doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS ワールドカップ決勝続編&日本代表監督の次期人事について

<<   作成日時 : 2010/07/14 04:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

■イニエスタ

追記するほどのことでもないのだが、決勝見て改めてイニエスタのドリブルはすごいと評価したくなった。普段からイニエスタのプレイを見ている人にとっては「今さら何を言う」って感じかもしれないけど、普段はあまりイニエスタを見てない人から言わせてもらえば、「すごい」と感じたのである。

アランシアラーがそんなイニエスタのドリブルのことを「磁石のようだ」と言ったとか言わなかったとか聞いたが、その表現は見事。クスチャーノロナウドのように爆発的なスピードがあるわけでもないし、ロッベンのようにキレがあるわけでもないけど、イニエスタのそれは足元にボールがぴったりとくっついたかのように美しく華麗だ。まさに磁石のようなドリブルなわけだが、思い起こせば、あのマラドーナのドリブルも、そんな「磁石のようなドリブル」であった。あのメキシコ大会での伝説の5人抜きだかのドリブルを思い起こしていただければわかるとおり、マラドーナのドリブルも、まさに「磁石」だったわけで。つまり、そんな「磁石のようなドリブル」ができるということはすごいということなのだ。戦術の話を抜きにして語れば、この決勝戦のポイントはそれだと感じたし、この大会を象徴するプレイもそれであると思っている。

■日本代表の次の監督について

日本サッカー協会の原博実強化担当技術委員長は13日、ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の視察から帰国後、成田空港で取材に応じ、W杯を総括した報告書を今週中に協会に提出することを明らかにした。報告書には4年後のブラジル大会に向けた日本代表の強化方針などを盛り込み、それに沿って次期代表監督の人選をするという。
 原委員長は監督候補者への打診のタイミングについて「(候補が)W杯でいい成績を残した監督なら、まずは指揮を執った国と交渉するのが筋。監督を(現在)やっていない人でも、日本協会として方向性を出してから」と話した。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100713-00000052-kyodo_sp-spo.html

さて、次の代表監督の話についてだけど、このコメント読んだ感じだと「日本人による日本化」政策は止めにするのでしょうか? 岡ちゃんの成功をもってすれば、その日本人路線で突き進むのも十分ありだと思うのだが、はたして協会が今回のW杯をどう分析し、それを受けて次の代表監督をどうするのかは注目ですね。

で、個人的な見解を書きますと、これまでは「外国人の名将監督の招聘」を謳っていた私ですが、別に日本人でもいいじゃなかという気持ちになっているのが正直なところだったりします。その理由は「岡ちゃんが成功したから」ではもちろんなくて、オランダ代表のベンチに座っていたフランク・デ・ブールやコクーら「元オランダ代表の盟友」の姿を見つけてしまったから。彼らはアシスタントコーチだったんですよね。オランダ代表の。まだ40歳かそこらで、代表チームのスタッフとして働いていたわけですよ。ご存知のようにブラジル代表もドゥンガ監督&ジョルジーニョコーチだったわけですが、そんな若い監督やコーチって魅力的だよなとか思っちゃったわけですよ。世代交代の時期な気がしたんですよ。選手じゃなくて監督やコーチのほうが。エリクソンやビエルサは確かにいい監督だとは思いますよ。ただ、正直、新鮮味には欠けるのは事実なわけでして。まぁドゥンガにせよ、フランク・デ・ブールにせよ「ほかに人材がいない」から抜擢されただけなのかもしれませんが、ただ個人的には非常におもしろかったところでもあるんですよね。欧州CLがある現在、もうワールドカップという大会はそういう「自国の盟友の監督コーチとしての抜擢の場」として考えちゃうのもありなのかなって。そのほうがおもしろいのかなって。そんな乱暴なことを思ったわけですよ。マラドーナ監督もしかりですが、そういう「おらが国の若き盟友」を掲げて戦う姿はいいなぁと。それこそが、今後のワールドカップという大会のポイントなのかなって。なんと言うか「結果よりも大切なものがあることに感動する大会」への改革の時期がきたとでも言いますか(笑)。まぁ、もちろんこんな暴論は、日本がワールドカップに出場できたからこそ言えるんでしょうけど。

ちなみに、そう思った理由の1つはドイツ代表の「変化」を目の当たりにしたからかなでもあるのかな。確かにすばらしいけど、これがドイツ?みたいなつまらなさもあったわけで。つまらないと言っては失礼ですね。驚きという表現にしときましょう。で、確かにおもしろいし、最先端なのかもしれないけど、ある意味「ドイツらしく」はない。よくも悪くも。これでOK? じゃ、ほかの国も同様のみんな同じサッカースタイルに突き進んでいきますか? まぁ考えようによっちゃ、今回のブラジルもオランダも同じ? どこも「世界標準化」へ突き進んだ姿だったのかもしれないしなぁ。まぁ、勝つためにはそれは当然だと思うし、全然間違ってないと思うけど、代表チームはみなその方向へ突き進みますか?

ただ、そこまで考えて、逆に気が付いたりして。まぁサッカースタイル的には同じ方向へ進んでいるのかもしれないけど、それでも「国ごとの色」みたいなものは残るんだろうなぁ。それは戦術的な要素でなくて、選手やコーチ、監督の個性的な話? って、代表チームは選手を移籍で獲得できないわけで、「選手やコーチ、監督の個性的」ってのは当たり前の話ではあるんだけど。で、考えてみれば今回のブラジルにせよ、オランダにせよ「自国の若い元選手ら自ら」が、自分たちの手でこれまでの伝統をぶち壊して世界標準化しているわけで、そこはミソだなぁと。で、そんな自分たちの手で「古い価値観を捨てること」や「世代交代」というのはすばらしいと思うし、それこそがオシム氏の言う「日本化」のやり方のヒントでもあるのかなかぁと。わからないけど、そんな感じもする。

「スペイン以外にも幾つかの国は素晴らしいサッカーをしていた。
私の言葉では、マルチカルチャーのサッカーと言いたい。
その一つがドイツだ。
一人の監督に長期間チームを任せて、計画的にチーム作りを進めてきた。
日本サッカー協会も、しかるべき監督に長期間任せて、
日本人のメンタリティ、体格にあったサッカーとはどういうものか、
数年後の世界のサッカーがどういうものかを想像して、
今から準備を始めてほしい。
一番大切なことは忍耐力です。
半年毎、一年毎に方向転換していては、育成はできない。」
http://soccer.skyperfectv.co.jp/worldcup/column/

なんか、よくわからない文になってしまいましたが、要は「日本代表も世代交代する時期」にきたいのではってこと。古い野球漫画のたとえで失礼しますが、もしかしたら、今こそ徳川監督から土井垣監督に変える時期なのかもしれないんです。

人気ブログランキングへ
↑読んで面白かったらクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
若い監督、トルシエも当時は若手でしたね。
日本のサッカーの基盤をつくる意味では大仕事ではありますね。
いい人が選ばれるのを期待してます。
えびくた7
2010/07/14 16:55
日本人監督は賛成です。条件付きですが。
海外クラブでの監督orコーチ経験があること。
本場を経験した監督が、敢えて日本式サッカーに挑む。
欧州かぶれは厳禁で。そんな冒険を見てみたい気もします。
それが元Jリーガー監督によるものならば、更にメシウマです。
まあ現状、該当者は見当たりませんが。
ナンシー
2010/07/14 17:19
 密かに高木琢也に期待する俺。
 ラファの作る様な、ソリッドな3ラインのゾーンディフェンスは痺れる。
蹴球
2010/07/15 00:04
トルシェは実績もアイデアもない時代錯誤のネタ監督だったから置いておいて。ジーコやオシムから学ぶには、まだ日本サッカー界全体(選手、リーグ、メディア、電通・・・)が、異なる様々な面で甘すぎたんだと思うよ。今大会だが、オランダやブラジルは世界的な戦術の均質化に乗っただけ。スペインとドイツのプロセスや成果に関しては、それぞれ掘り下げて語る価値がある。もっと深く考察していけば、もう少し有意義な文章になったかもしれないね。最初の部分のみだが、目の付けどころだけは面白かった。
天才
2010/07/15 01:02
>えびくた7さんへ
コメントありがとうございます。確かにトルシエ氏も若かったですよね。別に老人監督でもOKなんでしょうが、なんとなく「若さ」が必要な気がしていたりします。
>ナンシーさんへ
コメントありがとうございます。「海外クラブでの監督orコーチ経験」は欧州・南米以外なら実現しそうでしょうか? それもありかもしれません。
>蹴球さんへ
コメントありがとうございます。高木琢也氏は確かに期待したい人ではあるんですが、もう監督業始められているので何か実績がないと厳しいんですかね。
doroguba
2010/07/19 18:03
自分を批判するやつにはコメントなしかよw
doroguba
2010/07/20 14:47
ワールドカップ決勝続編&日本代表監督の次期人事について doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる