doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS チェルシー対ウエストハム戦プレビュー

<<   作成日時 : 2008/12/12 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今では
全てが死んでいる
それが事実さ
でも恐らく
その死んだものはいつか
帰ってくるさ
メイクをして
髪をかわいく上げ直してよ
そしてアトランティックシティーで
今夜オレと会って欲しい
http://kashiwayaku.net/brucespringsteen/atlantic.php
Bruce Springsteen - Atlantic City 1985



■難攻ではあるが不落ではない

ウェストハムの監督としてロンドンに舞い戻ったジャンフランコ・ゾラ。就任から現在に至るまで積み重ねた勝ち点は決して多くないが、志向するフットボールのスタイルはハマーズ・サポーターの支持を勝ち取ったようである。しかし、フットボールのサポーターは、これは一般論であるが、気の長くない人間の集団により形成されるものである。ゾラにしてみればそろそろインパクトを伴った結果が欲しい。そんな折のロンドン・ダービー、スタンフォード・ブリッジ再訪である。
スタンフォード・ブリッジの住人と、彼らに愛されたゾラの再会は心温まるシーンとして予定調和的に用意されているに違いないが、そんな暖かいウェルカムに張り手をお見舞いするような戦いっぷりをゾラのウェストハムに期待したい。対するチェルシーは、ミッドウィークにホームでチャンピオンズリーグ決勝トーナメント勝ち抜けを(実に予定調和的に)決めたが、それはグループリーグ最下位が決定していたCFRクルージュ相手に手を焼いた上での辛勝だった。今シーズンのスタンフォード・ブリッジは難攻ではあるが不落ではないのである。
http://www.jsports.co.jp/press/column/article/N2008121215134702.html

確かに今期のスタンフォードブリッジは「不落」ではないです。ただ敗れたチームはリバプール&アーセナルという実力あるビック4のチームなわけで、闇雲に「スタンフォードブリッジで勝てなくなった」とするのは違う気がするんですが、どうなんでしょう? まぁ、モウリーニョやグラントの時は「ビック4であろうと関係なくホームで負けなかった」ところがすごかったわけで、それから考えると今のフェリポンのチームは「普通(?)」に成り下がったってことなのかもしれませんが…。

■因縁のロンドンダービー!

というわけで、ウエストハムとのロンドンダービーです。なんといってもゾラ監督&クラークコーチですからね。今まで以上にさらに「縁が深くなった」気もするわけですが、いったいどんな雰囲気での試合になるのかちょっと想像できないんですが、まぁスタンフォードブリッジだといつもとあまり変わらないんでしょうか。実は今期のウェストハムの試合はちゃんと見たことないんですが、結果だけ見ると、ここのところあまり勝ててなく苦しんでいる感じ? ただ、メンツを見るとそれなりの選手がいるんでけっして侮れないんですがね。FWはアシュトン、ベラミー、カールトンコール、ディミケーレ。MFにボアモルチ、スコットパーカー、ベーラミ。DFニール、アップソン&GKグリーン。誰が怪我しているとかコンデョションの良し悪しとかわからないんだけど、名前だけみればそれなりの選手がそろっています。中盤&DFはちょっと手薄な気もしますが、チェルシー的には「そこ」をあざとく攻めたいところ。個人的には「2トップ」を試してもらいたいんですが、基本はクルージュ戦のスタメン+ランパードってところが妥当なんですかね。GKチェフ、DFボシングワ、アレックス、テリー。アシュリーコール、MFミケル、バラック、ランパード、FWジョーコール、アネルカ、デコ? アネルカのところをドログバに変える可能性もあるかもしれませんが、なんにせよ私はワントップが濃厚な気がしてます。2トップにするならジョーコールがベンチなんでしょうが、まぁもしかしたらコンデョション次第ではそれもあるのかもしれません。

■カギを握るのは?

攻撃のカギを握るのはやはりデコとランパードでしょう。その2人が中盤で余裕でボールを持てるようならかなり楽なんですが、はたしてウェストハムがそれを許してくれるのか? 中盤でガツガツ肉弾戦を仕掛けてくるのか、それとも「カテナチオ」するのか、その両方なのか? ゲームのカギはやっぱそこですかね。「守ってカウンター」というのがセオリーな気がしますが、ゾラ&クラークがどういう戦い方をしてくるのか注目したいです。で、チェルシー的に気をつけたいのは、ベーラミ&ディミケーレら「元セリエA」な人たちですかね。個の突破力もあるんで、カウンターからの彼らの攻撃には注意したいところ。まぁ、ともかくゾラ&クラークとの因縁の戦いなので、おもしろいいい試合を期待したいです。

ここでは
勝者と敗者しかいない
間違ったほうに行かないように
しないと
敗者に終わった事を
暴露するのは飽き飽きしてる
それで昨晩
この男に会って
彼の頼みを聞いてやるんだ
http://kashiwayaku.net/brucespringsteen/atlantic.php
Bruce Springsteen - Atlantic City [Live Acoustic]

正直、子供の頃はブルース・スプリングスティ−ンの「ネブラスカ」は
あんまり理解できてなかったんだけど、今ならば少しは理解できる気がする。
ああいう手法でアルバム作っちゃうのもありかなって。
私はリアルタイムにその時代を生きていたんじゃないんで何ともいえない
んだけど、なんとなくそういう時代でもあったのかしら?

オベーションのギターにジーンズにバンダナ。
それがスプリングスティーンのすべてだと思っていた人はけっこういるんだろうけど、
その人たちは今、はたして勝者となっているのか、それとも敗者となっているのか?

ゾラもフェリポンも「間違ったほうに行かないように」したいんだろうけど…。



人気blogランキングへ

ライヴ・イン・ニューヨーク・シティ [DVD]
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
2001-12-19
ブルース・スプリングスティーン&ザ・Eストリート・バンド

ユーザレビュー:
ボス最高!!前から購 ...
走り続けることの意味 ...
やはり、E STRE ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




Rock-Tブルーススプリングスティーン ロックTシャツ  USA仕入れ(古着)
Pick アメリカ&ヨーロッパ古着
サイズサイズはS相当です。 寸法:身幅45着丈55(cm)。 状態状態は普通(目立たない汚れ・小さな


楽天市場 by ウェブリブログ





Rock-Tブルーススプリングスティーン ロックTシャツ USA仕入れ(古着)
Pick アメリカ&ヨーロッパ古着
サイズサイズはXL相当です。 寸法:身幅59着丈76(cm)。 状態状態は普通(目立たない汚れ・小さ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
チェルシー対ウエストハム戦プレビュー doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる