doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS ユナイテッド対チェルシー プレビュー&ウィリアン獲得の意味

<<   作成日時 : 2013/08/26 01:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

■プレビュー

マンチェスター・ユナイテッド戦プレビュー。まず退場者が出なければ、そこそこの戦いはできるのではないかと思っている。開幕からの2試合を見る限り、チェルシーの守備はプレッシングを軸に安定していると思うのでそれがはまればいい試合になるんでしょう。ですが、逆にその軸となるプレッシングが変に作用して退場者を出す事態となったら、オールドトラフォードでの試合だし、厳しい戦いになるのかなと。ファン・ペルシは開幕でも好調だったようですし、やっぱチェルシーにとって一番の脅威は彼でしょう。ただ、ルーニーがなんらかの問題を抱えているとするのなら、それはチェルシーにとって好都合であるのは間違いないので、そこがどうなのかは注目ですね。開幕2試合は「4-2-3-1」がメインだったチェルシーですが、普通に考えればこの試合もそれで戦うんでしょう。メンバーはローテーションの影響もあるんでしょうが、アウェーでのユナイテッド戦ということを考慮すれば、「プレス守備がうまい人」または「カウンターが効果的な人」が起用されるんだと思ってます。あと、「ユナイテッドのサイドバック封じ」で考えるなら、ウイングタイプを左右のサイドに配置するってのは。ひとつの戦い方であるとは思うんですけどね。

モウリーニョは、自身がマンチェスター・ユナイテッドと対戦した中で最も印象的な試合はどれか問われ、以下のように返答した。

「それはポルトでのチャンピオンズリーグの試合だと言わなければならないね。なぜなら、我々はとても優れたチームで、試合終盤に得点が決まったからね。だから、それは私が覚えている試合なんだよ」
http://japan.chelseafc.com/news/latest/1024

なるほど、確かにあの試合は印象的だし記憶に残る試合であるのは間違いないと思います。ただ、個人的に「印象的だった」と考えている試合は、確かモウリーニョが就任1年目だったか、プレミアで優勝した直後のオールドトラフォードの戦いですかね。当時、在籍していたチアゴのミドルとか決まってアウェーなのに3-1くらいで圧勝した試合。
http://doroguba.at.webry.info/200505/article_9.html

まぁユナイテッドはモイーズ新監督でのホーム初戦だし気合が入っているのは間違いないと思うので難しい試合になる確率のほうが高いのかな? 何はともあれ、いい試合を期待したいですね。

■ウィリアン獲得の意味は?

チェルシーは25日、アンジ・マハチカラからブラジル人MFウィリアン(25)を獲得した。

ウィリアンの移籍に関しては、水曜日に労働許可証について話し合うことになる。

http://japan.chelseafc.com/news/latest/1023

個人的にはうれしいニュースではあるが、「誰かが入れば、誰かが出て行く」理論に従えば、2列目の誰かが去っていくことになるので、そう考えると複雑な心境だ。マタなのか、それともモーゼズなのかわからないけど、普通に考えれば「ウイングタイプの選手」は出さない気がする。同様に、普通に考えれば、このタイミングでマタを放出することはありえないと思うのだが、外的な要因でそうなるのならそれは仕方が無いことなのだが、どうなんだろう。

「幸せではない選手について、ルールは存在しない。アリエン・ロッベンが幸せではなかった。彼はレアル・マドリーに行くことをかなり望んでいたから、我々は彼をレアル・マドリーに放出した。ウィリアム・ギャラスも幸せではなかったから、アーセナルに放出した。他の時は、我々は選手たちをキープした」
http://japan.chelseafc.com/news/latest/1024

この発言の意味が、はたしてどういう意味なのか? 移籍市場が閉じるまでのあと何日か、見守ることにしましょうか。

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ユナイテッド対チェルシー プレビュー&ウィリアン獲得の意味 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる