doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS オシム日本代表にU−22代表の4人が呼ばれた件に対する誇大妄想と、プレスリリースの使い方

<<   作成日時 : 2007/03/23 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

■反町監督の会見について

――A代表に合流している4人には、どういうものを持ち帰ってきてほしいか?
まず、A代表に入ったことで“お客さま”みたいな感じにはなってほしくないですね。今日見た感じでは全くそういうことはないと思いますし、そういうレベルの高いところでやって、やはり刺激になってもらいたいというのが一つですね。それとやはり刺激プラス、“過信”ではなく“自信”を持ってもらいたい。精神的な部分が大きいと思います。精神的な部分で言うならば、やっぱりそれをチームに還元できるように、プレイ、態度で示して欲しいと思います。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200703/at00012656.html

正直、この段階でのU−22からA代表への昇格は早いって気もするんですが、今回オシムが彼らを呼んだのはA代表のためというよりは「U−22の強化のため」っていうのが正解なんでしょうかね。まぁ結局は「U−22の強化=A代表の強化」なわけで、長い目で見ればA代表のためってことになるんでしょうが、今回の招集で改めてオシム指揮下での「U−22代表とA代表のつながりの深さ」みたいなものを感じた次第です。ここからは私の妄想ですが、もしかしたらオシム監督は「U−22の選手のための強化」でなく「U−22監督の強化」のために彼ら4人をA代表に招集したのかもしれないって思ったりして。今回の招集でオシムがどの程度、U−22の4人に接触し指導するかわかりませんが、そこでの「オシムとU-22の選手のやりとり」は否が応でもU−22監督&A代表コーチである反町も目にすることになると思うわけで。まぁいろいろと勉強になりますよね。たとえば練習試合をしたとして、オシムがそこで彼ら4人に動き方の指導をしたとする。そのオシムの言葉にはプレイする選手へのメッセージはもちろん、彼らを同様にプレイさせるU−22代表の指揮官へのメッセージにもなると思うわけですよ。たとえばオシムが「家長よ、もっと大胆に走れ」と言うなら、それは「反町! もっと家長に大胆にプレイさせなさい」ってことになると思うし、「本田よ、もっとボールの無いところで走れ」というなら「反町! 本田には攻撃的にプレイさせなさい」って感じでね。まぁ、これはあくまで私の妄想なんで、ただオシムはA代表の強化のためにだけ呼んだのかもしれませんが、反町はオシムがU−22の選手をどう扱うのか気が気でないのは確かだと思うんですけどね。ってわけで上のインタビューで「精神的な部分で言うならば、やっぱりチームに還元できるように、プレイ、態度で示して欲しい」って反町は言ってますが、その言葉をそのまま反町に返したいと思います。オシムのU-22代表4人への指導法を「チームに還元」してほしいと。にしてもU−22監督とA代表コーチの兼任というのは難しいし厳しい仕事ですねぇ。いわゆる中間管理職ってヤツですか? あっ、それとは違います? がんばれ反町監督!!(以上、敬称略)

■オシム監督のコメントについて

あとついでに気になっていた、このオシムの言葉についてもこの際言っておきましょう。

■プレスリリースによるオシム監督のコメント「今回の18人以外に関しては、21日の試合以降に又改めて、発表する。怪我人が出た場合や、コンディションが思わしくない選手がいるかもしれない。また、今まで呼ばれているのに今回呼ばれなかった選手に関しては、ここ数試合の調子を見てのイエローカードだと思ってほしい。ただしレッドカードのように呼ばれなくなるわけではない。今以上に考えて、いいパフォーマンスを発揮し戻ってきてほしいというメッセージだ」(原文ママ)http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20070319-00000031-spnavi-socc.html

ここで言うメッセージって、限りなく「おばあちゃんへ。おたんじょうびおめでとう。いつもかわいがってくれてありがとう。これからも元気で長生きしてね。太郎・花子」という新聞の個人広告に近いように思えるのは私だけでしょうか。オシムが選手にメッセージを伝えることはすばらしいと思うんですが、それをプレスリリースで行う必要はないと思うんですけどね。まぁ、上のコメントの趣旨は「選ばれなかった選手」に対するオシムの直のメッセージでなく、マスコミやファンへの「選考理由の説明」ってことなんでしょうけど、それにしてもサポーターやファンへのメッセージ性は薄いよなぁ。まぁ試合前の会見とか試合後の会見とかやるんでしょうし、そこでサポーターやファンに向けてのメッセージというものが発せられるんでしょうが、業務連絡は業務連絡としてしかる場所で行ってほしいし、それとは別にファンやサポーターへ向けたメッセージもちゃんと発してほしいというのが正直なところです。(以上、敬称略)
人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。
ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」

ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
サポーターへのメッセージとかは少ないし内容が伴ってないことが多いですよね。パフォーマンスが落ちたにもケガのせいか調子落ちかで違いますし。

ソリマチンはおもいっきり中間管理職の厳しい立場ですね。なんせ社長の方針と部の社員が明らかに噛み合ってない。調整しきれるかなぁ…できないなら成果を残すためには無視する必要も出てきそうです。
RR
2007/03/23 01:07
RRさんへ
「中間管理職の厳しい立場」ですよね。オシムサッカーを実践するには「ちょっとしたコツ」が必要だと思うんですが、それがとてつもなく難しい気がしてます。もしかしたら、オシムの息子さんのやり方を参照するのがいいのかもしれまsねんえ。
doroguba
2007/03/24 00:02
オシム日本代表にU−22代表の4人が呼ばれた件に対する誇大妄想と、プレスリリースの使い方 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる