doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS ファーガソンのシティ批判とテリー残留、サンドニはない?

<<   作成日時 : 2009/07/28 05:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■ファーガソン

「シティは小さなメンタリティしかない、小さなクラブだ。彼らが話題にするのはマンチェスター・ユナイテッドのことだけ。これまでずっとそうだったし、そこから逃れることはできないんだ」
「彼らが今やっていることはバカとしか言いようがない。あまりに傲慢だといつか墓穴を掘るよ。やつらはテベスをマンチェスター・ユナイテッドから奪ったのが手柄だと思っている。情けない話だ。もっとも、彼はもっとずっと前にシティに行ってもよかった」
「彼らにいったい何ができる? (プレミアリーグの)トップ4に入るのは簡単なことじゃないんだ。選手を集めたのが最大の功績になりそうだね。せいぜいそんなところだよ」
「彼らは金のために集まってきた。最近はそれが人々を引きつける大きな魅力になっている。それが彼らがあそこへ行った理由だ」
「聞いたところによると、エマニュエル・アデバヨルか彼の代理人が、彼がシティとの契約に合意したあとでうちに電話をしてきた。チェルシーにもそうした。彼がマンチェスター・シティに行く理由は、1つしかない。チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドに行けなかったからだよ」http://news.livedoor.com/article/detail/4268281/

ファーガソンが、こういう発言するの嫌いではない。というか、むしろ好き。まぁ、ちょっとヤバイかもって気持ちがあるから「心理戦を仕掛けている」ところもあるんでしょうけど、いずれにせよファーガソンの「プレミアトップ4に入るのは簡単なことではない」って考え方は間違ってはないと思います。ただ、この夏にそのトップ4から、FWが2人もシティに移籍しちゃっているのが問題なんですよね。だから、シティが戦力的に「トップ4に近づいている」のは間違いないんでしょう。だから、うまく戦えばトップ4に入れる可能性はあると思うんです。うまく戦えればね。さて、マーク・ヒューズは、この戦力ならうまく戦えるんでしょうか? ちなみに昨シーズンを振り返ると、昨シーズンだってシティはそれなりの選手がいたんですよね。ロビーニョ、ベラミー、SWP、ギブン、エラーノなどなど。でも最終的には10位でのフィニッシュ。なんとウェストハムよりも順位が下だったんですよね。これは、なぜか? 何が問題だったのか? 怪我人が多かった? ロビーニョがプレミア1年目でまだ慣れてなかったためか? 選手層の問題だったのか、それとも戦術的な問題だったのか? その両方だったのか? そこをちゃんと分析して修正できないと、いくら戦力をアップしたからって、結果は似たり寄ったりになる可能性はあると思うんです。もちろん、1人のすごい選手がチームに入るだけで「変わる」ことだってあるし、それが今シーズンにシティに起こる可能性だって十分にあるわけですが。

■テリー

「シティからオファーがあって、ピーターから電話をもらった。そこで休暇を終えたら、すぐにその問題にとりかかると決めていたんだ。そしてプレシーズンに合流して、発表したんだ」
「また、キーとなるチームメイトの将来に関する保証が欲しかったんだ。A・コールやドログバのような選手だね。ランパードのように彼らも残ってくれる。これは僕にとって重要な問題だったんだ」
そしてテリーは、決断にファンの存在が大きかったことを明らかにしている。
「もちろん、重要な存在だよ。キャプテンになって以来、ファンとは常に良い関係を築いている。彼らは何度も僕を助けてくれた。トップチームでプレーする準備ができていなかった頃でさえね」
「彼らの存在は大きいよ。彼らとは良い関係を築けているから。今後も長く続くだろうね。僕は常にチェルシーに残ると言ってきたし、ありがたいことに、今はすべての推測も報じられなくなって、フットボールに集中することができるだろうからね」http://news.livedoor.com/article/detail/4269518/

テリーが残留発表。まぁ、人生の選択は慎重にすべきだと思うし、じっくりと考えたうえでの決定ならすばらしいんじゃないかしらね。まぁ、チェルシー的視点で言わせてもらえれば、わざわざライバルとなりうるチームに主将を捧げるなんてアホな真似はしませんよ。そりゃよっぽど金に困っていたり、その選手とチームの状態が悪かったりすればわかりませんよ。わざわざ、自分の首を絞めることはしません。って昨シーズンSWPとブリッジの2人を捧げちゃっているんだけど、まぁ彼ら2人は「チームに不満」があったわけですから、あの移籍は仕方がなかったかなとは思っているんですが、さすがにレギュラーは出さないでしょ。

■あれから何年?

「アジアの王者というだけでは力不足なのだとわかりました。フランスでの経験でアジアの王者のレベルでは、ヨーロッパ、世界レベルにはとうていおよばないことがわかったのです。あの試合で私の考え方も見直すことができ、フランス戦に使った若手選手はまだまだだとわかりました。忘れてはならないのは、こうした試合で間違いを犯すことで、まず私自身が、そして選手もいろいろとミスすることで、その修正点、解決法をみつけることができたのです」http://news.livedoor.com/article/detail/4269291/

岡ちゃんは、すでに「方法論は合っている」と悟ったみたいだし、下手にここでサンドニ的な経験したら、投了となっちゃう気も。ってサンドニ的な大敗って、そうはないよ。よっぽどヘタレな戦術で、天候的、フィジカル的な問題が併発しない限りは。以上。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ファーガソンのシティ批判とテリー残留、サンドニはない? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる