コンフェデ杯「メキシコVSアルゼンチン」雑感  やはりソリンとペケルマン

メキシコはいいチームだと思いましたし強かったですが、やはりアルゼンチンは強かった。

コンフェデ準決勝「メキシコVSアルゼンチン」は0-0まま勝負がつかず、延長に突入。延長前半終了間際にアルゼンチンのCKでのリケルメのミスから、メキシコがカウンター。DFのサルジドがドリブルでサネッティ&エインセを交わし、最後はゴール前でシュート性のセンタリング。このボールがコロッチーニに当たって方向が変わりゴール。見事なカウンター攻撃が決まり、なんとメキシコが先制。このまま逃げきって決勝進出かという展開に持ち込みますが、簡単にそうはさせないのはさすがアルゼンチンというところでしょうか? 延長後半早々から怒涛の攻撃を仕掛けて、同点に追いついていまします。延長後半5分。リケルメのアーリークロスからフェゲロアとメキシコDFが競り合ってこぼれたボールを、ゴール前に詰めていたマキシロドリゲスがシュート! これはまたメキシコDFに防がれてしまいますが、最後は再度フィゲロアがGKに当てながらも押し込み、アルゼンチンが”執念”で同点に追いついてしまいます。このゴールを決めたフィゲロアはもちろんすごかったと思いますが、同点に追いつくまでのアルゼンチンの怒涛の攻撃ですごかったのは、左WB(SB?)のソリンとCB(右SB)のサネッティの攻撃参加でした。

ソリンの運動量&サネッティの攻撃参加はすごい!

前半からたびたび攻撃参加してチャンスメイクをしていたソリンは、南米予選の時と同様、アルゼンチン代表の攻撃のキーマンでした。このメキシコ戦のアルゼンチンの基本のフォーメーションは「3-5-2」。図にすると以下の感じ(図①)だと思うのですが、攻撃時においてはWBのソリンやCBのサネッティが積極的に攻撃参加して図②のような形を、たびたび作り出してしました。


【アルゼンチン基本フォーメーション:3-5-2】
   ○サネッティ ○コロッチーニ ○エインセ

         ○ミリート  ○カンビアッソ

○サンターナ      ○リケルメ       ○ソリン
          
        ○サビオラ    ○フィゲロア


【ソリン&サネッティの攻撃参加時フォーメーション例】
           ○コロッチーニ       ○エインセ

          ○ミリート   ○カンビアッソ

●サネッティ  ○サンターナ      ○リケルメ       
                  ↓
                  ●ソリン
       ○サビオラ             ○フィゲロア

図②はあくまでも例ではありますが、WBのソリンは攻撃参加時にはFWのようにペナルティエリア内まで進入してゴールを狙ってましたし、サネッティは積極的に右サイドに攻めあがって、攻撃に絡んでました。メキシコに先制されてから同点に追いつくまでの怒涛の攻撃時も、まさにこんな感じ。ミリートがマキシ・ロドリゲスに、サンターナがアイマールに交代してましたがCBのコロッチーニとボランチのカンビアッソを除いた全員が積極的に攻撃に加わり「リスクを承知の攻撃」で同点に追いついたというのが印象的でした。同点に追いついたシーンをよく見ると、ゴール前で競り合ったフィゲロアのすぐ横にはしっかりとソリンが攻撃参加してポジションを取っているんですよね。まぁこのシーンのみならずソリンは攻撃時にはかなり積極的にゴール間まで攻めあがってましたし、一方で危険時には左サイドバックのようにしっかりと戻って守備していました。前にも書いたのですが、ほんと「ボールのあるところにソリンあり」という感じでしょうか? ソリンほどではないにせよ、3バックの1人サネッティの運動量豊富な「攻撃参加」も見事だったのですが、ちなみにこのソリンとサネッティの2人を、単純にポジションから日本代表の選手に当てはめてみますと…ソリン=サントス(アレックス)、サネッティ=田中誠となります。つまり攻撃時にはWBサントスがゴール前に頻繁に攻めあがってシュート(&守備時には戻る)したり、田中誠が積極的にドリブルなどで攻め上がり良質なセンタリングをゴール前に供給するわけです。こんな感じで妄想しながらアルゼンチン代表の試合を見てしまうと、このソリン&サネッティの凄さが改めてわかるんですよね。いやぁー日本代表にもぜひともこのような選手がほしいです(笑)。

ターンオーバー&選手ありき? ペケルマン監督のサッカーとは?

ただし、このソリン&サネッティが闇雲に攻撃参加しているわけではないと思うんですよね。この2人が攻撃参加して空けたスペースは、ボランチのカンビアッソやミリ-ト、そしてCBのコロッチーニ&エインセらが、しっかりとカバーしているのは言うまでもないところ。たぶん、そのあたりのバランスを考えて監督のペケルマンはフォーメーションを考え、ピッチに送り出す選手を決めていると思うのです。ただ、おもしろいのはこのコンフェデ杯でも南米W杯予選同様、ペケルマンがちょこちょことメンバーを変更しながら戦う「ターンオーバー制」に近い戦い方をしているところです。南米予選の時もターンオーバーをして結果を出していたペケルマンですが、このコンフェデ杯でも似たようなやり方をしながら戦っているのは、選手のコンディションを考えてのものなのか? それとも、いわゆる「テスト段階」ということで、数多くの選手を試して「メンバーを選別している」ところなのか? まぁどちらかわかりませんが、コンフェデ杯においてもこのターンオーバー的な方法で決勝まで勝ち進んだことを考えると、ターンオーバー制でも十分にW杯で戦えるような気もするのですが…。ただ、ターンオーバー制を駆使するペケルマンも、チームの軸となる選手と言いますか「不動の選手」はいるわけです。先ほどから褒めちぎってますWBソリンや、ボランチのカンビアッソ、右サイドのエインセ、そしてトップ下のリケルメなどがそう。ちなみにこのメキシコ戦ではWBのソリンはボランチで出場する場合の方が多いですし、CBのサネッティもWBで使われたりと、選手をさまざまなポジションで起用するのもペケルマンのアルゼンチン代表の特徴だと思う次第です。4バックを使うこともありますし、フォーメーションやシステムよりもまずは「選手ありき」という考えがペケルマンにはあるみたいです。このあたり考え方的には日本代表のジーコと似たところがあるようにも思えます。「リケルメとアイマールいう2人のファンタジスタを、同じピッチで一緒に使うことは可能だ」と言っているみたいですしね。

アイマール&サビオラは伸び悩んでいる?

そのアイマ-ルはメキシコ戦の後半から出場してましたが、全盛期と比べるとデキはイマイチのような気がしました(怪我していたんでしたっけ?)。周囲との連携がイマイチなような気もしましたしパスの精度も物足りない感じでした。まぁこれから調子上げていくのでしょうけど、ここ数年どうも伸び悩んでいるような気もするんですよね。まぁ、バレンシアでの試合見てないのでなんですけど。同様に若手で注目されるFWサビオラも、同じように伸び悩んでいる感じがしてます。メキシコ戦で、後半終了間際にレッドで退場となってしまいましたが、得点できなくてイライラしていたんでしょう。この2人が調子を取り戻せるのか? そしてペケルマンが、この2人の調子を、どう判断して、どう使うのかはW杯でのアルゼンチンの出来を左右するのかもしれないですね。

人気blogランキングへ
週刊ブログランキング