テーマ:欧州CL

欧州CL「チェルシー対フェネルバフチェ」雑感 結果論で考えちゃダメですか?

■モウリーニョ・スタイル?【フェネルバフチェ0―2チェルシー】フェネルバフチェはアウェーで完敗を喫し、トルコ勢19季ぶりの準決勝進出は消滅。ジーコ監督は「旅は終わった。これより先へ進めず残念」と無念の表情を浮かべた。「あれで試合展開が狂った」と悔やんだように、試合開始早々に先制点を決められたのが誤算。2戦合計2―2で並んだが、アウェーゴ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

CL「チェルシー対フェネルバフチェ戦」超雑感 

モウリーニョ時代、チェルシーは90分間ミスをせずに働くマシンのようだった。  彼がこの試合を指揮していたら、難しい試合になっただろう。彼はほかとはまったく違った監督であり、当時はどんなミスもおかさなかった。すべてが機能的で、優れていた。しかし、今はもう当時のスピリットは失われてしまった。http://hinakiuk.sakura.n…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

岡ちゃん日本代表と「ドラムがハイハットを叩かない練習」の関係、またはカンフー・ジョン

■無知であることが恥ずかしい?なんか最近、頭が悪いことや無知であることが恥ずかしいことだと感じる人が、少なくなってきている気がしている。世の中的な風潮も、なんかそんな感じ。頭が悪いことや無知であることは別に恥ずかしいことでもなんでもなく、それよりも顔がイケメンでないこと、おもしろいことが言えないことのほうが恥ずかしいという感じだ。かく言…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

欧州CL準々決勝 組み合わせ決定! ジーコには申し訳ないけど…

■欧州CL組み合わせ決定! アーセナル(イングランド)vs.リバプール(イングランド) ローマ(イタリア)vs.マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) シャルケ(ドイツ)vs.バルセロナ(スペイン) フェネルバフチェ(トルコ)vs.チェルシー(イングランド) またリバプールだったらイヤだなぁと思っていたんですが、フェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「インテル対リバプール」&チェルシー戦プレビューとか

■マンチーニインテル(イタリア)のロベルト・マンチーニ監督が、現時時間11日に行なわれたチャンピオンズリーグのリヴァプール(イングランド)戦後に、今季限りでの退任を希望していると発言していたことが分かった。ロイター通信が報じている。  2年連続のベスト16敗退が決まった直後、マンチーニ監督は試合についてのコメントを求められる記者会…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欧州CL「セビージャ対フェネルバフチェ」第2戦超雑感 『2ターンテーブル+1DJミキサー』

「インディー具合とメジャー具合とかのバランス」 ■いつでもポジティブシンキングできるかい?開始9分で2点のリードを奪われ最終的にはPK戦まで縺れ込んでの勝利。普通の精神力では決して耐え切れるものではない。私自身にとってもファンにとっても我がチームの底力を目の当たりにすることが出来た最高のプレゼントとなったのではないか。壮絶な闘いを演じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州CL「チェルシー対オリンピアコス」第2戦雑感 勝っているチームは?

チェルシーは立ち上がりから順調に試合を進め、前半5分には早くも先制ゴール。ランパードの左からのクロスをペナルティーエリア中央のバラックがヘディングでたたき込んだ。その後もチェルシーは攻撃の手を緩めない。18分にはジョー・コールの深い位置からのクロスに合わせたドログバのシュートがゴール上に外れ、20分にはマケレレがペナルティーエリア外から…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

CLチェルシー戦プレビューとか

■ジーコおめでとう!ジーコやりましたね。おめでとう! 朝早く起きるの辛いんで後半から見ようと思ってたんですが思いっきり寝過ごしてしまい、TV付けたらPK戦。ちょうどケジュマンが蹴るあたりだったんですが、なんとかすばらしいラストシーンが見れてよかったです。ちょっと感動しました。大喜びのジーコ監督は「大成功だ。今日は最後まで力強く戦い、結果…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

CLトルコ勢プレビューというか、アメリカ的とかヨーロッパ的とか2分すること

■きれいに二分しようという試み「うん、いや、そういう制限をつけるような考えかたにはちょっと驚かされる。あれはアメリカ的とかこれはヨーロッパ的とかね。まるで日本作家はこういうふうにしか書いてはいけない、とでもいうみたいに。しかし、そんなのはばかげてる。そもそも文学というものの始まり以来、作家たちは常に相互に影響を受け、与えあってきたんだ。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

欧州CL「フェネルバフチェ対セビージャ」 オピウムを吸わせるサロン的フットボールを観て

■おもしろかった!残念ながらアジア異種格闘技選手権のほうは仕事で見逃してしまったんですが(そんなに残念でもないが)、CLフェネルバフチェ対セビージャ戦は後半からTV観戦し堪能。セルティック×バルサや、アーセナル×ミランでなく、あえてこの試合をチョイスしたわけですが正解でしたかね。素直におもしろかったです。まぁバルセロナ戦やアーセナル戦も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジーコおめでと

■アンチェロッティ――イタリアの新聞にミランの監督が(モリーニョに)変わるという記事が出たが アンチェロッティ監督 ミランにモリーニョを監督にしたいという意図があるのかもしれないが、私はクラブからそのような話は聞いていない。今はこの大会のことだけを考えている。外部でどんなことが出てこようと、全然気にならない。モリーニョにミランの監督に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ジーコ仕事。そしてモウリーニョが政治力によって追われたことは裏切りか?について

■ジーコ仕事PSV戦を終えたジーコ監督は、「我々のチームは勝つために最善を尽くし、そして勝利した。高いモチベーションで、スマートに、タフに戦った選手たちを讃えたい。良いときも悪いときも支えてくれるサポーターにも感謝したい。2位につけているのは、大きな成功だ。だが、まだ2試合ある。我々は2つとも引き分けるか、どちらかに勝たなければならない…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

欧州チャンピオンズリーグ「シャルケ対チェルシー」超雑感 グラントとモウリーニョの違い?

■アウェーで勝ち点1ゲットは悪くないのかもしれないけど時間がないので今回は簡単に。アウェーで勝ち点1ゲットは悪くないのかもしれないけど、正直、出来はよくありませんでした。シャルケの守備がタイトですばらしかぅたため苦戦したように見えましたが、そういう厳しい状況下でもメンバーチェンジなどベンチワークを駆使して修正できる力を見せてほしかったん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CLチェルシー戦プレビューとか

■チェルシー気がつけばチャンピオンズリーグ。チェルシーはシャルケと対戦ですが、やるからには当然勝ってもらいたい!!! ここで勝つと、グループリーグ突破が見えてきますからね。早いとこ突破決めて、プレミアに専念してもらいたいところです。対戦相手のシャルケですが、今回はホームだから強いのでしょうか? 前回の対戦したけど正直、どんなチームだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州チャンピオンズリーグ「チェルシー対シャルケ」戦超雑感 変化か継承か? 

■先制点が利いた! 後半もゴールを決めたのはチェルシー。47分、右サイドのパウロ・フェレイラからの精密なクロスをドログバがヘディングでゴールに流し込んだ。シャルケのスロムカ監督は交代枠をすべて使い切って反撃を試みたが、GKチェフのゴールを脅かしたのは単発のミドルシュート数本のみ。結局チェルシーが貴重な3ポイントを獲得し、グループの単独首…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

チェルシーCLプレビューとか、グジョンセンとか

■グジョンセン23日に行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグラスゴー・レンジャーズ戦で、バルセロナのグジョンセンがMFとして先発出場することが確実となった。中盤はヤヤ・トゥーレ、マルケスが離脱中で、20日に行われたビジャレアル戦ではデコも負傷したため中盤が手薄となっている。ライカールト監督は苦肉の策として、本来FWのグジョンセンを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欧州CLグループリーグ第2戦「バレンシア対チェルシー」超雑感 ”見えざる手”は介入?

■勝った!CLグループBでは、注目のバレンシア対チェルシー戦が行われ、アウェイのチェルシーが2-1で逆転勝利を手にした。  試合は立ち上がりから主導権を握ったバレンシアが開始9分にビジャのゴールで幸先良く先制するが、チェルシーは21分、ドログバからのパスを受けたマルダが左サイドを駆け上がりクロス、走り込んできたジョー・コールが押し込ん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

CL「対バレンシア戦」プレビュー  みんなでお祈りしましょう!

バレンシアのストライカー、ダビド・ビジャが、3日にCLで激突するチェルシーのグラント新監督を非難した。ジョゼ・モウリーニョ前監督の補強ターゲットだったと言われるビジャは「チェルシーは僕に関する情報をほしがっていた。モウリーニョが僕に興味を持っていたことは明らかだよ。でも、クラブ内で反対意見があったんだろう。僕の元にオファーは届かなかった…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

欧州CLフェネルバフチェ戦を見て、ジーコのサッカーに思うこと &金満ではビッグになれない?

■ジーコのフェネルバフチェ2年目を見て「我々は素晴らしい内容の試合を繰り広げて貴重な一勝を挙げた。試合自体のリスクを軽減出来た、更にあった数多くの得点機会をものに出来なかったことを残念に思う。でも、華麗なプレーからゴールが決まった。デビュー戦での勝利は常に重要である。我々のチームがチャンピオンズリーグ魂を持っている証だと言える。」htt…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

欧州CLグループリーグ「チェルシー対ローゼンボリ」超雑感 モウリーニョは嘆いてますが…

■モウリーニョは嘆いてますが…CLグループリーグ初戦で、格下のローゼンボリにホームで引き分けてしまったチェルシー。モウリーニョ監督は試合後、「20回もチャンスがあったのに2ゴールを決められなかったし、セットプレーで守りきれなかった」と厳しい顔でコメント。「私にとってドラマは、攻撃的チームで試合を試合しているにもかかわらず、ここ3試合でわ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

CL予選「シャフタール対ザルツブルク」戦のCB宮本のプレイぶりを見て超雑感!

■ツネさまPKで逆転されてからも耐え続けただけに、後半42分の失点が悔やまれる。宮本はルカレリのマークを外れ、浮き球を待ち受けるもう1人のFWに走り寄ったが、競り負けてヘディングでの得点を許した。「ボールを見ず、人に当たれば良かった。その判断が少し遅かった」。わずかなすきを突かれ、ほぼ手中にしていた本戦への切符をつかみ損ねた。(共同)h…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

CL予選3回戦の組み合わせ決定&ロッベンの去就について

本日はカーティス! カーティスな気分です。それよりもスティービー? なーんて。 ■CL予選3回戦の組み合わせ決定【ロンドン3日時事】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)本戦出場を懸けた予選最終3回戦の組み合わせが3日決まり、中村俊輔が所属する昨季16強のセルティック(スコットランド)はスパルタク・モスクワ(ロシア)との対戦になっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

欧州CLベスト4「リバプール対チェルシー」第2戦超雑感  敗因と。

残念ながら負けてしまいました。敗因はモウリーニョの選手交替のタイミングが遅かったこと、そしてエシエンをCBで起用し最後までポジションを動かさなかったことだと思ってます。0-0での勝ち抜けを狙うのでなく、1-2での敗戦での勝ち抜けを狙うべきだったんでしょう。シェフチェンコ、バラック、カルバーリョの怪我による離脱は確かに痛かったですが、その…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

欧州CLベスト4「チェルシー対リバプール」第1戦雑感 うそよ、私たちは信じていた

ゴールが生まれてよかった。 失点しなくてよかった。 ホームで勝ててよかった。まだファーストレグだけど あんなに苦しそうだった先週末のニューカッスル戦。 この試合のための伏線だとはわかっていても、それを信じられない私たち。 実際にそれをやるくらい、あなたがCLに賭けているとは知っていても、 それを信じられないなんて…。 …
トラックバック:3
コメント:7

続きを読むread more

欧州CLベスト4「マンチェスターユナイテッド対ACミラン」第1戦超雑感 「4-4-2」だったら?

時間がないので簡単に。■ユナイテッドの「4-3-3」の意味?昨日、「ミランの3ハーフ対ユナイテッドの2ハーフの戦い」がポイントと書いたんですが、おもいっきり違いましたね。ミランは4-4-1-1(攻撃時は4-3-2-1?)、ユナイテッドは4-3-3? これはたぶん相手チームを意識したか、もしくは怪我人の影響からの変更だったんでしょうが、個…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

欧州CLベスト4「ミラン対ユナイテッド」「チェルシー対リバプ-ル」の私的見どころ?

■欧州CLベスト4「ミラン対ユナイテッド」プレビュー準々決勝のローマ戦の爆発力からするとユナイテッド有利という感じもしますが、ミランにも十分勝機はあると思っています。CBビディッチ、SBガリーネビルが怪我で離脱中&ファーディナンドも出場微妙という感じで「ユナイテッドの守備陣」は万全ではありませんし、ローマと違ってミランは守備的な戦いがで…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

今期のマンチェスターユナイテッドがどう強いかというのをチェルシーファン的に穿った見方で考えてみる

 「夢の劇場」オールドトラフォードで栄光の7番を背負い、C・ロナウドが魔法をかけた。前半11分、中盤からのドリブルで相手選手を右へ振り切り、一瞬のターンで左へと切り返す。中央にポッカリ空いたスペースへMFキャリックが走り込むのを見届け、先制点をアシストした。これで欧州中が恐れる「アンストッパブル(止めようがない)」にスイッチが入った。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

欧州CLベスト8「バレンシア対チェルシー戦」超雑感  後半に勝負を掛けることが出来る理由

■心が挫けそうになりましたいやぁー、厳しい戦いでした。試合前から前半でゴールできなけりゃヤバいかなって思っていたんですが、逆にモリエンテスに先制ゴールを奪われてしまうという展開。正直、前半が終わった時には心が挫けそうになりましたが、モウリーニョ&チェルシーの選手たちはそんなやわな心の持ち主ではなかったみたいで。 「試合が45分ならば、…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

欧州CLベスト8「バレンシア対チェルシー」第2戦プレビュー バレンシア攻略法!?

■焦点は「チェルシー攻撃陣対バレンシアの守備」いまさらですが、CL「バレンシア対チェルシー」セカンドレグの観戦ポイントをちょいと。まずファーストレグの結果をおさらいしときますと1-1のドローでした。バレンシアがアウエーゴールを挙げてます。というわけでチェルシーがバレンシアに勝つためには、セカンドレグで少なくとも1点以上ゴールしなければな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欧州CLベスト8「チェルシー対バレンシア」第1戦 アジェラはやっぱ老獪でマリーシアな選手だった

■アジェラはやっぱ老獪でマリーシアな選手だったチェルシーは後半5分に、ドログバの個人技でなんとか1点を返したが、勝ち越し点を奪えないまま試合は終了。モウリーニョ監督は「流れを変える手ごまが、今日はなかった。妥当な結果だろう」と、負傷中のロッベン(オランダ代表)の不在を嘆いた。バレンシアは圧倒的不利と予想された敵地での引き分けに、「本拠地…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more