岡ちゃん日本代表対ウズベ雑感

稲本がいまドイツでどんなプレイしているのかは知らないけど、もともと彼はエシエンみたいなダイナモ的なプレイを得意としてましたよね。その昔、トルシエ日本代表の象徴が彼だったと思っているのですが、日韓ワールドカップ・ベルギー戦やロシア戦でのゴールは「たまたま」でなく「必然」だったと考えると、その稲本潤一トルシエ日本代表象徴制理論に賛同していただけるかと思うんですが、そうでもないかしら。

つまり、前からのプレッシング絶対至上主義サッカーにおいては、ピッチの王様はインターセプトから、そのままゴールを奪える中盤のダイナモ的な能力の持ち主であり、その王様の前ではエゴイストなFWも、花形ポジションのトップ下もひれ伏すしかないって感じ?
というわけで、ウズベキスタン戦。
岡ちゃんサッカーとトルシエサッカーは同じではないとは思うんですが、もし岡ちゃんに「前からプレッシング」しか戦術がないのだとしたら、トルシエのチームのように選手を配置するほうがチームが機能すると思うんです。
つまり、トルシエのように中村俊輔を外して、昔の稲本潤一のようなインターセプトマシーン的な選手を中盤に配して、最終ラインには機動力を求めるほうがサッカーの哲学的には利にかなっているのでは?
ジーコはトルシエと違って中村俊輔を軸にしたのは、ジーコのサッカー哲学と中村俊輔のプレイスタイルがシンクロしたからかはわからないけど、少なくともジーコ日本代表での王様は稲本潤一ではなかったのは確か。

で、稲本潤一はオシム監督時代も同様の身だったと思うんだけど、トルシエ時代の主役の座から凋落した稲本潤一をカミカゼと形容して使ったのには、オシムのサッカー哲学という見地から考えるとそれなりの意味があったというのも、また確かなのだ。

で、岡ちゃん。多分、彼のサッカー哲学的なものから考えるとトルシエのように稲本潤一もしくは彼のクローンを王様にするのがベストだと思うんだけど、それをしないでジーコ的に中村俊輔を中心に据えて、オシム的に稲本潤一をカミカゼ的に使っているのは、いったいどういう意図があるのだろうか?

まぁ、このウズベキスタン戦で稲本潤一をスケープゴートにするのはお門違いだとは思いますが、彼の起用方法から岡ちゃんサッカー哲学というか「勝ち点2を失った理由」を考えてみました。

で、それと、岡ちゃんがジャージを着なくなったことを付け合わせて考えてみると、またいろいろ見えてくるよね。ね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0