doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS いよいよプレミアリーグ開幕! チェルシー戦プレビュー他

<<   作成日時 : 2008/08/16 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■ダークホース?

 さて、真のダークホースに指名するのは、この夏最も積極的に、かつプレミア向きの実績本位で補強を進めてきたフルアム。マーク・シュウォーツァー、ゾルタン・ゲラ、アンディー・ジョンソン、ボビー・ザモーラ、スティーヴン・デイヴィス(レインジャーズの期限付き移籍帰り、ただし去就は未定)の加入は、昨季際どく残留を果たしたメンタリティーと、ほかの指導者にはない多彩な“救世主”経験を持つホジソンのカリズマとともに、再ブレーク(といってもトップ10狙いが妥当だが)しそうな予感を漂わせる。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0809/england/text/200808150010-spnavi_2.html

東本さんはフラム好きですね。たしか昨シーズンもフラムをダークホースに押していた気がしますが、今期はその予想が当たるんでしょうか? まぁ始まってみないとわかりませんが、私は今期のフラムもなんか昨シーズンと同じ道を歩む気がするんですよね。確かにホジソンは昨シーズンよくフラムを残留させたとは思いますが、あまり印象はよくなかったんで。まぁ昨シーズンは途中からでしたし、今期は違うのかもしれませんが。

■3度目のクラウチ

それよりは、限られた戦力層(現時点で新加入ゼロ)でも着実に成果を出すエヴァートンと、またしても黒人プレーヤーを増強しつつ、出戻りでリフレッシュしたクラウチが計算できそうなポーツマスの方に、より高い確率で4強を揺さぶる予想を立てたい。若干の内紛騒動はあっても、フロントと現場の意思疎通が良好で、長期監督政権を標榜(ひょうぼう)するこの両クラブがずるずると腰を割る図は、近年の安定感からも想像できない。「あっ」と言わせる可能性がわずかでもあるとすれば、その発信源はずばりこの2クラブだと見る。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0809/england/text/200808150010-spnavi_2.html

というわけで明日のチェルシー戦についてですが、そういえばクラウチはポーツマスへ移籍したんでしたね。そうか、「出戻り」なんでしたね。あまりポーツマス時代のころは知らないですが、レドナップ監督とはその時とサウサンプトン時代(2004年)と今回で3度目の同じチームになるんですか? いわゆる恩師みたいなものなんですかね? そもそもリバプールに移籍できたのも、レドナップのサウサンプトンでゴール量産してブレイクできたからだったわけで、きっと馬が合うんでしょう。なので明日はスタメンなのかどうかはわかりませんが、チェルシー的には「レドナップ+クラウチ」の師弟コンビ(?)には要注意。特にヘディングシュートよりも彼のポストプレイに気をつけたい。彼に前線で基点になられて、落としたところをデフォーとかクラニツァールとかラッサナディアラとかにシュート打たれるのは怖いですから。たぶんテリーがクラウチに付くことが多くなると思うんだけど、いつものように高さで負けても自由にやらせないようなプレイをしてもらいたいです。ここはチェルシ−的には勝つための第一のポイントでしょう。あとデフォーの動きにも気をつけたい(って、試合に出るのか?)。そうです、実は今期のポーツマスのメンバーはよく把握してないんで適当に書いているわけですが、確かあまりウイング的なプレイヤーはいなかったような。そこはちょっと安心しているんですが、誰かいましたっけ? まぁいいや。

■デコは活躍できるのか?

というかチェルシー的には守備よりも攻撃ですよ。たぶん守備は昨シーズン同様に固いんでしょうが、チェルシー的には「中盤からのミドルシュート」によるゴールを期待したい。その役割を担うのは、もちろんランパードとデコになるわけですが、きっとやってきれることでしょう。正直デコにはかなり期待しています。
 チェルシーのデコも決定的なプラスアルファとは思えない。使い方次第で不完全燃焼バラックの二の舞になる可能性も捨てきれない。早々に(ユナイテッドを出し抜いて)獲得したボシングァの方が期待できるが、早速オフに故障したとの報告もあり、慣れるまでに少々時間がかかりそうだ。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0809/england/text/200808150010-spnavi_2.html

東本氏はデコのことをあまり評価してないようですが、私はかなりやってくれると思っているんですけどね。デコとバラックでは根本的にプレイスタイルや技術が違うと思うんで、「バラックの二の舞」にはならないと思っているんですが、そもそも東本氏の言う「バラックの二の舞」とはどういうことなんでしょう。目に見える結果を残せないだろうってこと? まぁ確かにゴール数はそれほど上げられないかもしれないけど、攻撃時のゲームメイク&アシストは期待できると思うんですけどね。そりゃプレミアの特有のスピード&フィジカルに苦労する可能性だってありますが、私はすんなりチームに順応できる気がしています。

■アネルカのシーズン?

「練習中のアネルカはすごく良いね。おそらく、センターフォワードとしてプレーすることになるだろう。親善試合でも良いプレーを見せてくれた。ただ、彼は静か過ぎる。『グッドモーニング』と言えば『おはよう』と返してくれるが、こっちが何も言わなければ、彼も何も言わない。静かな人間だからね。われわれはアネルカの心に火をともす必要がある。ぜひ皆さんも彼に言ってあげてほしい。『アネルカ、あなたは最高だ』とね。おそらく、今シーズンはアネルカのシーズンになるだろう。私はもっと、彼の考えをフィールドに取り入れるべきだと考えている。彼はすごく良いクオリティーを持っているからね」http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20080816-00000018-spnavi_ot-socc.html

フェリポン同様アネルカには期待してますが、ポーツマス戦ではとりあえず「ゴールよりもチャンスメイク」の方でがんばってもらいたいですね。そりゃ、ゴールできれば言うことないですが、先ほど書いたようにポーツマスの守備を破るのはカンタンではないので、彼には何よりも「ポーツマスの守備ゾーンをぶっ壊す」動きを敢行してもらいたいです。サイドに開いたり、下がったりして。特にサイドのスペースへの飛び出しはポイントな気がしています。サイドに開いてサイドバック&中盤と絡んで崩せば、ランパードやデコのゴールのお膳立てができると思うので、それを期待したいです。あと、バラックが出るなら彼のゴール前での高さにも期待したいんですが、ポーツマスの最終ラインは高さには強いから単調な攻撃だけだと厳しいでしょう。開幕早々、厳しい戦いになる予感もしますが、サイドからの丹念な崩しとミドルシュートとフェリポンの柔軟な戦い方に期待したいです。

■プレミア制覇?

ちなみに、本日はエバートン対ブラックバーン、リバプール対サンダーランドなどを観戦する予定ですが、特にリバプール対サンダーランドに注目したいです。

「われわれは、すべての試合に勝利を収めることを目標にしている。そして、すべての大会でベストの成績を残すことを目指している。しかし、もしその中でひとつを選ばなければならないとしたら、すべてのサポーターが望むプレミアリーグ制覇を選ぶ」http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20080816-00000016-spnavi-socc.html

ベニテス監督は「プレミアリーグ制覇」を掲げたようでチェルシーファン的にはちょっと厄介な気がしているんですが、はたしてその言葉が本当なのかどうか本日チェック! って、実はリバプールよりも本当は「2年目となるロイ・キーン監督」が果たしてどういう戦い方をするのかのが興味あるんですけどね。
人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
いよいよプレミアリーグ開幕! チェルシー戦プレビュー他 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる