doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミア「ニューカッスル対マンチェスターユナイテッド」感想文  セルフィッシュでちょうどいい?

<<   作成日時 : 2012/10/11 02:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「パーデューのニューカッスルって、もともとカウンターなチームという認識があったんでこの試合の入り方も理解はできるんだけど、もう少しポゼッションを意識した戦いを挑んでもよかった気がするんだけどね」

「ポゼッションというか前からのプレス守備が問題だった気はしました。ある程度ゾーンを固めて守るというのはわかるんだけど、もう少しボールホルダーにプレッシャーかけてもよかったかなと。ユナイテッドに自由にやらせすぎたかなと」

「ユナイテッドが自由にやっていた印象はなかったけど、セットプレイからうまいこと得点したのはさすがでしたね。香川に関してはどう思います? 正直、イマイチだったと思うんですけど。途中交代でしたし」

「腐ってもニューカッスルというか、やっぱそれなりの強豪が相手だと、なかなか活躍するのは難しいのかな。まぁ。別にユナイテッドの面々は香川に花を持たせるためにプレイしているわけではないんだし、こういう試合もありますよ」

「香川はどう思っているのかな? まだ遠慮があるのかな? もし、もっと、できたのにという悔いがあるなら、もうそろそろ、もっと我を出したプレイをしてもいいと思うんですけどね。たぶん香川が我を出してプレイしたとしても、周りの選手からすれば別にセルフィッシュだとは思われない気がするんで(笑)、ガンガンと自由にプレイしてもらいたいですね」

「ゴールに背を向けてボールを受けるのではなく、身体の位置をうまく整えて、ゴールに向かうようにボールを受ける必要がある。そうすることでゴールへの距離が近くなる。ゴールに背を向けてプレーしているようでは、相手の脅威になることができない」
http://news.livedoor.com/article/detail/7032972/


「とファーガソンがおっしゃっているそうですが、まぁその通りかな。パス回すのも大事だけど、”ゴールに背を向けてプレーしているようでは”って言われるのは、やっぱヤバイかなと」

「ファーガソンに言われるうちが花なんですよね。少なくとも今は。結局ユナイテッドレベルのクラブになれば、来年の2月くらいの欧州CL決勝トーナメントくらいからが、本気の勝負なわけでしょ? まぁプレミアの天王山は年内に何試合かあるんだけど、シーズン後半の大事な試合で使ってもらえるような信頼を得ることが今は大切なわけで。そういう長期的なプランも多少は頭に入れてプレイしてほしいですね」

「いやいや、移籍してきたばかりの選手が、そんな悠長な考えできないですよ。毎試合が勝負。それだけです。まぁ確かにパクチソンみたいにCLの決勝ベンチ入りから外されるみたいな使われ方はされたくはないですがね」

「何にせよ、プレミアリーグはある意味プロレス的なフィジカルコンタクトがまかり通るリーグなわけで、時には内容を度返ししたプレイも必要って割り切ってプレイしてほしいんです。キック&ラッシュだって捨てたものじゃないと思うし、そういうプレイも楽しんでほしいなと。まぁユナイテッドは、ほとんど、そういうプレイしないけど」

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
プレミア「ニューカッスル対マンチェスターユナイテッド」感想文  セルフィッシュでちょうどいい? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる