外国人」を減らすべきか、増やすべきかという問題は、難しい問題だと思いますし、一概にどちらがいいとは言えないとは思います。イタリアとかでは戸塚氏みたいに外国人を減らしてイタリア人の若手を育てるべきだという意見もあるみたいですし、一方でドイツブンデスリーガではもうすぐ「枠撤廃」になるんでしたっけ? まぁいろいろと考え方はあるわけです。Jリーグがどちらの道に進むのかはわかりませんし、どちらにも進まないのかもしれませんが、まぁぶっちゃけ別にどちらでもいです。ただ1つ言いたいのは、チェルシーに置いてショーンライトフィリップスはイングランド人だけど、だからと言って外国人を押しのけてまで「使え」とは思わないってことですね。

■要は好き嫌いの問題!

 あせる必要などなかったのだ。G・ネビルとA・コールを本来のポジションに戻し、人材不足のウイングは右にライト・フィリップス、左は応急処置としてオールラウンダーのルーニー。センターハーフはランパードとジェラードが軸で、アンカーにパーカー(あるいはP・ネビル、キング)を起用する4-1-4-1。戦局に応じたフォーメーションの変更はたしかに重要だが、まずは基本を固めるべきだ。ましてプレミアシップのチームは、すべて4バックである。昨シーズンまでミドルズブラの監督を務めていたマクラーレンが、知らないはずはない。(中略) それでもジャーナリズムは、ベッカム待望論を叫んでいる。マクラーレンがアシスタントとしてベナブルズ(元イングランド代表監督)を招聘したとき、彼らは「時代遅れ」と罵声を浴びせた。ところが今度は、すでにピークを終えたベッカムを待望している。イングランドという国は、なぜ前に進めないのだろうか。欧州選手権予選突破への道は、きわめてきびしい。http://www.ocn.ne.jp/sports/soccer/magazine/0481.html

「ピークを終えたベッカム」っていうか、要はベッカムが嫌いなだけだと思うんですけどね。あなたもマクラーレンも。そう言ってくれたほうが、説得力あると思いますよ。まぁ、言えないのでしょうけど、ベッカムがいると前に進めないとは私は思いませんけどね。

まぁマクラーレンも粕谷も、戸塚もセルジオもイアンライトもそうですが、人間、誰しも好みの問題で左右されるところがあるわけで、それがおもしろいところであるんですよね。って、時間がなかったので強引に手短にまとめようと努力してみましたが、まとまりませんでしたし、説明不足でしたし、はしょりすぎました。でも時間がないのでアップしました。では。
人気blogランキングへ
ブログランキングranQ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。スーパーさぶっ!!劇場―痛快!サッカー4コマ漫画 (3)

スーパーさぶっ!!劇場―痛快!サッカー4コマ漫画 (3) (NSK mook)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ストライカーって何だ?
 いつも愛読しているdorogubaさんのコラムにて、ストライカーをどう育てるか、という記事に短いコメントがあった。個人的にはその後に続く外国人枠撤廃よりも、こちらの話を膨らませるほうに興味が向いたので、当該エントリーとはやや関係のないエントリーになるかも。そん ...続きを見る
KINDの日記
2006/10/23 08:52

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
好みはありますよねー、どうしても。それに囚われずに評価できるのがプロだと思うんですが、評論家でもなかなかお目にかかれません。
自分はいまの代表があまり好きではないんですが、別にだからといって批判しているワケじゃないですからね。問題があるから。

ベッカムはなんというか、過小評価されまくってる感じ。クラウチがようやく現れて、ベッカムパワーが発揮できる環境になったというのにね……中盤に一人パサーがいると良いのかもしれません。てか、イングランドは出てくる選手がどうも画一的。

Jは微妙。三人→四人にするとだいぶバランスが変わりますし、日本の法律上海外と同じに出来ない面も多い。まあ、もうしばらくこのまんまで良いんじゃないかとはおもいます。
国籍については、鼻で吹き飛ばす問題(笑)スポーツだっての。ビジネス関係からむとかならわからんでもないが。
RR
2006/10/21 00:38
自分のブログでも同じような内容の記事を書いたことがあります。
三木谷が言っているように外国人枠撤廃はやりすぎにしても5人まで増やすなら良いと思いますね。
ただ、枠を増やすことよりも外国人選手の質を高めることが重要かと思います。日本に適応できる選手だとか明らかに日本人より優れている選手を増やしていかないとダメでしょうねぇ。
additionaltime
2006/10/21 00:38
>戸塚氏の意見ですが、なんか安直な意見に聞こえるなぁ。

よく読みましょう。これはブランキーニ氏の意見です。
流浪者
2006/10/21 03:31
>流浪者
ほんとですねw

俺もどちらかというとJリーグの外国人はより制限すべきだと思います
日本人の若いFWがJリーグに入ったときに、すでに育った外国人とポジション争いするのは普通に無理だと思います

今サッカー選手の年俸って低いですよね?
今の状況でさらにプロ入りすることが難しい状況になったら・・・サッカーを本格的にやる若い奴が減る原因になると思います

Jリーグの外国人を増やすことは、病気で苦しんでいる子供にさらにハードトレーニングを科すかのような荒療治で失敗する可能性が高いでしょう

ハードトレーニング(外国人枠増大)をやるのはいいけどまず病気治して(たとえばサッカー人口の増加、それに伴うサッカーレベルの上昇、Jリーグ人気向上、年俸増大、Jリーグをめざる若年層の更なる増加ぐらいのスパイラルが完成して)からにしようと
龍光
2006/10/21 15:45
外国人枠を使わないチームに助成金を出すのは、どうかな?
競馬でいうなら、内国産馬限定レース
内国産馬
2006/10/21 22:50
>よく読みましょう。これはブランキーニ氏の意見です。

参考に出しているんだから戸塚氏もこれに賛同しているということでしょう。
下手な上げ足取りより本質を意見しましょう。
ヒロ
2006/10/23 12:47
>RRさんへ
「もうしばらくこのまんまで良い」はそうかもしれませんね。別に現状で不満ある人もいないと思うので。
>additionaltimeさんへ
どちらにせよ、要は日本人を鍛えるという視点でなく、Jリーグをおもしろくする視点が重要であると思ってます。
>流浪者さんへ
失礼しました。そうでしたね。
doroguba
2006/10/24 23:17
>龍光さんへ
「外国人とポジション争いするのは普通に無理」とは私は思いませんけどね。私は「病気」とは思ってませんが、もし病気とするなら尚更、優秀な外国人が入ったほうがいいと思いますけどね。
>内国産馬さんへ
「助成金」はいらないと思いますけどね。ふつうに外人より日本人のが使える場合だってあるわけですから。今のjリーグで、優秀な助っ人をたくさん呼ぶのは簡単じゃない気がしてますしね。
>ヒロさんへ
どうもです。これからもフォローよろしくお願いします。
doroguba
2006/10/24 23:22
「ストライカーを育てるための解決策」とか「外国人枠の問題」とか doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる