doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS ねぇ、みんな、理想のサッカー日本代表って、いったいどんなチーム?

<<   作成日時 : 2009/09/03 22:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 8月27日から英マンチェスターを皮切りに、スペインのビルバオ、バルセロナなど欧州視察中の日本協会・犬飼基昭会長(67)が、代表選手の海外挑戦を奨励する考えを示した。「これからの日本代表は、みんなが海外のレベルの高いクラブで活躍することが理想だ。そのメンバーが一斉に集まれば、非常に大きな相乗効果が期待できる」。将来的に日本代表全員が「海外組」となることを理想とした。
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20090903-538917.html
森本はまだA代表には招集されていないし(※のちに招集される)、本田は私の記憶では3試合くらいしか出場していないはずだ(※実際には6試合)。現在、日本代表に入っていて、欧州でプレーしているのは、中村(俊輔=エスパニョル)、松井(大輔=グルノーブル)、稲本(潤一=レンヌ)、長谷部(誠=ボルフスブルク)くらいしかいない。その中でレギュラーなのは中村と長谷部だけ。日本の選手のうち、およそ45人くらいのグループがヨーロッパでプレーするようになったら、ようやく日本のサッカーは「成長した」と言えるだろう。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/2009/text/200909020003-spnavi_2.html

犬飼会長とトルシエ元日本代表監督の2人が、ここで述べていることは同じと考えていいのかしら。つまり、2人ともJリーグから欧州リーグへの選手の移行(流失)が、日本サッカー代表の強化につながると考えているということでOK? うーん、どうなんでしょうね。それって、ぶっちゃけジーコ日本代表みたいなのが最高って考え方であり、逆言うとオシム日本代表的なアプローチは駄目なんじゃね的な考えなんだよね。まぁ監督がジーコでなく他の誰かさんで、メンバーが“ジーコ日本代表”みたいなものが理想ってことなのかもしれないけど、たとえば犬飼氏は監督が岡ちゃんで選手が“ジーコ日本代表”だったら強くなるみたいなイメージを持っているのかしら。って、そこまで犬飼氏が「岡ちゃんゾッコン」なのかどうか知らないし、岡ちゃんが監督であること“ありき”でこの「選手オール海外組最強説」を語るのはイジワルかな。

じゃ、ここでみなさんに質問です。
選手はすべて海外組で監督は岡ちゃんという犬飼氏理想の日本代表」と、「選手はすべてJリーガーで監督はオシムという日本代表」はどちらが強いんでしょうか?

試合で実際にプレイするのは選手だから、やっぱ犬飼氏理想の日本代表のが強いのかな。
それとも希代の名将オシムがチームをコ−ディネートすれば、選手はJリーガーでも強いのかしら。

というか、監督がオシムでなくてもJリーガーだけでチームを構成するほうが強い? 

まぁ確かに、これまで海外のチームへ移籍して干されて駄目になってしまった選手は山ほどいるわけだし、海外組の選手が必ずしもJリーガーよりいいとは言えない気もするよね。

いやいや、かつての中田英寿とか中村俊輔とか長谷部とか、海外でバリバリにプレイしている選手がいるほうがチームは強い? 

というわけでまとめますと、犬飼氏が言う海外組ってのは、中田英寿とか中村俊輔的な「レギュラーの選手」であることが前提で語っているんだろうし、それに海外の所属するクラブというのは、欧州主要リーグの中堅クラブかビッククラブが理想ってことなんでしょう。

確かにそうなればおもしろいと思いますよ。プレミアリーグで3人、リーガスパニョーラで4人、セリエAで2人、ドイツ、オランダで10人とか、いわゆる海外組が主要リーグの中堅チームのバリバリのレギュラーであるとかさ。

でもさ、現実的に考えて、果たして将来的にそうなれる可能性はどれくらいあるんでしょう。

まぁ現状でも中村俊輔選手や長谷部選手を始め、若手でも本田選手や森本選手ががんばっているみたいですし、
もしかしたら不可能ではないのかもしれないけど、私は今後、飛躍的に海外で成功する選手が増えるようには思えないんですよね。

それは日本やJリーグの問題というよりも、むしろ欧州クラブの問題として、日本人海外組の増加が難しい気がするんですわ。

お金の問題しかり、UEFAやFIFAの方向性しかり。

まぁ、わかりません。もしかしたらトルシエの言うように海外組45人という状況になる日がくるのかもしれませんが、ただ、これまでの日本代表の歴史と、サッカー界の現状を踏まえて考えてみると「代表強化」の方法論は「海外組を増やせ」というベクトルではない気がするんですよね。

もちろん海外の主要リーグで活躍できる日本人選手が増えてくれることに越したことはないし、個人的にはそうなって欲しいと思ってますが、現実的に考えたら「選手はすべて海外組で監督は岡ちゃんという犬飼氏理想の日本代表」を目指すよりも、 「選手はすべてJリーガーで監督はオシム的な名将という日本代表」を目指すほうがいい気がするんですよ。

まぁ、理想は「選手はすべて海外組で監督はオシム的な名将」というチームなんでしょうけど、そもそもオシム的な名将がチームのメンツを「Jリーガはゼロですべて海外組」で構成するのかって言われれば、それはない気もするんですけどね。

以上、代表ウィーク暇つぶしエントリーでした。

人気ブログランキングへ
↑読んで面白かったらクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、お久し振りです。
クラシックというかオーソドックスなテーマですけど
改めて考えてみると非常に面白い。

日本人が海外でプレーする数の可能性は同意です。
日本人は所詮欧州リーグで欧州外の存在ですからね。
南米、アフリカ、その他の国の選手と競争しないと
ダメですしね・・・。
交代枠を含め、14〜15人が海外主要リーグでスタメンそれに準ずるレベルが
最大限の理想かな?
コージ
2009/09/04 21:34
>コージさんへ
どうもです。コメントありがとうございます。
そういえば、今「欧州外の人数制限」ってあるんでしたっけ? 
なんとなく、そういう制限枠という問題を抜きにしても難しい気がするんですよね。中田英寿の時代は海外開拓に「明るい未来」ばかりが見えてましたけど、市場全体でなんかバブルが弾けちゃった感みたいなものがあるというか…。
doroguba
2009/09/05 00:05
ねぇ、みんな、理想のサッカー日本代表って、いったいどんなチーム? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる