doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 「今後のサッカー界の流れが」と「耐え難い状況」について!

<<   作成日時 : 2008/07/10 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

■視点

ボールを奪ってから、手数をかけずできるだけ早く相手ゴール前のチャンスにつなげる……。こんな攻撃がEURO2008における攻撃面での主流だった。(中略)2年ごとに行われるEUROとワールドカップの傾向によって、今後のサッカー界の流れが決まるとも言われる。できるだけ早くゴールへつなげる、スピードと連動のある攻撃。今後数年間、世界でもこういった戦い方が基盤となる可能性は高い。
http://www.ocn.ne.jp/sports/soccer/magazine/0649.html

うーん、もうしわけないですが、この内容にはちょっと違和感が…。まず「EUROとワールドカップの傾向によって、今後のサッカー界の流れが決まるとも言われる」って書かれていますが、正直いつの時代の話なんでしょうって感じす。今の時代はやっぱクラブの試合が主流な気がしますし、サッカー界の流れを語るならワールドカップよりもチャンピオンズリーグかなって気がするんですけどね。まぁ、個人的な見解です。あと「ボールを奪ってから、手数をかけず」という視点から書かれていますが、今回のユーロで注目すべきところはそこじゃなかった気がするんですけどね。確かに「ボールを奪ってから、手数をかけずできるだけ早く相手ゴール前のチャンス」になるのはわかりますが、それは少なくとも今から約6年前の2002年に日本代表レベルでもわかっていたことなわけで、そこを、あたかも新発見したかのように主流だとか基盤だとか言われても、ちょっとピントがずれているように思えていまいます。まぁ新発見とは言ってないし、単純にユーロを見ていて「そういうスタイルが多かった」から書いているだけなんでしょうけど、それでも私はそこを「EURO2008」という切り口で語っちゃいけない気がするんです。今回のEURO2008であえて語るなら、そういったハーフカウンターなど「高い位置で奪って速攻」をさせないスペインの守備戦術か、もしくはロシアが調子のいい時に披露していた「サイドで人数掛けて崩す」スタイルのどちらかのほうがまだいいように思うんですがね。まぁカウンターさせない守備戦術はモウリーニョがポルトの時からやっていたし、ロシアのサイドアタックも伝統的なお家芸と言えばそうなのかもしれませんが、それでも「ボールを奪ってから、5秒だか10秒で攻める」よりは、まだ新鮮味がある気がするんですけど。というわけで、このレポートの内容は個人的には粕谷の盗作記事よりもヤバイと思ってしまったというのが今回のお話でした。

■耐え難いならサヨウナラ

「クラブ側はフランクを耐え難い状況に追いやっている。確かにフランクはスコラーリ(チェルシー新監督)と話し合い、個人的な感想としてチェルシーでキャリアを終えたいとの意思を伝えた。しかし、クラブとの契約延長の合意には未だ達していない。我々とチェルシーの間で、誤解が生じているのかもしれないが、なぜ彼らがスコラーリに対しフランクの現状を説明していないのか…理解に苦しむ。フランクはチェルシーでキャリアを終えたいとの意思を表明したが、クラブ側は彼の意思をくむ契約延長に応じようとはしていない」とコメント。クラブ側の強引とも取れる展開に対して、厳しい口調で話した。http://news.livedoor.com/article/detail/3723212/

「耐え難い状況」って何なんだろう? 「彼の意思をくむ契約延長に応じない」ことが耐え難いんですかね。チェルシーにそんなにヒドイ条件を飲まされようとしているんだろうか? 奴隷のようにこき使われるような契約を結ばされようとしているのでしょうか? って、そんなことはないハズ。まぁお金の問題だか、契約年数の問題だか知りませんが、そんなにチェルシーがイヤなら去ればいいんじゃないでしょうか。デコも入ったし、正直、ランパードがいなくてもそれほど問題ないと思っています。まぁ、フェリポンがどういうフォーメーションを採用するのかにもよるんでしょうけど、たぶん大丈夫。ランパードは好きな選手だけど、そんなに耐え難い状況なら去るべきでしょう。そのほうがクラブにとってもランパードにとっても、そしてファンにとってもいいはず。

True To Myself

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
深夜試合を観ました。消沈気味のボールが語る過不足の、つまりは転んでもただゴールできたら、優勝に導かれたスペインがんばれと、いまだ寝不足ひこずり願わされてます。
押しだされファン
2008/07/11 18:57
「今後のサッカー界の流れが」と「耐え難い状況」について! doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる