doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょい悪が好き

<<   作成日時 : 2012/07/19 02:25   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

■「ちょい悪」が好き

「ちょい悪オヤジ」という言葉を考えた人は天才であると思うが、考えてみれば別にオヤジと限定しなくてもいい。年とっていようが、若かろうが「ちょい悪」であることがかっこいいのだ。思えば私も昔から「ちょい悪」が好きだった。たとえば漫画「キャプテン翼」で考えると、翼君よりも日向君のほうが好みだったし、ガンダムで考えるとアムロよりもシャアなのだ。シャアが「ちょい悪」なのかどうかは意見の分かれるところだとは思うが。

好きなミュージシャンを考えてもそうだ。ビートルズよりもストーンズ好きなのは、たぶん「ちょい悪」なイメージが影響していると思うし、一時期ヘビーメタルというジャンルにはまったのも、たぶん「ちょい悪」好きの延長線からだ。ディアンジェロやプリンスなどのブラックミュージシャンの好みも同様? まぁプリンスは「ちょい悪」というよりも「ちょいエロ」なのかもしれないけど。

という感じで、これまでたくさんの「ちょい悪」たちを支持して生きてきたわけだけど、これまでの人生で一番かっこいいと思った「キングオブちょい悪」「理想のちょい悪」は誰なのかを考えてみると…、ぱっと思いつくのは、やっぱロバートデニーロになるのかな。特に映画「ゴッドファーザーパート2」のデニーロのちょい悪さ加減といったら、もう素晴らしすぎるの一言。「タクシードライバー」でのデニーロもいいけど、あの役はちょっと「やばい病気」っぽいところがあるので、やっぱ「ゴッドファーザーパート2」なんですよ。マーロンブランドやアルパチーノよりもデニーロなんです。アルパチーノなら「狼たちの午後」だね。

■ユナイテッドの政治力というかリバプールのそれ?

スアレスは、「クラブの人間は、マンチェスター・Uが僕を出場停止に追い込んだって確信しているよ。だけどイングランドでは、ユナイテッドは政治的な力を持っている。それを理解し、口を塞いでおかなくちゃいけないんだ」と、人種差別発言騒動はマンUの策略と非難した。
http://news.livedoor.com/article/detail/6768674/

人種差別問題は難しい問題ではあるけど、スアレスの事件に関しては私はユナイテッドよりもリバプールに問題があった気がするんだけどね。今回のチェルシーのテリーの状況を考えてみても、スアレスの8試合停止はどう考えても異常。それに従ったリバプールがアホとしか今も昔も思えないんだけどね。まぁリバプールは監督変わったし、「よくなる」ことを期待しているんだけど、すべての元凶はあの監督にあった気がしてならないのは気のせいか?


人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い
ちょい悪が好き doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる