doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡ちゃん日本代表は、これからW杯に向けてどう備えるべきか? 新戦力をどう遣うべきか?

<<   作成日時 : 2009/10/06 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて代表ウィークですが、試合は残念ながらフジテレビのCSでの放送が中心みたいですね。そのチャンネルには加入してないし、加入するつもりもないので他の国の試合は見れませんが、もしかしたら日本代表の試合はワンセグで見るかも。

というわけで日本代表についてですが、この2週間で3試合もやる予定みたいですね。まったく知りませんでしたが、ぜひ岡ちゃんには有意義に活用してもらいたいところ。ではここで、ちょっと前に書かれたセルジオのコラムを引用させていただきます。

10月上旬に香港、スコットランド、トーゴと戦う日本代表のメンバーが発表された。岡田ジャパンにとって新戦力となる、清水のDF岩下敬輔、FC東京のMF石川直宏、カターニアのFW森本貴幸といった面々も招集されている。森本は特に、岡田監督が待ち焦がれていた選手じゃないかな。石川もケガがありながらJリーグで結果を残してきたし、みんなが見たい選手だろう。http://news.livedoor.com/article/detail/4375775/

なるほど。香港とスコットランドとトーゴか。スコットランドはなんかよく戦っている印象があるのは気のせい? まぁ他に空いているチームがなかったんでしょうが、お得意さんを持つのはいいことだよね。ジーコのときのアルゼンチンみたいなのが理想なんだろうけど、今のアルゼンチンはそれどころじゃないからね。で、森本か。まぁスーパーサブとして使えるかどうかがポイントかな? 石川はJリーグ見てないので、最近のプレイ姿がまったく浮かびません。って森本も見てないから、知らないのはどちらも同じなんだけどね。というかJリーグもドイツもスペインもオランダもノーチェック南野で、日本代表の選手のプレイぶりはまったくわかりません。そもそも、最近あまりそれに興味ないし。

今回の3連戦のうち、公式戦はアジアカップ予選の香港戦だけだ。スコットランドとトーゴ戦は親善試合で、スポンサードしている企業には申し訳ないが、これまで同様、相手は特にモチベーションもなく、2軍レベルのチームでやってきて、緩い試合をして帰っていく可能性は高い。
だからこそ、そこで結果に一喜一憂してもしょうがないので、新戦力の起用を有意義なものにしなければならない。

これって、つまり「2軍レベルのチーム」に対しては、こちらも「2軍」で迎え撃てば、有意義になるぞみたいな感じ? まぁ、確かに2軍を試すのにはプレッシャーも少ないし、いい機会なんでしょう。ただレギュラーで戦って、相手の2軍をコテンパンにやっつけて勢いをつけるって考え方もあるんじゃないかな。

しかし、新しい選手を試すのに、途中から使うのではあまり意味がないね。試して判断するなら、先発起用しないと。計算できる選手をいくら見てもしょうがないし、それによってチーム内でアンタッチャブルができるのも良くない。

これについては、私はちょっと違う意見を持っています。チェルシーについても言っていますが、個人的にはアンタッチャブルは必ずしも悪だとは思ってないからです。ドログバ、ランパード、テリー、チェフとか、いわゆる「チームの屋台骨」的な選手はいてもいいと思うんです。日本代表で言うなら、中村俊輔とか遠藤とかトゥーリオとか中澤とか。で、そういうアンタッチャブルな選手を軸にして、彼らと新戦力がフィットできるようにするためにスタメンで起用するってのは方法論的にはありだと思うんですよね。つまり「計算できる選手をいくら見てもしょうがない」って発想ではなく、「計算できる選手と新戦力がフィットできるような有意義な時間にする」って発想。だって、よくいるじゃないレギュラークラスがいない「2軍」では伸び伸びとプレイできるけど、「1軍」に組み込またとたん孤立してボールが回ってこないといういじめにあう金髪の選手ってさ。で、アピールしようとして「1軍の主力」と気まずい関係になってしまい、監督があとでフォローするなんて、お話は学生レベルでなくてもよく聞く話。つまり「新戦力だけ」という環境でいくら試合をやらせても、あまり意味はないと思うんですよね。もちろん、これが4年後を見据えた強化ってのならありだと思うんだけど、少なくとも1年後の大会を考えるなら「アンタッチャブルと新戦力の融合」を図るべきだと思うんですよ。

新戦力が台頭して、チーム内で競争を生めば、いろんな意味で盛り上がるだろう。途中出場で10分、15分使っただけじゃあ、テストとは言えない。使うなら先発起用。3連戦は大胆な選手起用を期待したいね。(了)
http://news.livedoor.com/article/detail/4375775/

競争は確かに必要だと思うけど、それと同時に「チームを成熟させること」も必要だとは思うけどね。「途中出場で10分、15分使っただけじゃあ、テストとは言えない」って言うけど、そういうテストも現実的にはありだよね。負けている時に起用するスーパーサブの選手とか、勝っているときにつかう「守備固め」の選手はW杯では必要になると思うし、そういう選手が起用される時間は実際のところ「10分、15分」となる可能性が高い。新戦力の台頭は確かに必要だと思うけど、かといって今のレギュラー選手が全員そのポジションが白紙となって、11人すべての選手が新戦力の選手に様変わりするのを期待するやり方は、このタイミングではあまり好ましくないと思うんだ。前にも書いたけど「若さ」に期待するのもいいけど、それよりも「経験」という要素をもっと大切に考慮に入れましょうってのが私の考えでもあるわけで。まぁ、フランスW杯の時に、あのタイミングでカズを外した人が現監督なわけですから、これから11人総とっかえしても別に驚きではなんですが…。個人的には「新戦力」への過度の期待が生じて、フランスW杯時の「若手抜擢&主力切り」という「駄目なサイクルの繰り返し」が起きないことを祈るばかりです。

今のまま突き進んでも、来年のW杯本番で勝てないのは誰もがわかっている。わかっていながら、盲目的に煽り、世論も扇動され、案の定惨敗し、にもかかわらず一寸の反省もない、というサイクルが繰り返されてきたんだ。その流れにはファンも嫌気が差している。このままではダメ。本大会に向けて、日本代表はもっと活性化しなければならない。


人気ブログランキングへ
↑読んで面白かったらクリック願います。

店とかで、有線とかで、中途半端に下クソなJポップを聞かせられると、正直きつい。
音質の悪いユービートもどきを聞かされるのもつらいけど、Jポップのほうがくだらない歌詞
という「言葉の暴力」も付いて来る事があるので厄介だ。
このところマジで、この世の中には「無駄な歌」がたくさんあると思うようになった。
もちろん、昔から「無駄な歌」「いらない歌」なんて山ほどあったんだろうが、昔はもっと
それらの不快なる雑音は、どこかでちゃんとチェック機能に引っ掛かって、
我々大衆まで届かないように処理されていたと思うんだ。

マジですばらしい音楽だけ聴いて生きていたいと思う。
DeBarge. I Like It

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
岡ちゃん日本代表は、これからW杯に向けてどう備えるべきか? 新戦力をどう遣うべきか? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる