doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS いよいよお披露目ヒディンク・チェルシー というか対アストンビラ戦プレビューみたいな

<<   作成日時 : 2009/02/21 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、いよいよヒディンク・チェルシーのお披露目です。1週間まるまる練習できたのは大きいと思うけど、どこまでプレッシング守備に磨きをかけることができたのだろうか? とりあえずは、そこに注目ですかね。そうなんです。ヒディンクと言えば、やっぱプレッシングでしょう。鬼プレスでボールを奪ってハーフカウンター。これは間違いなくやるんじゃないですかね。となるとポイントとなるのは選手たちの体力と運動量となるわけだ。今回の就任にあたって特にフィジカルトレーナーのスペシャリストとか連れてきてないみたいだから、そこをどのようにケアしていくのか。

■ベニテス的? オシム的?

ほら、たとえばモウリーニョには優秀なフィジカルコーチと「ボールの休息」なる戦術があり、選手のフィジカルをできる限り考慮していたわけだけど、ヒディンクにはそういう「術」があるのかどうかは気になるところなんですよね。もし無いなら、考えられるやり方は2つ。つまりベニテスばりの「ローテーション」を駆使して選手を試合に出さないことで回復させるか、もしくはオシム的に「てめえら明日のことなんて考えずに根性で走れ。なせばなる。というか、若くて回復力ある若手ちゃんに労働者として働いてもらっちゃおうかな〜。あら、あら元気ねぇ」とローテーションも特にやらずに「若くて体力あるヤツに頑張らせるか」(&ベテラン選手に考えて走りなさいと諭すとか? って、ごめんよ。よく知らないんだオシム氏のコンディション調整は)。ってことを踏まえてこのニュースとか読んでみると、どうですか?

ロシア代表でも経験の浅い若手を起用して、EURO2008の準決勝まで勝ち進むチーム作りをしたヒディンク監督は、「どんなビッグクラブだとしても…… 若手のためにスペースを作るものだ。常に期待の若手が出てくるから、目を光らせていないといけない。トップでやる力があると思えば、ためらいなく起用するよ」と話した。
 ヒディンク監督は前日の16日には、ロマン・アブラモヴィッチ・オーナーと共にリザーブの試合でチェルシーがポーツマスに6−0で快勝するのを観戦している。
http://news.livedoor.com/article/detail/4022375/

「期待の若手」の「期待」はプレッシングマシーンとしての「期待」? まぁわかりませんがエシエンが復帰するまでは、もしかしたら「若くてイキのいい労働者」が大抜擢される可能性も無きにしも非ずな気がしているんですがどうでしょう。まぁランパードとかテリーはそういう喧嘩サッカーのが得意だと思うし、当然、ヒディンク体制でも軸となると思うんだけど、バラックとデコをどうするかなんだよなぁ。

■サイドバックどうする?

ってわけで練習内容とか知らないんであくまで個人的な憶測なんですが、スタメンを考えてみよう。まずフォーメーションは「4−3−3」の継続で、ワントップにポストプレイヤー・ドログバを配置ってイメージ。電柱はやっぱ置くと思っているんですが、アネルカとドログバをどのように起用するのかってのは、まだわからないところですよね。あとサイドバックの人選が興味深い。ビラ戦はアシュリーコールが出場停止なんで代わりにパウロ・フェレイラの可能性大ですが、ちょいと守備に難点があるボシングワをどうするのか? ここも注目点ですね。フェリポンはサイドバックにともかく攻撃力を求めたけど、ヒディンクはもっとバランスを考える気がするんだ。というかプレッシング戦術から考えた人選? だとするとボシングワって、かなり微妙な気がするんだけど、ヒディンクがそこをどう考えるか。もしかしてマンシエンちゃんの登場ですか? って、ワトフォード戦見た限りではそこまで守備力ない気もするけど、どうなんだろう。とりあえずは、ヒディンク采配の見どころはそんな感じ。

■ビラの弱点?

さて、対戦相手のビラだけど、ラウルセンの抜けた穴はやっぱ狙いどころですかね。ナイツとデービスはでかいけど、守備力はそんなに凄くもにないわけで、バイタルエリアをうまく霍乱できれば、おもしろいかなと。もちろんバリー、シドゥエル、ペトロフらの守備力は侮れませんし、前線には「高い」のと「速い」のが揃っているからね。カウンターには要注意よ。となると、やっぱボシングワをどうするかなんだよな。 
人気blogランキングへ
↑おもしろかったらクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
いよいよお披露目ヒディンク・チェルシー というか対アストンビラ戦プレビューみたいな doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる