テーマ:プレミアリーグ

プレミア「アーセナル対シティ」感想と、香川の評価ポイント?

■イバノが…今回の出場停止処分により、イヴァノビッチは15日に行われるFAカップ準決勝のトッテナム戦、さらにプレミアリーグでは21日のアーセナル戦と29日のQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)戦を欠場することとなる。 http://news.livedoor.com/article/detail/6457265/まずチェルシーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「フラム対チェルシー」感想文  コンディションが厳しいのはわかるけど

楽しい時を過ごしてきたね。 でも、これから苦しい時もあるかもしれない。 だけど、そのままの君でいてほしいな。 中一日だったし、雨だったしとコンディション的に厳しかったのは十分にわかるんだけど、ひどい内容だったのは確か。攻撃の形がなっちゃないというか、まったく崩せなかったのは残念でした。フラムの守備がよかったのはわかるけど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対ウィガン」感想文

失礼、アーセナル戦見ながら書いていたら、タイトル間違えましたので修正。 要は、いかにもチェルシーらしいゲームだったということですね。言い方を変えると、試合を見終わったそばから、まだ家人(注:アイマール・ファン)が見ていないにもかかわらず、どんどん録画データを消去しても構わないゲーム、ということになる(チェルシー・ファンの皆さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「ニューカッスル対リバプール」感想文 黒人がいないのは、リバプールだけ!

残念ながらプライベートで黒人の友人はいないが、サッカーでは黒人の選手に好きな選手が多い。ドログバ、エシエンを筆頭にアフリカの選手は好みだし、マケレレ、アネルカ、マルダらヨーロッパ国籍を持つ黒人選手もファンだ。ラミレスらブラジル国籍の選手も嫌いでない。チェルシー以外の選手だって同様で、たとえばロナウジーニュらブラジル国籍の選手も好きだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「アストンビラ対チェルシー」感想文 

・まぁ、確かに今のチェルシーにはマケレレ的な人材がいないんだけど、それは前任監督&前々任監督がそういう趣向だったンだから仕方が無い。たとえば前々任の方は「ピルロ菌」がお気に入りでしたし、別にそういうチーム作りも全然ありだと思うわけで、それについて今ごろ嘆くのはお門違いな気もします。って、改めて振り合えるとここ数年、ずっと中盤の人材不足だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグ、シティ戦、スパーズ戦を終えて

今期一番の天王山ともいえる、シティ戦に負け、スパーズ戦はドローという結果に終わりました。 残念ながら今シーズンは、プレミアリーグ4位以内でフィニッシュすることは難しいようです。 ナポリ戦で燃え尽きたと考えるべきか、それとも単に実力的にこんなものであると考えるべきか? どちらで同じなのかもしれないけど、要は今のチェルシーの実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェルシーボアス監督の流儀。または、ボアス前監督は世代交代主義者だったのか?

■トーレス「僕は今、監督からの信頼を感じる。もちろん、チェルシーに感謝しているよ。シーズンは残り2試合だ。大事な試合がある。僕たちは勝ちたいと思っているよ」 http://news.livedoor.com/article/detail/6381264/トーレスがやっと決めてくれたみたいですが、これをきっかけにゴール量産してもらえれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対ストーク・シティ」感想文 新監督ディマッティオのサッカーとは?

また、MFフアン・マタの起用法についての質問にも答えた。ベンチスタートとなったマタは前半途中から起用されて、FWディディエ・ドログバのプレミアリーグ100ゴールをアシストしている。チャンピオンズリーグのナポリ戦に向けた温存との見方が強いが、暫定監督はこれを否定した。「ストークはフィジカルの強いチームだから、先発メンバーのフィジカルを重視…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェルシーの流儀 アブラモビッチの流儀 または、大人だろ?

さて、チェルシー。試合見てないですが、FA杯に勝ったみたいで何よりです。このまま1つ1つ勝利を積み重ねていくしかないと思うんですが、まずは1勝おめでとう。■クビにした理由ボアスをクビにしたことで、堪え性がないとかいろいろ言われていますが、クビにした理由はそれなりにあるわけで。とりあえずそこを確認。 「ビラス・ボアスは、素晴らしい監督だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンドレ・ビラス=ボアス監督の解任 &プレミア「ウエストブロム対チェルシー」感想文

■ロンググッバイチェルシーは4日、アンドレ・ビラス=ボアス監督の解任を決断した。クラブの公式サイトで明かされている。チェルシーは、「アンドレ・ビラス=ボアスは本日、チェルシーFCと別れました」と発表。指揮官への感謝を述べた上で、チームのパフォーマンスを取り戻すための唯一のオプションが、監督の交代だったとしている。チームのコーチであるロベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「アーセナル対スパーズ」感想文 やるなアーセナル

スパーズが弱いのか、それともアーセナルが強いのか? わからんけど、両方ですかね。 2点目のファンペルシのゴールは神業に近い感じのスーパーゴールだったし、ウォルコットの「逆デルピエロゾーン」からのシュートもまるで神が宿っているかのような精度で完璧でした。ウォルコットのゴールに関してはスパーズの守備の問題もあったとは思いますが、アー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア26節「チェルシー対ボルトン」感想文  やっぱモヒカンは嫌いだ

■ローテーション?普通のローテーションであり、何も新しいことはなかった。 http://news.livedoor.com/article/detail/6314120/確かにローテーションなのかもしれないけど、メイレレスがスタメンから外れたのは結構久しぶり? まぁ、この試合はメイレレスがいても結果的には変わらなかったかもしれないけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「エバートン対チェルシー」感想文&スアレスの握手なしについて

結果的に、1月中旬以降の成績は3分1敗。勝てない理由はいろいろあるのでしょうが、ドログバがアフリカ選手権で抜けていたのが響いたのは、間違いないんでしょう。というか、トーレスがダメだった。期待に応えることができなかった。というか期待したほうがアホだった。残念ながらそういうことですね。アネルカも中国に移籍し、ドログバ&アネルカと2人も欠いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対マンチェスター・ユナイテッド」感想文 そんなことさえ わからんようになったんか

にじむ街の灯を ふたり 見ていた 桟橋に停めた 車に もたれて 泣いたらあかん 泣いたら せつなくなるだけ Hold me tight 大阪 Bay blues 「俺のこと好きか」 あんた聞くけど Hold me tight そんなことさえ わからんようになったんか・・・? 3-0になって引いて守…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレビュー:チェルシー対マンチェスターユナイテッド

明日はマンチェスター・ユナイテッド戦ですが、チェルシー的には4位死守のためにも負けられないところです。ポイントは中盤の攻防になるのかなと思ってますが、正直、ラミレスが怪我で不在なのは痛いなぁ。トーレスがあれなんで、中盤の運動量とオフザボールの動きがないと厳しいんですよね。現状のチェルシーの攻撃陣だと。まぁ、戦い方にもよるんだろうけど…。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「ノリッジ対チェルシ-」感想文 足りないものと心意気

もうそろそろ連勝が途切れることかなと思っていたら、その通りの結果に(笑)。パスにシュートにセンタリングにと、何かすべてが微妙に少しずつ意思疎通がずれていたように感じました。トーレスは相変わらず無得点試合を更新中ですが、いい加減まずいような。確かに前節のウルブズもこの試合のノリッジも守備は悪くなかったですよ。ただ、基本は残留争いするレベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英吉利で日本人が成功できない理由と、移籍金ゼロ

■イングランドサッカーに日本人は適合できるのか?パスを回せる強豪チームは別として、その他のプレミアチームの場合は、DFラインからボカーンと前に蹴ると、4~5人の選手は前線へと殺到はしてますが、残りの選手はラインをすぐに上げるわけでもなく、だいたいタラタラと歩いているんですよね。で、その直後に前線でボールを奪われても、前線へと走った選手は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対サンダーランド」感想文  ミスに助けられた感じですかね

■助かった感じ勝ったけど、サンダーランドのミスに助けられた感じでしたね。正直、2~3点取られてもおかしくなかったし、最終ラインの守備が不安定だったのは気がかりです。ボシングワの守備は、あんなものなんでしょうが、ルイスがけっこう振り切られていたのはヤバいなぁ。いい選手なんだけど、このところモロさが目立つ。イバノビッチは怪我しているんでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上昇する気温のせいでロードショウは…。サッカーニュース読み

■放映権iPodで音楽業界とやりあい、iPad / iBooksで出版業界とやりあったアップルは現在「iTV」を準備中。大手テレビ局がコンテンツを提供しなかった Google TV は大いに苦戦していることもあり、そこで大手テレビ局の人気番組を見られるよう画策していると。プレミアの放映権もその一環なのでしょう。 http://supp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェルシーほかプレミアニュースを読んで

■FA杯ポンペー戦チェルシーは格下相手に前半を0-0で終える嫌な展開となるが、48分にMFフアン・マタのゴールで先制した。その後も試合を決めきれずにいたが、85分と87分にMFラミレスがゴールを奪って、勝負あり。終了間際には、MFフランク・ランパードも得点を記録し、終わってみれば4-0の大差となっている。 http://news.li…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「ウルブス対チェルシー」感想文 勝ててよかったけど。

勝ててよかった。この一言に尽きるわけですが、それだけじゃ面白くないので、セルジオ越後ばりのイチャモンを1つ(笑)。■フランク・ランパードのゴールランパードの決勝ゴール。トーレスのスルーパス、アシュリー・コールのセンタリング、ランパードのシュートとすべて見事でした。やっぱ、それぞれの選手の持ち味が発揮できて噛み合うとゴールは生まれるもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対アストンヴィラ」感想文  あけまして、おめでたくない?

■新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ということで、早速チェルシー。プレミアリーグには正月はありませんということで、日本時間12月31日の大晦日にチェルシーはアストンヴィラと試合がありました。結果はドログバのPKで先制するものの、その後、3点取られてしまい逆転負け。後半1-1の状態からトーレス、ランパード、ボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対フラム」感想文  メリークリスマス!

スパーズ戦のドローは「よくやった!」だけど、フラム戦のドローは「けしからん」? いろいろ意見があるとは思いますが、まぁ、これが今のチェルシーの実力なんでしょう。3試合連続ドローはいただけないですが、まぁ「負けなくなった」と考えれば、それほど悪い結果ではない気もします。失点はしているけど、それほど守備が破綻しなくなったのは評価していいと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグ「ウィガン対チェルシー」感想文  逃げ切りか、ガス抜きか?

■アホな失点改めて見直したけど、アホな失点でした。この試合は、それに尽きる。ピーターチェックのポロリは確かに”いとおかし”だけど、その前の段階での守備がダメ過ぎ。うーん、ボシングワはあの時間帯で前に出てプレスする必要があったのだろうか。最終ラインに残ってスペース消していれば良かったんじゃないの? つまりイバノビッチの横の右サイドに居るだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグ「チェルシー対マンチェスター・シティ」感想文 シルバは確かにかっこいい

すみません。忙しくて更新遅れました。試合はリアルタイムで見ていたんですけど、書けなかった。せっかく朝早起きして、気合入れて見たのに。ということで、さっそく試合について、dorogubaさんといっしょに振りかえって行きたいと思います。まずスタメンですが、ダビドルイスが出場停止ということで、代わりにボシングワが右サイドに復帰。センターバック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグ「ニューカッスル対チェルシー」感想文  いい勝利でした

いい勝利でした。守備の意識が高かったように感じましたし、それが無失点の勝利に結びついたように感じました。具体的にはサイドの守備と、ゾーンだけでなくちゃんと人をケアする守備&最後の最後までねちっこく守備していた姿勢がよかった。まぁダビドルイスの守備はかなり危うかったと思うけど…、組織としてよく守れていたのは評価。この守備の意識があれば、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対ウルブス」超雑感  久々だね。

メイレレスのオフザボールの動きと、ラミレスのプレッシング。この試合はそんな中盤の選手の働きが印象的でしたね。やっぱ中盤の選手がうまく機能すると、チェルシーは強いですよ。どのチームも同じなのでしょうけど。クリーンシートで勝てたのもよかった。まぁ相手が相手だったというのもありますが、久しぶりに、いい形で試合に勝利できたのは本当によかったなぁ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対リバプール」戦 雑感  同じ過ちはしちゃいけないのさ

「監督! チェルシーの弱点を見つけました」 「本当か。でかした! で、どこだ」 「アーセナル戦で見つけたんですが、前からプレスが有効です」 「やはり、そうか。なんかバルセロナの真似してポゼッションにこだわっていると聞いていたが、やっぱ、所詮は猿真似レベルか」 「猿真似かわかりませんが、90分プレスかけ続ければ、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「ブラックバーン対チェルシー」超雑感 勝ててよかった

ブラックバーンの拙攻に助けられた感もありましたが、勝ててよかったです。コンディションが悪かったせいで動けなかったのか、それとも攻守のバランスを考慮してあまりポジションを崩さなかったのかわかりませんが、いつもと比べるとあまり大胆なオフザボールの動きがなかったようにも感じた試合でしたよね。なので試合の内容的にはよくなかったと言えると思うんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミア「チェルシー対アーセナル」雑感  現実的に戦ってもいいのでは?

敗因は、ユナイテッド戦と同じ。「打合い」を挑んで、「力負け」したということなんでしょう。内容重視で戦いたいのは、わかるけど、もっと「結果」を考えて戦ってほしいです。なんども言うけど。なんというか、ある意味ベンゲル監督のほうが「結果重視」の戦いをしていた感じだったのは笑いました。というかボアスが若すぎるってことなのかな。まぁ、そこが魅力で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more