プレミア「ユナイテッド対チェルシー」感想文

大一番をなんとかものにできて、よかった。

勝因は、すでにユナイテッドが優勝決めていて本気でなかったことなんでしょう。ただ、チェルシーの出来もイマイチだったんで、最後まで冷や冷やしてみておりました。この試合、ダビド・ルイスをCBに戻して、テリー&アザールがベンチだったのは「対ユナイテッド対策」だったのか、それとも「単なるローテーション」だったのか? きっと、後者のほうなんでしょうが、まぁ、勝てばなんでもいいですよ。たぶんベニテス的には、本当に重要なのは次のスパーズとの直接対決ということで、このユナイテッド戦は最悪「勝てなくてもいい」くらいの気持ちで臨んでいたんじゃないのかな? わからないけど。にしてもマタのゴールは見事でした。相手DFに当たってコースが変わったというラッキーな面もあったのかもしれないけど、ポジショニングはよかったし、シュートも宇宙開発にならずうまかったのは評価したい。オスカルのパスもよかったし、ラミレスのインターセプトもすばらしかった。ユナイテッドの守備がイマイチだったことも、チェルシー的にはラッキーでした。で、この試合で唯一、残念だったというか駄目だったのはハワードウェブの笛。前から「ユナイテッドの犬」的な挙動は魅せていたけど、この試合でも要所にそんなジャッジが見れて楽しかったです。まぁ最後にラファエルに赤出したのは正気だった感じで好感持てたけど。

あんま書くこと無いんで、本日はこれくらいで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい