doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 総括2

<<   作成日時 : 2008/05/17 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

■このタイミング

さらに上層部が愚行をはたらいた。5月12日にボシングワ(ポルト)との契約を正式発表したのである。ポルトガル代表の右サイドバックであり、来るべき新シーズンの即戦力として期待されるが、P・フェレイラとベレッチにとっては事実上の戦力外通告だ。モチベーションは著しく低下したに違いない。
 人望の厚かったモウリーニョとの関係を絶ったのは、アブラモビッチオーナーの意向である。チャンピオンズリーグ決勝が9日後に控えているにもかかわらず、来シーズンの人事を先走ったのも、ロシア人の大富豪がゴーサインを出したからだろう。やはり諸悪の根源は、フットボールに対する彼の姿勢である。
 チェルシーは、この男のエゴによって無冠に終わる危険性が出てきた――。http://www.ocn.ne.jp/sports/soccer/magazine/0632.html

粕谷氏の意見はあながち間違ってないように思えますが、現時点でのグラント氏が考える右サイドバックの一番手はパウロでもベレッチでもないから、あまり問題ないかも。そう。ボシングワの獲得ニュース以前の問題として、今期すでに大事な試合で本来・中盤のエシエンが右サイドバックで起用されているわけですよ。サイドバックが2人いるにも関わらずね。で、ぶっちゃけ、その時点で、すでにパウロフェレイラとベレッチのモチベーションは下がっていたと思えるわけ。そう考えると、このタイミングでのボシングワ獲得は、あまり影響ないように思えるんですけどね。すでに「モチベーションは低下していた」という風に考えればね(笑)。それよりも「チャンピオンズリーグ決勝が9日後に控えているにもかかわらず、来シーズンの人事を先走った」ことが、パウロとベレッチ以外の選手に与える影響のほうが大きいと思うんです。この大事な時期にフロントは何を考えているんだと。もう今期は終わりかと。そういう姿勢でいいのかと。おこるでと。なめるなよ。歯医者いくふりしてミランにいくぞと。それってタッピングみちあなもんじゃないかと。まぁパウロは心優しい好青年みたいだから、たとえ2番手、3番手でも職務をまっとうするとは思いますけどね。

■そのタイミング

グラントにとっては過酷なシーズンだった。モウリーニョの後継者という時点でそのプレッシャーは相当なものである。あらゆる意味で過激だった前任者と比べ、グラントは見た目も普通、強烈なパーソナリティーもないし、記者会見での発言だっておもしろくない。あまりにも異なる両者の個性。就任当初からファンやメディアから監督としての能力を疑われ、批判されることも多かった。http://www.ocn.ne.jp/sports/soccer/magazine/0630.html

本当にいやだったら監督なんて引き受けないよな。普通。そもそも、なんでグラントがモウリーニョの後任となったのかを考えてみよう。彼はいつからチェルシーに来たのか? どうやって、どの職についたのか? そこには当然、野心というものがあったハズだ。それが悪いとは思わないが、変に話を美化するのはやめようぜ。反吐が出るわ。ペッ。

反吐が出るといえば、今売っている雑誌ブルータスの内容もそうですな。村上龍、中田英、アフリカ、環境問題って、ホワイトバンドの続編ですか? 胡散臭すぎる。サッカーを食い物にするなよ。ペッ。
人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ボシングワ獲得はボクも驚きました。
『今さら右SB?』みたいな
別にフェレイラもベレッチもそんなに悪いプレーはしてなかった気がするんで。

今後、ベレッチは移籍か残留かは分かんないですけど。
フェレイラはCBにコンバートしそう気がするんですけど?
そのへんどう思います?
やっぱないですかね?
ジロー
2008/05/17 15:07
こんにちは。
私はフェレイラのしつこいまでのディフェンスが好きです。
彼は与えられた仕事はきっちりこなすタイプと思えるのですが
この監督では上手く使いこなせないのでは?と思います。
モウリーニョは上手く育て、使ったなあと・・・。いい選手だと思うのですけど。
ハイジ
2008/05/22 08:08
>ジローさんへ
フェレイラはどうするんでしょうかね。CBはない気がしてます。
まぁボシングワには来るからにはがんばってほしいですが…。
>ハイジさんへ
「この監督では上手く使いこなせないのでは」はそうかもしれませんね。ただただ残念です。いろいろな意味で残念な最後でした。ほんと残念。
doroguba
2008/05/22 23:49
アブラモーヴィチは次から次へ手を打つのが早いな
モウリーニョなんて遠い過去のことのようだ
やり手のビジネスマンとはこういうものなのか
ドライに見ないと面白くないですね
イヴァナヴィッチ
2008/05/29 01:04
総括2 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる