プレミア「スォンジー対チェルシー」感想文 守備固め?

守備固めに入るのなら、もっと徹底してもよかったのではないか。
中盤の中央の守備力が弱点なのだから、そこの人数を増やす「4-1-4-1」とかにフォーメーション変えるなんて手もあったはず。

ラスト10分でバートランド投入というのもわかるけど、守りに入るんだったら、フェレイラを中央に入れて3バックなんて策でもよかった。

なんにせよ、守備固めに入ったのに、守りきれなくてドローというのは情けない結果だ。

優勝狙うチームなら、あってはならないヘマである。

恥ずかしい限りだ(誰に対して?)

さて、なんでチェルシーは今ディマッティオを監督にしているの?

それは、彼が代役ながら結果を残したからだ。

そう。結果だけだ。他に理由は無い。

他の理由なら、ビラスボアスやアンチェロッティのほうが全然ましなはずだ。

この試合で、とりあえずそのことを再確認できたということでよしとしよう。

人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0