doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS サッカー日本代表の最終ラインの高さを巡るお話

<<   作成日時 : 2008/07/17 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

森岡が無事でトルシエの「最終ラインを高くすることに拘るサッカー」というのが、どこまで通用するのかということ、そしてそのサッカーを完遂することで、日本サッカーがどう変わるのか? 何も変わらなかったのか? という所は見てみたかったということは、あの2002年の六月を思い返して、最も強く思う「if…」であったりします。
http://d.hatena.ne.jp/toronei/20080712/E

トルシエの「最終ラインを高くすることに拘るサッカー」が、どこまで通用するのか見てみたかった人ってけっこう多いんでしょうかね。それを2006年のドイツで見たかったという人は多かった気もしますが、残念ながらそのトルシエの「最終ラインが高いサッカー」をジーコは引き継ぎませんでした。ジーコはむしろその「最終ラインが高いサッカー」を嫌っていたわけですが、それに対して不満を持っていた人も多かったことでしょう。たぶん、その筆頭が中田英寿。彼はジーコのサッカーがハイラインじゃないことに不満を持っていたように感じました。高原も同様かな? 例の中田英寿が福西と練習中にボールの奪いところで揉めた事件を覚えている人もいると思いますが、それを皮切りに、なんたってワールドカップ直前のドイツ合宿中までボールの奪いどころというか「ラインの高さ」で揉めていたんですからね。当時の中田英寿のハイラインサッカーに対する思いは深かったと私は思っていますが、その最大の理由はやっぱ「トルシエの2002年のスタイルの続き」を試したかったというだったのか? というか、そのトルシエの「最終ラインを高くすることに拘るサッカー」こそが、日本代表が成功する唯一の方法論であるとさえ思っていたんじゃないかな? まぁわかりませんが、私はジーコ日本代表の4年間というのは、ある意味「最終ラインの高低の戦術論」を巡る4年間であったとさえ思っているんですよね。で、私はジーコが去った後でもまだこの「最終ラインの高低の戦術論」の是非というのは結論が出ていないんだと思っています。というかこれは結論は出ない問題なんですよ。だった、どっちも一長一短あるわけですから。そして、その「最終ラインの高低の戦術論」に対して明確な回答をしてくれると期待していたのがオシム監督であったわけですが…。(続く)

この頃のオリジナルラブは最高!
ORIGINAL LOVE DEEP FRENCH KISS
人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
コンパクト・フィールドを作るのは当時もトレンドだったわけで、そのコンパクトを高めに設定するか低めにするかですよね。ベースとしてですけど。トルシェは高め志向だったということでは。 前目の選手は攻撃を考えるからプレスも高めから行きたい、最終ラインの選手は守備を考えるから裏スペースを使われたくない、で間延びする。選手任せにして整備しなかった(できなかった)ということではなかったでしたっけ。 今はアジア相手でも序盤は様子見、警戒してゲームに入るので高いイメージがないだけの気がしますけど。どうなんでしょ。あ、おひさしぶりです。
ラ王
2008/07/17 05:14
私もラインの高低に関しては
>どっちも一長一短あるわけですから
としか言いようのない問題だと思ってます。

それゆえにラインの高低の「是非」議論はどうでもいいというか、ラインを下げるか上げるかよりも「下がってしまった」「上がってしまった(こういう場合もあったりしますよね)」時の対処の方が重要な気がします。そういうものを自分はサッカーのチームに求めていたりします。

で、あのオーストラリア戦というのは明らかに「下がってしまった」という部分があったと思うんです。相手がああいう攻め方(ロングボールでのパワープレーなど)できたわけですから。宮本選手もコメントでそういう感じのことを言ってますし。で、攻撃陣は前でコンパクトか、後方でコンパクト化の二択で議論してたわけで、それなら現実にロウラインという現象がおきてるんだから、普通前線が下がらない?と思ってしまいます。
まあ、前半は指示が届かないので仕方がない部分もありますが、後半はハーフタイムで指示されてんだから「それをやれよ」とは思います。
jerry
2008/07/18 20:50
>ラ王さん
どうもです。現時点でトルシエが最終ラインの後ろのスペースとウイングバックの後ろのスペースをどうケアすべきと思っているのかは興味ありますよね。そもそもスリーバックにするのかも含めて。
doroguba
2008/08/05 13:03
>jerryさんへ
返事遅れてすみません。要は2列目からの飛び出しに対しての対応策ができてなかっただけなのかもしれませんね。マンマーク的にMFが付いて対応するだけでは難しいと思うし、やっぱ最終ラインが飛び出してきた相手2列目の選手に対応しないと対処できないと思うわけで。何が何でもオフサイドトラップ対応はやっぱ厳しかった気がしますがいかに。
doroguba
2008/08/05 15:41
サッカー日本代表の最終ラインの高さを巡るお話 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる