doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミア「アーセナル対チェルシー」感想文  仕方が無いのかもしれないけど

<<   作成日時 : 2012/04/23 01:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

過密日程だし、バルセロナ戦を挟んだ戦いだし、ローテーションしたのはわかる。

で、ドローで御の字というのもわかるんだけど、プレミア4位以内でフィニッシュという目標から考えると、やっぱ合格点は上げられないだよな。

来期CL出場権を逃すというのは、プレミア優勝を逃すことと比べられないほどヤバイことだと思っているんだけど、それって考えすぎですか?

まぁ、まだ可能性は残しているし最後までがんばってもらいたいのですが、現状かなり厳しいのは確かです。


以下、試合を見て気がついたことをいくつか。



・スタリッジは劣化したなぁ。コンディションが悪かったのかもしれないけど、なんか気持ちが感じられないプレイが多かったように見えて、そこが残念でならない。もともとプレイにムラがあり、いいときと悪いときの差が激しいのが玉に瑕と思っていたんですが、ここ一番の試合でそんな感じのプレイされると悲しい。


・トーレスも同様。いろいろな意味で難しい試合だったのはわかるけど、この試合の大切さがわかっていれば、もっとできたと思うんだが。マタとラミレスを欠いていたし、難しかったのはわかるんだけど。


・守備陣はがんばっていたと感じだ。というか攻撃陣も守備はよくやっていた。だからドローになれたんだと思うし、そこは評価したいんだけど、勝ち点1をプラスできたというポジティブな発想でほんといいのだろうか?


・つまり、勝ち点2を失うとやばいという危機感が、ピッチ上の選手またはベンチの監督にどれくらいあったのか
ということ。プライオリティがバルセロナ戦というのは正しいのかもしれないけど、終盤のシティ戦・スパーズ戦・
アーセナル戦の3試合で「合計勝ち点2」というのは失敗であったと思っている。スパーズが終盤、思った以上に失速しているので、そう考えると尚更残念でなりません。まぁ、まだ可能性はゼロではないし、残り試合がんばってもらって奇跡をおこしてもらいけど。

・ディマッティオ監督はよくやっているとは思うけど、ここまでローテーション組んで戦って結果が出せないと、正直、それでよかったんだろうかと感じてしまう。というか、こうなることはなんとなくわかっていて、その通りになっただけと言えばそうなんだけど、もうひとがんばりする姿が見たかったというのが正直な感想です。何度も同じこと言ってますが(笑)。

・まぁオーナーの意向的にも「バルセロナ戦がファーストチョイス」だったと思うし、そう考えるとこれでOKなのかもしれないけど。


・残り4試合すべて勝つしかないわけですが、少なくともニューカッスル戦だけは意地をみせてほしい。


最後に、数日後のCLバルセロナとのセカンドレグについて。間違いなくがんばってくれると思いますが、それは相手も同じでしょう。退場者を出さず90分間戦えるかどうかがポイントになると思うんですが、そこは細心の注意を払って戦ってほしい。

人気ブログランキングへ

ネオアコとヘビメタ。普通に考えると正反対の相容れないもの。言わば、アンチフットボールとフットボールの関係みたいな感じだ。でも、どちらも音楽であり、フットボール。実はそれほど変わらないってことを、アズティックカメラは教えてくれた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
プレミア「アーセナル対チェルシー」感想文  仕方が無いのかもしれないけど doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる