doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 中村俊輔選手がワールドカップの試合に出れなかった理由は? 

<<   作成日時 : 2010/07/05 23:34   >>

面白い ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 5

■たとえ彼が70パーセントの状態でも

「彼は規律を守る選手たちでチームを組んだ。でもベストの選手たちではなかった。どうしてロナウジーニョを外すなんてことができる? たとえ彼が70パーセントの状態でも、他のほとんどの選手たちより優れている。彼なら、本調子じゃなかったカカの負担を軽くすることができたはずだ。マルセロについても同じ。代表に入るべき選手だった。ブラジル本来のスタイルを否定したのは残念だ。チームにはクリエイターがいなかった」
http://news.livedoor.com/article/detail/4865639/

ジュニーニョ・ペルナンブカーノが言ったコメントらしいけど、本当に言ったかどうかは別にして非常に興味深い内容だと思います。現状のロナウジーニョの代表招集に関しては賛否両論あると思うんですが、少なくともこのタイミングで「ファンタジスタ系スターシステム重宝論」が唱えられたというのは、さもありなという気がしないでもないんです。まぁ、これはサッカー王国ブラジルならではの「特別な意見」なのかもしれないですが、同じくワールドカップで敗退した岡ちゃん日本代表に対して、このジュニーニョ・ペルナンブカーノの意見と同じような「ファンタジスタ系スターシステム重宝論」があまり聞こえてこないのは「サッカー感の違い」なのでか、それとも「ロナウジーニョ≠中村俊輔」ということなのか? まぁ、日本中の誰しもが岡ちゃんの「中村俊輔外し」に納得しているということなのかもしれませんが、それでこの問題を終わりにしてOKなんですかね。まぁ、結果よければすべてよしとも言いますし、岡ちゃん日本代表に対しては「ありがとう」「ごめんなさい」だけ言っていればOKなのかもしれませんが、「岡ちゃんの中村俊輔を外しの功罪」について、ちょいとばかり考えてみても罰当たらないと思うのですが、そうでもないのでしょうか? 

■守備というキーワード

たぶん「守備」というキーワードから考えれば、中村俊輔外しは妥当だったんでしょう。というか「攻撃」というキーワードで考えてもいらなかった? スピードはないし、ドリブル力もなければ、決定力もそれほどでもない。フィジカルもないし、運動力もない。FKも一時期の凄さはないし、そもそも本田&遠藤がいるから蹴らなくてOK。つまり、守備面で考えても、攻撃面で考えても必要なかったというわけか。いわゆる「足枷」ってやつですか? って、おいおいじゃ、なんで岡ちゃんはそんな「足枷」を代表に選んだんでしょう。というか、つい半年くらい前まで、なんでそんな足枷を代表の「中心メンバー」として起用していたんだろう。エスパニョールはなぜ中村俊輔を獲得したんだ? セルティックでの活躍は、まぼろし劇場だったんですか?

■教室にて

はい、静かに。今、ひでとしくんが良いこと言ったよ。聞いていましたか。もう一度言ってごらん? 小さい声でもいいよ。そう「アジ○予選やスコッ○ランドの雑○チームでは重宝した」んだよね。はい、はい、静かに。静かに! あまり大きい声でそれ言うと○アされちゃうから、気をつけないと。キーン、コーン、カーン、コーン。って、いいところでチャイムが鳴りました。じゃ、本日の授業はこれまで。じゃ、この「中村俊輔外し」は宿題にします。明日みんなに発表してもらいますんで、ちゃんと考えてくるように。では、先生さようなら、皆さんさようなら。

■作文

「中村俊輔外し」について



                                                    2年2組 泥愚婆
  
 2002年の日韓ワールドカップのとき、当時監督のトルシエが「中田ヒデを外したい」とコーチ陣に相談したことがあったと何かの本で読んだことがある。たしか某通訳の小遣い稼ぎの暴露本での話。その本によると、その時とあるコーチと通訳はその「中田外し」を止めさせたという。理由は忘れたが、確か政治的な観点からとか、大衆世論の観点からとか、村上龍を悲しませないためとか、そんなことが理由だったと記憶している。サニーサイドアップのビジネスの邪魔をしないためとは書かれてなかった気もするが、何はともあれピッチの外のことまでを含んだ包括的に考えた大人の理論からの回答だったと記憶している。うろ覚えで申し訳ないが。(ちなみに確かその暴露本には、渋谷で意味なく黒人の真似するのは、けしからんことだとも書かれていた。同時に、その本では英語くらい理解しろよと我々に対してひどく怒っていたわけだが、今思えばその本はユニクロや楽天よりも進んだ理論を提示していたということなんだろう。すごい)。

で、そんな「2002年の中田ヒデを外さなかった事件」の理由から今回の「中村外し事件」を考慮してみるとしよう。違いはなんだろう? 単純に「政治的な観点からとか、大衆世論の観点からとか、村上龍を悲しませないため」というマイナス面の影響がなかったから、今回の中村外しはスムースに実現したのであろうか? それとも、そんな与太話は実はまったく関係なく「中田英寿≠中村俊輔」という単なるサッカーの実力の問題だけが焦点であり、2002年のヒデは代表のみならず世界的にも使えた選手だったけど、今回の中村俊輔はまったくどこでも使い物にならないポンコツであっただけという単純明快な話なだけなんだろうか? わからないが、あえて答えを出すというなら、それは中村を外しても問題ないという状況を作り出した「岡ちゃんの日本国民の世論操作の上手さ」があったこと。そして、岡ちゃん日本代表が、岡ちゃんの直感的な采配に誰も口を出せない「独裁政権」であったことの2つが、その理由として考えられるのかもしれない。ジーコは違うのかという問いかけには、「ジーコには兄という相談役がいて、そもそもジーコ日本代表には政治的な観点や、大衆世論の観点は存在していた」と答えておこう。誰もそんなことは、聞いてないとは思うけど一応。

さてネタが尽きてきたので、もうそろそろ本題に入ろうと思う。実は4年位前にトルシエが何かの本でいいことを言っていた。確か「サッカー批評」か何かだったと思うが、そこでトルシエが言っていたことこそが、まさに今回の「中村外しの真相だ」。

「日本代表には、アジア仕様と世界仕様の2つの違うチームが必要だ。アジア仕様はポゼッション。世界仕様はカウンター。そういうこと」

かなりうろ覚えだが、確かこんなことを言っていた。で、これが実現したのが、今回の岡ちゃん日本代表だったと言えるのかもしれない。つまり「アジア予選ザコ仕様」においては、「なんちゃってポゼッションサッカー」が非常に有効だった。なので、中村俊輔選手みたいな選手が大変重宝された。というか神様、仏様、中村俊輔様。すべて中村俊輔選手の思うがまま。でも、「ワールドカップや強豪チーム相手」には、そうではなかった。ポゼッションなんてとんでもなかった。それよりは、守備とカウンターが大事だった。どちらかというと中村俊輔は足枷だった。怪我もありコンディションの問題もあったのかもしれないけど、それを差し引いても必要なかった。というかいらね。ペッペッ、あっちいけ。みたいな感じだった。ベンチには座らせといてやるけど、それだけでありがとう思え。という感じだった。もし外されたからといって、悪口言うとカズみたいに海外から強制送還させるよ。という感じだった。それが、きっと真相なんだろう。

さて、では今後も我々日本代表は、この「アジア仕様」と「世界仕様」の2チーム体制で臨むべきなんだろうか? その場合の問題は、たぶんアジア仕様限定の選手に、「俺は世界仕様チームでは切られる」と悟られることなんだろう。まぁ、今回のようにダマテンでやれば気がつかれはしないのかもしれないが、そのためにはアジア仕様と世界仕様のチームを、けっして同時には立ち上げないという今回の岡ちゃんのようなやり方が求められるのかもしれない。つまり世界仕様はワールドカップ直前まで極秘事項として秘密裏に扱われ、それまではアジア仕様しか人前には見せない。たとえ親善試合で負けようとも、本番までは何があっても「アジア仕様」を貫く。それこそが、「アジア仕様」と「世界仕様」の2チーム体制構築の成功のポイントである。

というわけで、このワールドカップを終えた今こそが、アジア仕様のチームの核である中村俊輔の出番となるわけですが、はたして、中村俊輔選手はそんな自分の置かれた立場をよしとするのでしょうか? というか、「新たな第2の中村俊輔選手」の登場はあるのでしょうか? 「新たな」と「第2の」という言い方は変だね。失礼しました。
人気ブログランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。


ウィークエンド

ロナウジーニョはディスコに繰り出した。
ロナウドもアドリアーノも一緒。
肥っているけど、ノリノリだ。

ウィークエンド

朝まで踊ろうぜ。ベイビー。
バロテッリも仲間に入れてあげよう
カウンターではジェラードがバーテンダーと殴り合い。
ベントナーはズボン下ろして泥酔だ。

ウィークエンド。ウィークエンド。

テリーとアシュリーは女としけこんでこの場にはいない。
ベンゲルは故マイケルジャクソンとつるんでいた。

ウィークエンド

Wet Willie - Weekend

wet willie weekend 1979 special disco version DJDiscocat

人気ブログランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
かわいい かわいい

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
俊輔をはずしたのは、世界レベルでは使い物にならなかったからです。オランダ戦を見ても明らかです。日本国民は、オランダ戦の俊輔のパフォーマンスを見たので、岡田の批判を一切しなくなったのです。南アに行けたのは確かに俊輔のおかげですが、管理人のおっしゃるとおり、今年に入り『ポンコツ』になったのです。俊輔擁護派はいろいろ慰めていますが、同情されていることがその証明です。スポーツ選手が同情されるようになったら、選手生命は終わりに極めて近づいています。
pen
2010/07/06 09:37
今回のチームって、世界仕様なの?
TERU
2010/07/06 18:34
ひどいなぁ。
もう少し面白い人かと思ってたけど。

あえて付き合うなら、ピッチ上の影響力がピッチ外の様々な問題にも影響を与えると言う見方は?だって彼らプロだし。

ドログバさん、どうしたいのかわからないけどもう日本ネタはやめたほうが。
大丈夫ですか?
2010/07/07 06:20
冒頭にジュニーニョ・ペルナンブカーノのコメントを引用した割には、中身は面白くないですね。
何が言いたいのかよく分かりませんでしたし、長文だけど内容が薄いと感じました。

俊輔を使っていた以前のシステムがアジア仕様なら、W杯本大会には俊輔をはずして他の選手を連れていくべきだったでしょう。そしたらもっとうまく行ったかもしれない。
岡田監督は森本も最初から使う気はなさそうだったから、森本の枠も他の選手を連れて行った方が良かったと思います。
一個人
2010/07/10 16:04
菅首相の脱小沢論と同じですね。政権取ったの小沢さんの功績大きかったんでしょ? それを今頃他人事のように批判する・・・だったら最初から菅さんは小沢さんとは別の政党で活動すべきではなかったのか?
で、W杯本戦に日本が出れたの、中村選手の功績大きかったんじゃないでしょうか?調子が落ちて本戦には出番がなかっただけのこと。そして別の選手が選ばれて、活躍して・・・世代交代ってことでしょ。それを今更批判する?
その時その時の最適なメンバーで戦う・・・アジア仕様/世界仕様なんて、そんな余裕日本にはないでしょう?。「第2の中村」発言、悲しいです。
なんだかね^
2011/01/20 23:02
中村俊輔選手がワールドカップの試合に出れなかった理由は?  doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる