欧州CL「マドリー対ユナイテッド」たわごと  ハングリーハート

■マドリー

随所にモウリーニョのチームっぽさはあるのかもしれないけど、ぶっちゃけ今のレアルマドリーはイマイチですな。クリスチャーノ・ロナウド以外は小粒というか、育ってないというか。チェルシーも似たようなものかもしれないけど、エジルとかベンゼマとか、もっといい選手になるのかなと思っていたので残念です。エジルはいいとしてもFWは必要なんじゃないかしら? さらなる高みを目指すなら。モドリッチ? モウリーニョじゃ使いこなせないのかも。なんとなく、そんな気がする。

ユナイテッドでは香川は悪くなかったんじゃないかな。チャンピオンズリーグのための戦力なんでしょうし、この試合では「DF裏への動き」だけでその役割はこなせていたと思う。「動き」では。ただ、前から思っていたんだけど、風貌が地味というか、ビジュアル的に派手さがないのは気になるところ。もっと目立つような髪形にするとか、パフォーマンスするとか、してもいいと思う。そのあたりはGKのデヘアにいろいろアドバイスを受けるのがいいと思う。彼はおしゃれさんだかからね。間違っても、ルーニーに聞いちゃだめだよ。あのカツラ野郎は、おしゃれがなんたるかをわかってない。にしても、ハゲをおしゃれに変えたジダンは偉大だった。俺は尊敬するな、ジダンを。彼こそが一番だ。

■ハングリーハート

実は小沢健二の昔の曲「それはちょっと」というのを、今まで聞いたことが無かったんだけど…。こんなブルーススプリングスティーン大先生の「ハングリーハート」の出来損ないのような歌を、世に出していたとはショックです。ブルーススプリングスティーンって改めて偉大だなと思った。本物だなって。そして、我々はなるべく「本物」を摂取するようにすべきなんだと思う。サッカーも音楽も。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
かわいい