doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS CLインテル予想&「岡田ジャパン こだわりの戦術はどこへ」を読んで

<<   作成日時 : 2010/03/31 18:32   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は試合見れなかったんですが、どうやらユナイテッドがファーストレグを落としたようですね。まぁまだ1点差&アウェーゴールを取れたようだし、ユナイテッドがセカンドレグで逆転する可能性も十分ありだと思うんですが、それよりも、このファーストレグの結果が今週末のプレミアリ−グ・チェルシー戦でどう影響するかの方に興味があるわけで。例によってファーガゾン卿が「下手なターンオーバー性」でもしてバレンシアかナニを温存してくれれば儲けものなんですが、さすがにそれはやらないかな? って、なんだバレンシアはバイエルン戦・後半25分に投入かよ。トホホ。って、まぁチェルシー戦に照準合わせるほうが普通ですよね。望むところです。ベストメンバー、カモン! 負けないぜ!

ってわけで、ユナイテッド戦についてはこれくらいにして、明朝インテル対CSKAモスクワ戦について。怪我という噂もある本田選手が試合に出れるのかどうか気になるところですが、モウリーニョ信者の私的にはインテルの戦い方にも興味があったりするわけでして。まぁ、別に奇をてらわないで普通に戦うんでしょうけど。

■インテルは「4−2−1−3」?

「おそらくCL決勝トーナメント1回戦のチェルシー戦と同じように臨むだろう。つまり、フォーメーションは4−2−1−3。キヴをレフトバックに置いて、サネッティは中盤でカンビアッソとスナイデルとともにプレーする。3トップはパンデフ、エトー、ミリートだ」
http://news.livedoor.com/article/detail/4691412/

えっー「3トップ」にするかしら? CSKAのサイドバックって、そんなに攻撃力すごくないし、その必要はない気も。だって、そもそもCSKAモスクワって、基本はカウンターサッカーでしょ。攻撃は3トップ+トップ下本田の個人技任せの。なので、インテルが3トップにするメリットはあまりない気がするんだけど。それにボールポゼッションではインテルが上回ると思っているんで、「2トップ+スナイデル」という布陣にして、彼らにポジションなしで自由にプレイさせるほうがCSKA守備陣を崩せると思うんだよね。なので、私はモウリーニョが「4−3−1−2」でくると予想いたします。

■「岡田ジャパン こだわりの戦術はどこへ」を読んで

端的にいえばアーリークロス。昨年のオランダ遠征で、日本は徹底的にこのスタイルにこだわった。そして、このスタイルに適合できなかった選手の1人が、本田だった。
 いま、岡田監督は明らかに本田の得点力にこだわるようになっている。初歩的ではあったものの、育てていけば成長する可能性もあったアーリークロスという武器は、もはや放棄されてしまったということなのだろうか。
http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2010/03/post_1546.html

金子氏の言いたいことはわかるけど、岡ちゃんがそこまで「本田にこだわっている」ようには思えないけどなぁ。というか、こだわっているのはむしろ一部のサッカー評論化やファンなど外野のほうであり、岡ちゃんはまだ、どうやって本田と中村俊輔を融合させるか試行錯誤している段階って気がしているんだけど、そうでもないのかしら? そもそも「アーリークロス」が岡ちゃん日本代表の武器だったとも思えないし、その武器を放棄したと批判するよりも「ある時は接近展開スタイル、ある時は俺流、ある時は切り替えの速いサッカー、ある時はケンゴースタイル、ある時はアーリークロスと、常に試行錯誤している」ことを指摘すべきだと思うんだけどな。

わたしだったら「ありえない」と思う。確かに朴智星は素晴らしい選手だが、たった1人で勝てるほどサッカーは簡単なスポーツではない。彼がマラドーナ・クラス、いまでいうならメッシ、あるいはルーニー・クラスの才能の持ち主だというのであれば、まだありえないこともないが、朴智星はそのレベルの選手ではない。そして、韓国代表自体のレベルも、日本代表同様、ベスト4を狙うには、不可能とまでは言わないまでも、いささか遠いレベルにあるからだ。
http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2010/03/post_1546.html

同様にこちらに関しても言わんとすることはわかりますが、今の時代、メッシだって1人では勝てないのでは? というか全盛期のマラドーナだって1人では勝てなかったと思いますけど…。11人の総合力や組織力がある程度あり、その上でマラドーナやメッシなどの「スーペルな才能の持ち主」がいるチームが強い勝てるチームだと思うわけで、たとえマラドーナ・クラスが1人いたとしても簡単に勝てるとは思えないんですけどね。誰かが、今のアルゼンチン代表はメッシの生かし方をわかってない的な発言しておりましたが、そういう戦術の問題も抜きには語れないと思いますし。
人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい
CLインテル予想&「岡田ジャパン こだわりの戦術はどこへ」を読んで doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる