doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミアリーグ「チェルシー対ノリッチ」感想文  続・ポゼッションスタイルにおける「縦パス」

<<   作成日時 : 2012/10/09 02:45   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

ポゼッションもできていたし、カウンターも鋭かったし、攻撃の内容は悪くなかった。前にも書いたが、攻撃では特にポゼッション時の「縦への楔パス」ができているかどうかが、このチームのポイントなんだと思う(まぁ、このチームに限らず、すべてのチームでも同様なんだろうけど)。

トーレスの先制ゴールも、前線のスペースへ走りこんだマタに対しての、後方からのロングフィードがポイントだった。あのパスが通ることで「前線に起点」ができ、それにより相手の最終ラインを下げることができたのが大きかった。もちろんイバノビッチのセンタリング、トーレスのヘディングがすばらしかったんだけど、そこまでの過程を評価したいのだ。


ランパードのゴールもそうだ。ここではマタの縦パスがすばらしかった。トーレスのバイシクルシュートにつながる、そのマタの「縦パス」があったからこそ、ランパードがミドルを打ったバイタルエリア絶好の位置にルーズボール(?)がこぼれてきたんだと思う。もちろん、ランパードのシュートが見事であったことは言うまでもないんだけど。


というわけで、この試合のMVPはマタだったと思う。「縦パス」の出し手だけでなく、受け手としても機能していたのは見事であった。要は攻撃のアクセントをつけることができていたのがすばらしかったのだ。


アザールのドリブルからの仕掛け、オスカルのゴール前でのテクニック&ミドルも、「縦パス」が絡むと生きるんだと思う。その縦パスに、今期のチェルシー攻撃陣の「脱ドログバ」スタイルが見えた気がした。もちろん、相手チームのチーム力というのも加味して考えないといけないとは思うんだけど、少なくとも、このノリッチ戦は悪くはなかった。まぁ先制ゴールを相手に許したのはいただけなかったが、しっかりと勝ち点3取れたことが何よりも大切であるのだ。

試合内容はもちろん大事だけと、優勝を狙うためには「内容よりも結果」が求められることだってあると思うのだ。


人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
プレミアリーグ「チェルシー対ノリッチ」感想文  続・ポゼッションスタイルにおける「縦パス」 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる